バニラ (ウルトラ怪獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラマンの登場怪獣 > バニラ (ウルトラ怪獣)

バニラとは、特撮テレビ番組ウルトラマン』をはじめとした「ウルトラシリーズ」に登場する、架空の怪獣。別名「赤色火焔怪獣せきしょくかえんかいじゅう」。

『ウルトラマン』に登場するバニラ[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」(1966年11月20日放送)に登場。

3億5000年前[注釈 2]超古代文明に「赤い悪魔」と恐れられ、液状化された状態でカプセルに封印されていた赤い古代怪獣。武器は口から吐く強力な火炎。外観は口先がとがり、体は骨張ってやや平らで、尻尾は細く8の字状に絡み合っている。

土砂と共にダンプカーで郊外に捨てられた赤いカプセルから夜間に落雷を受けたことで復活し、防衛隊と科学特捜隊に夜通しで航空攻撃された末、同じく現代によみがえったアボラスとオリンピック競技場で決戦を繰り広げる。アボラスの吐いた溶解泡を一度は火炎で相殺するが、その後はアラシの原子弾で左目を潰され、弱ったところをアボラスに溶解泡を吐きかけられて消滅する。

  • スーツアクター:田尻康博[7][11]
  • 着ぐるみは新規造形[6]。その後、『快獣ブースカ』に登場したイモラへ改造された[12]。これは『ウルトラマン』第25話に『ブースカ』主演の宮本智弘がゲスト出演したことへの返礼の意味がこめられている[12]
  • デザインイメージはタツノオトシゴ[7][9]
  • 山田正弘が単独執筆した準備稿「前世紀からの使者」は、前世紀人と彼に操られる液体怪獣アボラスのみ登場し、バニラは登場しない[11]。その後、南川龍(野長瀬三摩地)の大幅な加筆によって決定稿「悪魔はふたたび」が起こされ、赤い怪獣バニラと青い怪獣アボラスが激突する内容となった[11]
  • 一峰大二の漫画版「怪獣アボラスの巻」(『ぼくら』1967年1月号掲載)では火炎攻撃でウルトラマンを一度撃退し、再戦時にアボラス共々八つ裂き光輪で倒される展開となっている。また、火炎でウルトラマンの腕を溶かしかける。
  • TBSの朝の情報番組『ヤング720』1966年11月4日放送分において、ウルトラマンのスーツアクターである古谷敏のゲスト出演に際し、取材役で当時同局アナウンサーだった大沢悠里の提案により、古谷の演によるウルトラマンとバニラとの格闘シーンが収録された。この時のバニラは、そのアイデアを提案した大沢自身が着ぐるみの中に入って演じた[13]
  • 『ウルトラマン白書』に載っている金城哲夫の文芸ノートでは、アボラス共々宇宙怪獣と区分されている。
  • 火炎は『ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』で「クリムゾン炎」と名づけられた。

『ザ☆ウルトラマン』に登場するバニラ[編集]

テレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

怪獣墓場で眠っていたが、バラドン星人によりアーストロンゴーストロンレッドキングゴキネズラアボラスと共に蘇生させられたうえ、怪獣島に収容されて地球へ送り込まれる。

武器は初代と同様に口から吐く火炎で、オリジナルでも幅広かった腕がムササビの皮膜のように薄く変わっている。アボラスと戦っているうちにゴキネズラとも戦う羽目になり、その3体でレッドキングと戦闘中のウルトラマンジョーニアスを襲撃するが、あえなく3体とも倒される。

  • 資料によっては、「バニラと共倒れになった」とする旨の記述がされている[14]

『ウルトラマンパワード』に登場するバニラ[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第9話「復活! 二大怪獣」(米国版サブタイトル:TAILS FROM THE CRYPTS)に登場。玩具などでは初代と区別するため、パワードバニラと称される。

  • 身長:65メートル[4][15]
  • 体重:3万トン[4][15]
  • 出身地:3千年前の世界[4]

3000年前に古代人の手によって封印された怪獣。「赤い悪魔」とも称されており、3000年あまりも棺に封印されていたが、ウィッティカー教授の手によって封印を解かれ、現代で覚醒する。赤い光となって貯水池の中に入った後で出現し、初代と同様に火炎によって敵を攻撃する。デザインは通常の怪獣タイプになっており、タツノオトシゴからは遠ざかっている。尻尾は細長く複雑な形だった初代と違って太く長い簡単な形に変更されており、火炎を吐く際には背中から排熱する。

同じく再生したアボラスと戦い、初代と同様に一度はアボラスの溶解泡で倒されたかに見えたが、音波で弱らせてから倒さなければ何度でも復活できるため、再び光が走って再生する。パワードに挑んだ2対1の戦いでは火炎がパワードの盾にされたアボラスに当たったため、逆上したアボラスの溶解泡によって戦闘不能になったところでメガスペシウム光線を受け、アボラス共々敗れ去る。

  • 鳴き声は初代と異なっている。
  • デザインは前田真宏[16]。前田はバニラが好みではなかったため、イマジネーションが湧かなかったという[16]

その他の作品に登場するバニラ[編集]

  • 映像作品
  • 映像作品以外
    • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、アボラスと共に第36話・第37話に登場。その後、第39話・第40話にジェロニモンにより蘇った再生怪獣の1体としても登場。
    • ゲーム『大怪獣バトル』では、第4弾と拡張第1弾に技カードとして登場。スキルは「赤い悪魔」で、効果は「3ラウンドのあいだ、こうげきが『こうねつ』こうげきになる」。第4弾の方はアボラスのカードと背景がつながっているほか、拡張カードはコンボマークも対になっている。

関連怪獣[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 資料によっては、3億5千万年前の地底[1]東名高速道路建設現場[2]、宇宙→μ帝国[3]、3億5千万年前のカプセル・関東北部[4]、3億5千万年前の地球→東京のビル工事現場→東京郊外の空き地[5]と記述している。
  2. ^ 「300005000年前」と非常に中途半端な数字だが、本編中で何度も台詞として連呼されているため、誤記ではない。資料によっては「3億5千万年前」と記述している[10][2][4][5]

出典[編集]

  1. ^ a b c 白書 1982, p. 50, 「ウルトラマン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 16
  3. ^ a b c ベストブック 1993, pp. 100-101
  4. ^ a b c d e f g h i j 大辞典 2001, p. 256
  5. ^ a b c d 画報 上巻 2002, p. 41
  6. ^ a b c 怪獣列伝 2008, pp. 78-79, 「業火を呼ぶ赤い悪魔 赤色火焔怪獣バニラ」
  7. ^ a b c d 全調査報告 2012, pp. 72-75, 「CASE FILE19 悪魔はふたたび」
  8. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 16
  9. ^ a b c d 研究読本 2014, p. 224, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」
  10. ^ 白書 1982, pp. 29、50.
  11. ^ a b c 研究読本 2014, pp. 162-163, 「エピソードガイド第19話」
  12. ^ a b 研究読本 2014, p. 175, 「エピソードガイド第25話」
  13. ^ 古谷敏『ウルトラマンになった男』小学館、2009年、159頁
  14. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 173
  15. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 219
  16. ^ a b 「ウルトラマンパワード20周年記念特集 パワード怪獣完全図鑑」『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』 KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、91-101頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  17. ^ 「INTERVIEW メイン監督 田口清隆」、『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』vol.2、徳間書店、2015年8月1日、 pp.80-81、 ISBN 978-4-19-730135-5
  18. ^ 『ウルトラ怪獣DVDコレクション アボラス バニラ/ゴメス リトラ編』の解説より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]