イカルス星人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イカルス星人(イカルスせいじん)は、特撮テレビ番組ウルトラセブン』を始めとするウルトラシリーズに登場する架空の宇宙人。別名は異次元宇宙人[注釈 1]。英字表記はALIEN ICARUS[2][3][4]

『ウルトラセブン』に登場するイカルス星人[編集]

ウルトラセブン』第10話「怪しい隣人」に登場。

第17惑星出身の宇宙人で、顔より巨大な1対の耳を持つ。最大の武器は身体に無数に存在する小さな穴から発射するアロー光線[2][1][5][7][8][9][10]で、当たった平野を焦土と化す威力を持つ。

地球人に化け、アンヌ隊員の友人・水野りつ子・アキラ姉弟の別荘の隣家一帯に異次元コントロールマシンで連結した四次元空間内の基地から、イカルス円盤を発進させて石油コンビナートを襲撃する。地球防衛軍側が手出しできない四次元空間に前衛基地を建造し、そこに多くの同胞を送り込んで地球を征服しようと企む。この空間ではウルトラアイでセブンに変身はおろか、カプセル怪獣も出現できない。

その後、ダンに異次元コントロールマシンを破壊されたため、巨大化して本性を現す。円盤と連携してセブンを苦しめるが、アロー光線をセブンに回避されたうえに格闘戦も劣勢となり、最後はアイスラッガーを腹部へ受けて怯んだところをウルトラサイコキネシスで山の向こうへ飛ばされ、倒される。

  • スーツアクター:鈴木邦夫[8][11]
  • 演(人間体):山本廉
  • デザインは成田亨によるもので、魚とコウモリをモチーフとしている[12]
  • 特徴的な髭は、「亀の子だわし」を使用したもの[13][11]
  • デザイン画では別名を「宇宙囚人」と表記しており、同じくデザイン画で「異次元宇宙人」と書かれているキュラソ星人と当初のデザインが入れ替わっているのではないかとする説がある[14]
  • ウルトラQ』の未発表脚本には「怪しき隣人」という本作に似たタイトルが存在する。
  • 一峰大二の漫画版『ウルトラセブン』では、イカルス星人が倒された直後にその円盤群が地球に襲来し、ウルトラ警備隊やウルトラセブンと戦っている。
  • 未発表作品「宇宙人15+怪獣35」ではバルタン星人や他の宇宙人と手を組み、宇宙連合軍を結成して怪獣軍団を出撃させるが、ピグモンの提案した怪獣ファイトで翻弄した怪獣たちに八つ裂きにされるというシナリオが予定されていた。『フィギュア王』に掲載された「ゴードの巻」[要ページ番号]でも、宇宙人連合の1体として登場している。
  • 耳をパタパタと開閉させながら接近してくるシーンでは、イカルス星人の背後に隠れて耳を動かすスタッフの手が一瞬映ってしまっている。
イカルス円盤
イカルス星人の円盤。四次元空間と三次元空間を自由に行き来できる能力を持つ。また、下部の穴からイカルス星人と同様のアロー光線を発射できる[8]。最後は宇宙へ逃げていくところにウルトラホーク2号のレーザー光線を受け、爆発する。
  • 円盤の表面には竹ひごが張られている[15]

『ウルトラファイト』に登場するイカルス[編集]

ウルトラファイト』の新撮、第74話「戦慄イカルスの大逆殺!」、第80話「イカルス死神に祈れ!」、第87話「必殺! 空中殺法」他に登場。

  • 身長:45メートル[16]
  • 体重:1万8千トン[16]

「暴れん坊イカルス」の異名を持っており、ウーの宿命のライバルとも言える存在。「逆転こそ我が命」を自らの信条とする。喧嘩好きだが努力家で、特訓の末に殺法破れ傘や三段拳法などの技を編み出す。素手での戦いを主張し武器の使用には否定的な姿勢を見せるが、186話ではライフル魔に豹変してエレキングを射殺し、さらにそのままセブンを追い回す。またある時は女になってエレキングと交際し、貰ったプレゼントの花束を「食べられないから」という理由だけで投げ捨てて逆上、「だからお前は馬鹿なんだよ」などと言い、乱闘の末に叩きのめすが、後日魚を貰って機嫌を直す。クリスチャンで、仏教徒のゴーロンとセブンの葬儀方法を巡って乱闘をする。第196話「怪獣死体置場」では円谷プロの着ぐるみ倉庫に吊り下げられていることが確認できる。

  • 『ウルトラファイト』は星人も怪獣として扱うため、単にイカルスと呼ばれる[16]
  • 着ぐるみは商品キャンペーン用に新造された物。『ウルトラセブン』で使用された物とは造形が大きく異なり、大きめの顔が特徴的。当時のスポンサー、ブルマァクが発売していたソフビ人形と同じく、緑色系の塗装がなされていた。着ぐるみは複数作られている[17]

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場するイカルス星人[編集]

雑誌連載『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場。

てれびくん』版
ヒッポリト星人の罠に架けられたメビウスたちを救おうとカプト星に向かっていたウルトラマン、ジャック、エース、タロウを妨害して四次元空間に閉じ込めるが、ウルトラマンのハイスピンで空間を破壊されて脱出され、ジャックのウルトラスパーク、エースのウルトラスラッシュ、タロウのファイヤーダッシュを一斉に受けて倒される。
テレビマガジン』版
アンドロメダ星雲をパトロールしていたセブンを異次元の怪獣魔境に引きずり込み、エレキングギエロン星獣恐竜戦車改造パンドンと共に攻撃して追い詰めるが、セブンのウルトラサインを見てメビウスが救援に駆けつけたために形勢は逆転し、アイスラッガーでギエロン星獣と恐竜戦車共々切り裂かれて倒される。

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』に登場するイカルス星人(SD)[編集]

映画『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』及び『ウルトラマンギンガS』最終話「明日を懸けた戦い」に登場。

  • 身長:14センチ - 2.5メートル(活動時) - 40メートル(最大)[18][19][20]
  • 体重:150グラム - 300キログラム(活動時) - 1万8千トン(最大)[18][19][20]

かつてウルトラセブンと戦ったイカルス星人の同胞で、倒されたバルキー星人(SD)に代わるエージェントとして、異形の手のモノによりライブされた。一人称は「我輩」で、語尾に「〜イカ」と付けたり、「イカカカカ」と笑うなど独特の喋り方をする。手からアロー光線を発射して変身能力も持つなど初代と同様の能力を有するが、変身中に強い衝撃を受けると変身が部分的に解けてしまうという弱点も有する。『ウルトラファイト』の個体と同様に「逆転こそ我が命」を信条とする。タイラント(SDU)を復活させるべく、降星山に眠るシーゴラスベムスターハンザギランバラバレッドキングキングクラブの6つのスパークドールズを回収することが目的で、ダークダミースパークも悪人に渡すことはなく、常に自らが携帯していた。

キングクラブのスパークドールズを回収したところを、同じく6つのスパークドールズを探していた美鈴と健太に遭遇。駆けつけた友也をアロー光線で負傷させるも、健太が持っていたカメラのフラッシュで怯んだ隙にウルトラマンタロウ(SD)のウルトラ念力で撃退され、キングクラブのスパークドールズも2人の手に渡る。その後、今度は美鈴に化けて別行動をしていたヒカルと千草に接近し、回収したスパークドールズを奪おうと試みるが、前述の弱点により正体が露呈して失敗。しかし自らベムスターとシーゴラスのスパークドールズを回収し、残り4つのスパークドールズを回収したヒカル達が合流したところで美鈴を人質に取り、遂に6つのスパークドールズを手に入れることに成功。ダークダミースパークにより自らと合体させることで、タイラント(SDU)へと変貌を遂げた。なお、タイラント(SDU)になっている間は一切言葉を発しなかった。

タイラント(SDU)が倒されると元に戻り、ヒカル達に捕えられて自らを操る黒幕(異形の手のモノ)について尋問され、当初は「イカに落ちぶれようとも話す気はない」と頑なに口を閉ざすが、ジャンナインからの威嚇射撃に脅されて話そうとした瞬間、異形の手のモノによって口封じのためにスパークドールズへ戻されてしまった。

『ギンガS』ではゼットン星人ベルメ(SD)バルキー星人(SD)ナックル星人グレイ(SD)と共に無数のチブロイドを率いて「ダークルギエル特戦隊」を名乗り、ヒカル達を狙うもUPGやビクトリアンの面々に阻止され、因縁の相手である友也のジャンスターダストでチブロイド共々一蹴された。

  • 声:関智一
  • スーツアクター:矢﨑大貴(劇場スペシャル)、横尾和則(ギンガS)
  • 映画公開に先駆け、『新ウルトラマン列伝』第10話 - 第13話にも先行登場[21]。かつて倒された同胞の復讐を果たすことを目的としているらしい。第11話では、同胞を倒したセブンの息子であるゼロに敵意を燃やす一方、ゼロと一緒にいたグレンファイヤー(声は同じく関智一)を「ファイヤー野郎」呼ばわりしていた。映画の前日談となる第12話・第13話では、タイラントについて話すヒカルとタロウの会話を異次元空間から盗み聞きし、タイラントを構成する怪獣について知ろうとする(当初、ヒカルは乗り気ではなかったが、イカルス星人がヒカルの声真似をしたことでタロウが勘違いして進行した)が、ひょんなことから声を上げたことで気付かれてヒカルに襲いかかるも撃退され、悔しがりながら捨て台詞を吐いて退散した。その際、ヒカルには「イカ野郎」と呼ばれていた。第38話では、バルキー星人(SD)ナックル星人グレイ(SD)が転移する半年前に『大怪獣ラッシュ』の世界へ転移し、そこで調べたことを2人に教える。恐竜戦車の話題になった際、セブンのことを「ウルトラセブンの鼻垂れ小僧」と揶揄したことからセブンより年上と思われる面を見せる一方、セブンが恐竜戦車に勝利したのを見ると急に落ち込んだが、恐竜戦車の紹介直後には元に戻った。
  • テレビシリーズの番外編ではマグマ星人(SD)の回想シーンに登場し、自身がバルキー星人の後任になったことを伝えた後、いい感じに新鮮なイカを買ってくるように頼んでいた。
  • 『新ウルトラマン列伝』第90話ではSDの呪いから解放された後、UPGで掃除係としてこき使われていたが、復讐のためにUPGのコンピューターに忍び込みエタルガーなどを紹介した。この時、「イカルスパッド」なるパッド型コンピューターを使用し、「怪獣のせいなのね」と漏らすなど、妖怪ウォッチのウィスパー(やはり声は関智一)を意識したシーンがあった。同第100話におけるゴウキとアリサの『怪獣極秘ファイル』(ミニコーナー)では、『新列伝』100回目の放送を祝しており、ゴウキの台詞を真似しながら(一人称が「我輩」から「オレ」になっていた)『ウルトラファイトビクトリー』で活躍中のショウとヒカルを応援していたが、ゴウキに後片付けを押しつけられる。

イカルス星人イカリ[編集]

ウルトラマンX』第9話「われら星雲!」に登場。

  • 身長:2メートル - 40メートル[22][23]
  • 体重:109キログラム - 1万8千トン[22][23]

「伊刈」という人間に化け、ナックル星人ナクリバルキー星人ハルキと共にシェアハウス「星雲荘」で暮らしている。人間に化けている時でも、うっかりイカルス星人本来の耳を出してしまったり、語尾に「〜イカ」をつけてしまったりしている。他の面々との地球生活を満喫しており、引っ越し先として温泉街が話題になった際には冗談交じりに伊香保温泉を候補に挙げていた。

星雲荘に飛来したハルキのペットのサメクジラ(ジョリー)を狙ってババルウ星人率いる犯罪ネットワーク集団・暗黒星団が襲来した際には、星雲荘に転がり込んできた風間イサムも加えた4人で「チーム星雲」を結成し、ラグビー勝負を挑む。前半戦では暗黒星団の卑怯な戦法により51対0の圧倒的不利に陥るも、後半戦からのラフプレイによって仲間を傷つけられて怒りに燃えるイサムが活躍した結果、52対51の逆転勝利となる。暗黒星団がウルトラマンエックスに撃退され、イサムがラグビーに復帰するところを見届けると、ハルキやナクリと共に何処かへ去っていく。イカリたちの去った星雲荘に残った伊香保温泉のポスターには、「みんなで一緒に行かなイカ?」と書かれていた。

  • 演:関智一
  • スーツアクター︰矢﨑大貴
  • オープニングクレジットではイカルス星人 伊刈と記述されている。
  • 9話の前提供画面では「あの「元」エージェント3人組が登場!」と言われ、前々作の『ギンガ』及び前作の『ギンガS』に登場したイカルス星人と同様のキャラクター付けがなされているが、外見は異なる[24]

『レッドマン』に登場するイカルス星人[編集]

レッドマン』第7話、第9話、第65話、第71話、第75話、第114話、第118話、第119話、第121話、第124話、第125話に登場。着ぐるみは『ウルトラファイト』で使用されたものが流用された。

  • 第7話:単身レッドマンと戦うが、レッドジャンプ、レッドナイフの連続攻撃で倒される。
  • 第9話:単身レッドマンと戦うが、レッドキックで倒される。
  • 第65話:単身レッドマンと戦うが、レッドアローで倒される。
  • 第71話:単身レッドマンと戦い、レッドナイフを奪うがレッドマンにレッドナイフを奪い返され、レッドナイフで刺されて倒される。
  • 第75話:ジラースと共にレッドマンと戦うが、レッドナイフで倒される。
  • 第114話:単身レッドマンと戦い、レッドナイフをかわすが、レッドキックで倒される。
  • 第118話:サドラグドンザゴラスと共にレッドマンと戦うが、レッドナイフで倒される。
  • 第119話:サドラ、グドン、シュガロン、ザゴラスと共にレッドマンと戦う(5人そろってレッドナイフを弾く技を使用)が、レッドナイフで倒される。
  • 第121話:バット星人と共にレッドマンと戦うが、レッドキックで倒される。
  • 第124話:ビーコンと共にレッドマンと戦うが、レッドキックで倒される。
  • 第125話:サドラ、ドラキュラスと共にレッドマンと戦うが、レッドナイフ、レッドショットの連続攻撃で倒される。

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場するイカルス星人[編集]

データカードダス『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。

イカルス星人アロウ
2弾より登場。「心優しき弓の使い手」の異名を持つ。大柄な体格に似合わず温和な心の持ち主。巨大な耳は一度に18人の声を聞き分けることができるとされ、ハンター同士の些細なトラブルの仲裁をすることも多い。ハンティングにおいても、状況把握時にレーダーや無線と同等以上の威力を発揮する。ニックネームは「アロー・イカルス」。

その他の作品に登場するイカルス星人[編集]

映像作品[編集]

漫画・小説作品[編集]

  • 漫画『戦え!宇宙けいび隊』ではタロウに倒されたタイラントの耳の破片から再生し、同じく他のパーツの破片から再生した怪獣達と共にタロウを追い詰めるが、タロウの救援に駆けつけたウルトラ兄弟の内のセブンに倒される。
  • 漫画『ウルトラ忍法帖』には悪の組織「朧党」の忍獣「怒瑠州」として登場している。
  • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』では第31 - 32話に登場。ブルトンを操りウルトラ戦士を異次元空間に引きずり込んで倒そうとするが、最後はエースに敗れる。
  • 小説『Another Genesis』では第3話に“異次元の怪物”として登場。超人化したブラストを襲うが、逆に彼のヴォルテック・インパクトを受けて倒される。

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ウルトラ怪獣大全集』では四次元宇宙人と記述している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 24
  2. ^ a b c d e 白書 1982, p. 54, 「ウルトラセブン 怪獣リスト」
  3. ^ a b c d ベストブック 1993, p. 39
  4. ^ a b c d 画報 上巻 2002, p. 66
  5. ^ a b c d 大辞典 2001, p. 30
  6. ^ a b ウルトラセブンイズム 2002, p. 103, 構成・文 原彰孝「ウルトラセブン宇宙人・怪獣大図鑑」
  7. ^ a b c ウルトラ怪獣列伝 2008, pp. 196-197, 「四次元世界から円盤を送り込む怪人 異次元宇宙人イカルス星人」
  8. ^ a b c d e キャラクター大全ウルトラセブン 2012, pp. 56-57, 「第10話 怪しい隣人」
  9. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2012, p. 215, 「ウルトラセブン 宇宙人・怪獣大図鑑」
  10. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 26
  11. ^ a b ウルトラセブン研究読本 2012, pp. 66-67\loc=「エピソードガイド第10話」
  12. ^ 成田亨 2014, p. 134.
  13. ^ 宇宙船朝日ソノラマVol.8(1981年秋季号)「高山良策 怪獣製作日記」より。
  14. ^ ウルトラセブン研究読本 2012, pp. 67、213
  15. ^ 『ウルトラマン大全集II』(1987年、講談社)P.230より。
  16. ^ a b c ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 31
  17. ^ ベストブック 1993, p. 109, 「ウルトラファイト」.
  18. ^ a b 登場キャラクター ウルトラマンギンガ 公式インフォメーション”. 2017年3月5日閲覧。
  19. ^ a b 登場キャラクター ウルトラマンギンガS 公式インフォメーション”. 2017年3月5日閲覧。
  20. ^ a b ギンガS超全集 2015, pp. 32、56
  21. ^ ギンガS超全集 2015, p. 83, 「ウルトラマン列伝 新ウルトラマン列伝 こだわりの番組」.
  22. ^ a b ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  23. ^ a b X超全集 2016, p. 41, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  24. ^ ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「KAIJU LABORATORY」.
  25. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 78, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  26. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 9, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション1」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]