サラマンドラ (ウルトラ怪獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルトラマン80の登場怪獣 > サラマンドラ (ウルトラ怪獣)

サラマンドラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン80』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の怪獣。別名は再生怪獣。英字表記はSARAMANDRA[1]またはSARAMANDORA[2]

名前は怪物「サラマンダー」に由来。

『ウルトラマン80』に登場するサラマンドラ[編集]

ウルトラマン80』第13話「必殺! フォーメーション・ヤマト」に登場。

地球侵略を狙うゴルゴン星人の手によって操られている宇宙怪獣。ミクロ化したゴルゴン星人たちが、細胞単位で一体化している。多数の角が放射状に拡がる頭部、五角形のうろこ状の表皮、熊手状の尾が特徴。ゴルゴン星人たちの手により、後述の喉さえ無事であれば細胞の一片からでも復活できるという、不死身の再生能力を持つ。怪力の持ち主で、武器は口から放つミサイル[1][2](ロケット弾[4])や鼻の一つの穴から吹く摂氏1300度の火炎[1][3][4][2][5][注釈 1]。全身を覆う頑丈な鱗はUGMの弾丸やレーザーをはね返し、80のサクシウム光線にも耐え、特に頭や皮膚の固さは350度数を誇るが、喉だけは例外で、ここが弱点になっている。

物語の冒頭で市街地に出現して都市部で暴れ回り、一度はUGMの攻撃で倒されるものの、ゴルゴン星人たちに再生させられる。工場地帯に出現し、口からのミサイル攻撃で防衛軍機を次々と撃墜しながら暴れ回る。80との戦いでは口からのミサイルや鼻からの火炎を防がれてしまうものの、持ち前の皮膚の固さで徐々に追い込んでいく。しかし、ウルトラ400文キックを頭部に受けて劣勢に転じると、最後は二度と再生できないようにウルトラアイスポットで喉から焼き尽くされ、消滅する。

  • デザインは山口修。当初の決定デザインでは頭部の造形が実際のものと違っており、後で頭部のみ別にデザインが書かれた[7]
  • ウルトラ怪獣大百科』では、再生能力に目を付けたゴルゴン星人に利用されたという設定になっている。

『ウルトラマンメビウス』に登場するサラマンドラ[編集]

ウルトラマンメビウス』第17話「誓いのフォーメーション」、DVD版「ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス」に登場。

  • 体長:60メートル[8]
  • 体重:4万トン[8]
  • 出身地:ゴルゴン星[9]

『ウルトラマン80』に登場したサラマンドラの別個体[9]。GUYSのドキュメントUGMにデータが記録されている。初代はゴルゴン星人の地球侵略の尖兵として現れたが、今回の個体はその際に地球に運び込まれ、保存されていた個体が復活したもの(劇中では説明されていない)[要出典]

口から放つ推定1300度の高熱火炎[9]、初代よりも強度が増してメビュームシュートにも耐える表皮など強力な能力を有するが、最大の武器は細胞片からでも再生可能な生命力。四散する瞬間に喉の再生器官から再生を促す酵素を分泌してそれを可能にしているが、同時にその喉が弱点でもある。

ヒカリのナイトビームブレードで倒されるも再生能力で復活して(GUYSは死体を処理しようとするが間に合わず、再生したという描写がある)GUYSの飛行メカ3機を相手に善戦するが、フォーメーション・ヤマトで喉の再生器官を潰され、最後はメビウスのメビュームシュートとヒカリのナイトシュートを浴びて絶命する。

DVD版『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』では、再び現れた怪獣の中の1体として別個体が出現[注釈 2]。そのほか、『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』などの雑誌展開でも別個体が登場する。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するサラマンドラ[編集]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第10話「予期せぬ再会」に登場。

  • 体長:60メートル[11]
  • 体重:4万トン[11]

ノーバルナチクスと共に、グランケープ補給基地に着陸しようとしたペンドラゴンを襲撃する。その後、ゴモラと死闘を繰り広げるが、突如出現したキングジョーブラック(円盤形態)のペダニウムランチャーの爆撃で木っ端微塵にされて倒される。

  • スーツアクター:岩崎晋弥
  • オープニングではエレキングと対決している。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するサラマンドラ[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

光の国に到着したミライとレイを襲撃し、ドラコベムスターと共にシャプレー星人(RB)に指揮されて3大カプセル怪獣(ウインダムミクラスアギラ)と対決する。主にウインダムと戦うが、レーザーショットによる攻撃で弱点の喉を焼かれて再生不能となり、追い撃ちのレーザーショット攻撃を受けて爆死する。

その他[編集]

  • 2010年の円谷プロエイプリルフール企画では、ウルトラマン80に「自分が戦った中で一番強かった怪獣」として挙げられている。
  • プロバスケットボールbjリーグと円谷プロダクションのコラボレーション企画として開催された、ウルトラ怪獣を各チームのマスコットキャラクターとしてチームに加える「ウルトラ怪獣ドラフト2010」ではノミネート怪獣として候補に挙がり、高松ファイブアローズよりドラフト指名された[14]
  • ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP』にて擬人化される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 資料によっては火炎熱線と記述している[6]
  2. ^ 映像は第17話の流用[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 白書 1982, p. 188, 「ウルトラマン80 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e f 画報 下巻 2003, p. 39
  3. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 86, 「ウルトラマン80 全怪獣」
  4. ^ a b c d e 大辞典 2001, p. 152
  5. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 182
  6. ^ 全怪獣怪人・中 2003, pp. 355.
  7. ^ 『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、60頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  8. ^ a b hicbc.com:ウルトラマンメビウス 怪獣図鑑”. CBC. 2017年1月25日閲覧。
  9. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 335
  10. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 343, 「column 復活した怪獣たち」.
  11. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル. 2017年1月29日閲覧。
  12. ^ a b ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 51, 「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 怪獣・宇宙人図鑑」
  13. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 370
  14. ^ ウルトラ怪獣ドラフト2010、チーム応援怪獣決定のお知らせ プロバスケットボール bjリーグ公式ブログ

参考文献[編集]

関連項目[編集]