テレスドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレスドンは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の怪獣。別名は地底怪獣。英字表記はTELESDON[1][2]TERRESSEDON[3]TELESSDON[4]TERRESDON[5]など。

典型的な怪獣のフォルムを有し、尖ったくちばし[注釈 1]や背中に1本あるとげが特徴。

『ウルトラマン』に登場するテレスドン[編集]

初代[編集]

ウルトラマン』第22話「地上破壊工作」(1966年12月11日放送)に登場。

地下4万メートルの世界に生息し、地上への侵出を目論む地底人たちの尖兵。地底人たちがウルトラマンを洗脳するまでの間、科学特捜隊の注意を引き付けておくため、夜間に都市部を破壊する。科学特捜隊ナパーム弾にも耐える皮膚を持つ。主な武器は口から吐く強力な火炎[7][8][9][10][11][12][注釈 2]。ウルトラマンとの戦いでは火炎を吐く暇を与えられないまま、投げ技の連続攻撃で地面に叩きつけられて絶命する。

第35話では、怪獣墓場で漂っている姿が登場する。

  • スーツアクター:鈴木邦夫[3][10][13]
  • デザインは成田亨が担当した[10][13][14]。地底を掘り進むイメージで鋭角的なデザインとなっている[13]
  • 造型は高山良策が担当した[10][13]。スーツアクターの山村哲夫は、ショーで着用した際に入りやすく動きやすかったことを証言している[13]
  • 第22話の監督を担当した実相寺昭雄はスペシウム光線でとどめを刺すパターンを嫌い、自分の監督回では一度も使用させていない。今回の夜間の激闘もそういった経緯から生まれた。
  • 実相寺の作品に登場する怪獣ということで、映画『実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』にも登場している(映像は本話の流用)[注釈 3]。作中では、ガヴァドン(B)の事件の翌日における出来事となっている。
  • 実相寺は「オケラのような奴」と呼んでいた[15]
  • 戦え! マイティジャック』第12話「マイティ号を取り返せ!!(前編)」では本話のシーンが流用されているが、そのカットの1つにテレスドンの後ろ姿がはっきり映ってしまっている[16][13]

再生テレスドン[編集]

『ウルトラマン』第37話「小さな英雄」に登場。資料によってはテレスドン(再生)とも表記される[17][18][19][20][21][注釈 4]

ジェロニモンの力で復活する。外見に変化はないが[17][18]、以前と異なり、昼間でも活動できる[19][12]

同時に復活した再生ドラコと小競り合いを演じるが、大岩山から響くジェロニモンの唸り声を聞いて大人しくなる。決着がつかないまま再生ドラコと共に科学特捜隊と戦うが、科学特捜隊のムラマツ、フジ、アラシのスーパーガン3丁によるトリプルショットで倒される[注釈 5]

  • スーツアクター:清野幸弘[4][19][24][注釈 6]
  • 脚本段階ではゴモラが復活する予定であったが[24]、ゴモラのスーツがすでに第36話のザラガスに改造されていたため、テレスドンに変更された。
  • 着ぐるみは第22話のものに改修を加えている[24]

『ウルトラファイト』に登場するテレスドン[編集]

ウルトラファイト』第76話「テレスドンに墓場はない!」、第81話「硫黄沼世紀の対戦!」ほかに登場。

  • 身長:60メートル[25]
  • 体重:4万84トン[25]
  • 着ぐるみは『ウルトラマン』のものを流用している[26][13]が、長期保管に適さないラテックス製スーツであったために劣化が目立ってきており、それを補修した際に鼻先を丸く盛り足しただけだったため、『ウルトラマン』当時とはだいぶ異なる外見になっている。ただし、足の節数が『ウルトラマン』のものと違うという指摘もある[27]
  • 帰ってきたウルトラマン』第3話「恐怖の怪獣魔境」に登場したデットンは、本作に登場したテレスドンの着ぐるみをそのまま(口先が丸い形状のまま)流用したため、「テレスドンとデットンは似ている」ということになり、デットンはテレスドンの弟という設定となっている。元々はテレスドン再登場の予定が着ぐるみの変貌の都合で、新怪獣へ設定が変更された(詳細はデットンの項を参照)。
  • 第196話「怪獣死体置場」では、円谷プロの着ぐるみ倉庫に吊り下げられていることが確認できる。

『ウルトラマンパワード』に登場するテレスドン[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラマンパワード』第4話「闇からの使者」(米国版サブタイトル:THE DARK PAST)に登場。初代と区別するためにパワードテレスドンと称されることもある。

かつて地上を支配していた太陽の民と称する地底人3人(演 - ジム・ユスタマン、ケビン・ハドソン、3人目は不明。声 - 塚田正昭)が、再び地上を自らのものにするために放った怪獣。全身銀色で、鎧を着こんだような機械的な姿をしている。光に弱く夜行性であるが、後に目に遮光フィルターを装着して出現する。怪力を持つ重量級であるため、移動の際には大規模な地震を起こし、地中を進みながらビル群を崩落させる。最後はストライクビートルのマグネシウム弾で目を攻撃されて弱ったところを、ウルトラマンパワードのメガスペシウム光線でとどめを刺される。

  • デザインは前田真宏[29]。デザインイメージは穴掘りマシーンのような金属質の生き物[29]樋口真嗣によるギミック画も描かれている[29]

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するテレスドン[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第1話「怪獣無法惑星」、第2話「五人目のクルー」、第7話「怪獣を呼ぶ石」に登場。

  • 身長:60メートル[30]
  • 体重:12万トン[30]

第1話では採掘基地の調査に向かったZAPクルーの前に現れ、サドラと死闘を繰り広げる[注釈 7]が、途中で割って入ってきたレッドキングに散々痛めつけられ、勝てないと見て逃走する。

第2話ではゴルザとの共同戦線でゴモラと戦うが、炎と超振動波の打ち合いに負けて倒れる。

第7話ではブルトンに呼び出された別個体が出現し、ゴモラと戦う。まずはネロンガと共にゴモラに襲いかかり、リトラの火球を頭部に受けて昏倒する。目を覚ました後はリトラを狙って火炎を吐きまくるが、それをブルトンの触角を焼き切ることに利用され、ゴモラに対して吐いた攻撃をかわされてネロンガにとどめを刺すことになる。その直後、ゴモラに飛びかかったところをいなされ、超振動波で倒される。

  • オープニングではネロンガと対決している。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するテレスドン[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第10話「新たな戦いの地平で」に登場。

  • 身長:60メートル[31]
  • 体重:12万トン[31]
  • 出身地:4万メートルの地底[31]

ゼットン星人(RB)に操られる。フック星人(RB)が操るドラコ(再生)と対決し[注釈 8]、空中きりもみ体当たりなどで奮戦するが、キングジョーブラックの空中からの攻撃により、ドラコ共々爆死する。

  • 着ぐるみは前作の流用。[要出典]

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するテレスドン[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル配下の怪獣軍団の1体となる[32]。怪獣墓場でウルトラ戦士たちを迎え撃ち、レイのゴモラと対峙する。その後も軍団の中では長く生き残るが、最後はウルトラマンゼロのワイドゼロショットで爆死する。

また、百体怪獣ベリュドラの左腕を構成する怪獣の1体となっている[33]

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』までに使用されたものの流用。[要出典]

『ウルトラゾーン』に登場するテレスドン[編集]

バラエティ番組『ウルトラゾーン』内のコーナー、「怪しいものじゃないです」の第5話に登場。また、第13話のアイキャッチでは満員電車に乗ろうとして車掌に押されている姿が描かれている。

  • 着ぐるみは『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』までに使用されたものの流用。[要出典]
  • 声優は宮崎吐夢

『東京ジュラ紀』に登場するテレスドン[編集]

  • 身長:60メートル[34]
  • 体重:12万トン[34]
  • 出身地:地底[34]

歩く百科事典探偵・西園寺ユウヤに化けていた地底人に操られ、アロンエレキングと戦う。

『ウルトラゼロファイト』に登場するテレスドン[編集]

ウルトラマン列伝』内のアクションドラマ『ウルトラゼロファイト』第1部「新たなる力」に登場。

バット星人グラシエ怪獣墓場から蘇らせる怪獣軍団の1体。サドラグドンベムラーと共に出現し、怪獣墓場を訪れたウルトラマンゼロに襲いかかるが、ベムラー共々ルナミラクルゼロのミラクルゼロスラッガーによって倒される。

『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するテレスドン(SDI)[編集]

映画『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場。

ウルトライブシミュレーションで千草がライブし、その場にいた美鈴のライブするスノーゴン(SDI)を火炎攻撃で撃退する。続いて健太がライブしたドラコ(SDI)との戦いでも圧倒するが、彼が反撃に出るために乗り換えてライブしたバルタン星人(SDI)には敵わず、赤色凍結光線と白色破壊光弾を続けざまに受けて敗退する。

  • ドラコとの戦いは原典である『ウルトラマン』第37話を再現している節があるものの、今作ではこの戦いに決着が付いている[35]

『ウルトラマンX』に登場するテレスドン[編集]

ウルトラマンX』第3話「夜を呼ぶ歌」に登場。

Xioでの分類はタイプG[注釈 9]地底女に操られて夜の地上に出現する。今回は溶岩熱戦以外にも、体を高速回転させて体当たりする攻撃手段を披露している。

最初は大地とアスナが搭乗したランドマスケッティの攻撃を地底に潜って回避し、ランドマスケッティの背後を取って口にくわえて追い詰めるが、照明弾の強い光を浴びて退却する。その後、地底女の絶叫に共鳴して再び出現し、地上と地底を自在に行き来する能力や上記の体を高速回転させる戦法でエックスを追い詰めるも、ワタルのウルトライザーによる攻撃やエレキングアーマーをまとったエックスの攻撃に遭い、形勢を逆転される。最後はエレキング電撃波を受け、スパークドールズに収縮される。

  • 第3話の脚本を担当した中野貴雄は、前話に登場する怪獣が飛行怪獣のバードンであるため、差別化として第3話で地底怪獣のテレスドンを登場させた旨を語っている[39]。また、地中から体を回転させて体当たりする戦法は映画『トレマーズ』をイメージしている[39]
  • 第3話の監督を担当した田口清隆は、テレスドンをいかに強敵に見せられるかということを意識して演出した旨を語っている[39]

サイバーテレスドン[編集]

Xioがテレスドンのスパークドールズを解析して生み出したサイバー怪獣。第4話にてサイバーカードが使用され、スペースマスケッティに溶岩熱線のデータを読み込み、ベムスターの腹へ撃ち込むことで消化液との化学反応を引き起こし、エックスを脱出させるのに一役買った。

『ウルトラマンオーブ』に登場するテレスドン[編集]

ウルトラマンオーブ』第9話「ニセモノのブルース」、第24話「逆襲の超大魔王獣」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:12万トン

第9話ではババルウ星人ババリューがニセウルトラマンオーブに化け、街を破壊しようとしたところで地中から出現し、ニセオーブとの戦闘になる。テレスドンの出現はババリューに指示を出すメフィラス星人ノストラさえも想定していなかった事態であり、動揺するニセオーブを追い込むも結果的には撃退され、地底へ逃げ帰る。

第24話では夕暮れの繁華街にゴメス(S)デマーガと共に登場。そこに現れたハリケーンスラッシュ形態のウルトラマンオーブと一戦も交えることなく、他の2体と共に突如倒れ死亡した。この個体が第9話に登場した物と同個体かは不明。

  • スーツアクター:横尾和則[40]
  • 第24話での同シーンの登場怪獣は、第24話監督の田口清隆が前作『ウルトラマンX』で担当した回の登場怪獣から選ばれた[41]

その他の作品に登場するテレスドン[編集]

ウルトラシリーズ[編集]

  • 帰ってきたウルトラマン』第12話では、MATの射撃訓練の的にテレスドンのものがある。
  • 特撮テレビ番組『レッドマン』第31・34・59・67・74・78話に登場。着ぐるみは、アトラクション用のものを使用[42]
  • ウルトラマンメビウス』第21話では、怪獣墓場で漂っている姿が描かれている。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(てれびくん版2011年6月号掲載分)では、怪獣軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲うが、アーストロンガンQ共々助けに現れたウルトラマンコスモス(エクリプスモード)のエクリプス・プローショットに敗れる。
  • 漫画作品
    • 漫画『かがやけ ウルトラの星』では、怪獣軍団の一員として登場。ナックル星人に率いられて東京に出現し、ウルトラマンタロウと戦う。後に他の怪獣と合流してウルトラ兄弟と戦う。
    • 漫画『ウルトラマン超闘士激伝』では、ザム星人が率いるエンペラ陸軍の闇闘士となっている。玩具のみで漫画本編には登場していないが、復刊された単行本第4巻にてイラストが書き下ろされている。
    • 漫画『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』では、第2話で福岡を襲撃する。地球に出現した怪獣としても登場し、ブルトンが倒されて以降は新たに出現することはなく、ZAPの戦闘機と交戦する。第19話にて地球に現れたデスフェイサーと交戦するが歯が立たず、他の怪獣と共に倒されてエネルギーを吸収される。
    • 漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、イカルス星人の配下として第32話に登場。また、第39話・第40話にジェロニモンにより蘇った再生怪獣の1体としても登場する。
  • ライブステージ
    • 『ウルトラマンフェスティバル2010』では、ウルトラマンベリアルによりベロクロンと共に召喚され、ウルトラマンメビウスと戦う。
    • 2010年によみうりランドで行われた『ウルトラマンゼロショー』では、ナックル星人に操られてウルトラマンゼロと戦う(容姿はデットンに近い)。
    • 『ウルトラマンフェスティバル2012』のライブステージ第1部では、バット星人の仕向けた怪獣軍団の1体として登場。バット星人を追って地球に来たウルトラマンタロウと戦うが、最後はストリウム光線で倒される。
  • 登場が予定されていた作品
    • ウルトラセブン』の未発表作品「宇宙人15+怪獣35」では、宇宙人連合により蘇生されて富士山麗に集結し、東京を目指す怪獣軍団の中に名前が確認されている。
    • ウルトラマンマックス』第21話「地底からの挑戦」では、初期プロットで登場が予定されていたが[43]、放映前に行われた「伝説の怪獣人気投票」で1位の座を獲得したゴモラに登場枠を譲ることになった[44]

外部作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ウルトラマン白書』ではドリルくちばしと記述している[1]
  2. ^ 脚本では熱線と記述しており[10]、資料によってはこちらに準じている[1]。『ウルトラ怪獣大全集』では溶岩熱線と記述している[6]
  3. ^ 予告編ではマグマ怪獣 テレスドンとクレジットされた。
  4. ^ 『ウルトラマン白書』ではテレスドン(2代目)と記載している[22]
  5. ^ 資料によっては、初代に比べて皮膚が弱体化しているものと推測している[17][18]
  6. ^ クレジットでは清野弘幸。
  7. ^ このシーンは、デットンが登場する『帰ってきたウルトラマン』第3話へのオマージュともなっている。
  8. ^ このシーンは『ウルトラマン』第37話「小さな英雄」へのオマージュともなっている。
  9. ^ 二足歩行怪獣のカテゴリー[38]。「G」は「ゴモラ」を意味している[38]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 白書 1982, pp. 50-51, 「ウルトラマン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d 画報 下巻 2003, p. 67
  3. ^ a b c d e ベストブック 1993, p. 105
  4. ^ a b c d e ベストブック 1993, pp. 128-129
  5. ^ 画報 上巻 2002, pp. 42、48.
  6. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 16
  7. ^ a b c d e f g h i j 大辞典 2001, p. 225
  8. ^ a b c 画報 上巻 2002, p. 42
  9. ^ a b c 怪獣列伝 2008, pp. 84-86, 「地底人の忠実な尖兵 地底怪獣テレスドン」
  10. ^ a b c d e f g 全調査報告 2012, pp. 80-81, 「CASE FILE22 地上破壊工作」
  11. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 17
  12. ^ a b c d e f g h 研究読本 2014, pp. 209-237, 「ウルトラマン 怪獣・宇宙人大図鑑」
  13. ^ a b c d e f g 研究読本 2014, pp. 168-169, 「エピソードガイド第22話」
  14. ^ 成田亨 2014, p. 95.
  15. ^ ウルトラ THE BACK 2013, p. 34.
  16. ^ 「レビュー「マイティ号を取り返せ!!」(前後編)」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、99頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  17. ^ a b c d e 画報 上巻 2002, p. 48
  18. ^ a b c d e 怪獣列伝2008, p. 140, 「やはり再生怪獣は前座? 地底怪獣テレスドン(再生)」
  19. ^ a b c 全調査報告 2012, pp. 120-121, 「CASE FILE37 小さな英雄」
  20. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 20
  21. ^ 研究読本 2014, pp. 198、235.
  22. ^ 白書 1982, pp. 32、51.
  23. ^ a b c ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 19
  24. ^ a b c 研究読本 2014, pp. 198-199, 「エピソードガイド第37話」
  25. ^ a b ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 31
  26. ^ 『円谷ヒーロー ウルトラマン全史』 講談社 編、講談社〈講談社MOOK〉、2013年、21頁。ISBN 978-4-06-389762-3
  27. ^ 『ウルトラファイト』DVDBOXブックレット
  28. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2014, p. 217
  29. ^ a b c 「ウルトラマンパワード20周年記念特集 パワード怪獣完全図鑑」『語れ!ウルトラ怪獣【永久保存版】』 KKベストセラーズ〈ベストムックシリーズ44〉、2014年4月23日、91-101頁。ISBN 978-4-584-20544-0
  30. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル. 2017年1月29日閲覧。
  31. ^ a b c 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2017年1月29日閲覧。
  32. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 55.
  33. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 80, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  34. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 385
  35. ^ 『ウルトラマンギンガ劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!(パンフレット)』 小学館てれびくん編集部」、松竹株式会社事業部、2014年3月15日
  36. ^ a b ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  37. ^ a b X超全集 2016, p. 39, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  38. ^ a b X超全集 2016, p. 28, 「Xio」
  39. ^ a b c ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「EPISODE GUIDE 第3話」
  40. ^ キャラクターランドSP 2017, p. 55, 「『ウルトラマンオーブ』スーツアクターヒーローズリスト」.
  41. ^ キャラクターランドSP 2017, pp. 44-47, 「田口清隆監督インタビュー」.
  42. ^ 超解析 2016, p. 125, 文 ガイガン山崎「『レッドマン』全登場怪獣名鑑」.
  43. ^ 「第4章ストーリーガイド」『ウルトラマンマックス竹書房〈パーフェクト・アーカイブ・シリーズ6〉、2006年7月7日、105頁。ISBN 4-8124-2802-5
  44. ^ 「伝説の怪獣人気投票」結果発表!! - ウルトラマンマックス(中部日本放送)

参考文献[編集]

関連項目[編集]