スペースビースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スペースビースト(SPACE BEAST[1][2][3])とは、特撮テレビ番組ウルトラマンネクサス』に登場する架空の生物。劇中では異生獣、設定上はΧ獣かいじゅうとも呼ぶ。

特記のない限り、身長・体重は公式ホームページに基づく[4]

目次

概要[編集]

設定[編集]

宇宙から飛来したと言われる謎の生物群。「情報を得ることで急激に成長する」「知的生命体の恐怖を餌に成長する」という特徴を有し、他の生物を取り込む(捕食する)ことによって成長・増殖する。その性質上、劇中では主に人間を捕食対象としていた。各個体は体内器官からビースト振動波と呼ばれる波動を発して情報を共有しており、外敵からの攻撃に対して効率的な進化を遂げることが可能。また、闇の巨人ダークザギやその尖兵ダークファウストダークメフィストは、ビーストを使役する能力を有しており[注釈 1]、彼らはダークフィールドと呼ばれる空間を展開する事でビーストの能力を強化する事が出来る。

その正体はかつてM80さそり座球状星団からやって来た“来訪者”の星を滅ぼす要因となった宇宙生物で、高度な知性を持った生命体に生じる恐怖がビースト振動波 = Χ(カイ)ニュートリノと結合することによって発生するΧ獣かいじゅうである[注釈 2]

ビーストの攻撃で危機に瀕した来訪者の母星は、光の巨人(ウルトラマンノア)によって一度は救われたものの、来訪者が光の巨人を基に生みだした対ビースト用最終兵器“ウルティノイド・ザギ”(ダークザギ)が暴走し、ビーストを進化・増殖させた事で再び滅亡の危機に陥ってしまう。やむなく来訪者は超新星爆発によって母星もろともビーストとウルティノイド・ザギを殲滅しようと試みたが、ビーストはザギの手によって光量子情報体 = 「Χニュートリノ」へと変換されて生き延びており、やがて爆発光と共に地球へ到達した。

ULTRAMAN』に登場するビースト・ザ・ワンが地球でのスペースビーストの第1号である。ザ・ワンウルトラマン・ザ・ネクストに敗れるが、その飛び散った細胞が地球上の動植物やエレメントを取り込んで成長したものが、『ウルトラマンネクサス』に登場するスペースビーストである。

人類と来訪者はこの脅威に対抗すべく、地球解放機構TLTを設立した。TLTがビーストを殲滅すると同時にその存在を隠蔽していたのは、一般大衆がビーストの存在を認識して恐怖を抱けば、ビーストの出現ポテンシャルが上昇し、大量発生に繋がってしまうからである。TLT構成員の水原沙羅は大量発生が起これば「スペースビーストによる終焉」、「地球の滅亡」が訪れると評している。

当初は来訪者が発生させたポテンシャルバリアによって人口の多い都市部へのビースト侵入は抑止されていたが、物語の終盤ではアンノウンハンド(ダークザギ)の力によってメガフラシ、ガルベロス、イズマエルが青葉ニュータウンに出現してしまう。更に最終話で人間から恐怖(スペースビーストの記憶)を吸収するレーテが失われた為、ダークザギが倒された後もスペースビーストの出現は続いているが、強化されたTLTによって殲滅が続けられている。

制作関連[編集]

デザインは酉澤安施が担当[6][3]

前作『コスモス』や従来の「ウルトラシリーズ」に散見された一部のウルトラ怪獣とは対照的に、全てが相互理解不可能な倒すべき対象であり、どの種類もグロテスクで醜悪な怪物としてデザインと悪役キャラクター性が強調されている[7]。また映画『ULTRAMAN』のビースト・ザ・ワンとの共通性が意識されている[8]

予算の制約から着ぐるみは過去のシリーズに登場した怪獣を改造した物が多い[8]。また、放送短縮によって陽の目を見なかった未登場のビーストも存在する[注釈 3]

人間と共存が不可能な異なる生き物という意味から、怪獣ではなく異生獣という名称になった[9]

ペドレオン[編集]

EPISODE.1「夜襲 -ナイトレイド-」からEPISODE.4「亜空間 -メタフィールド-」、EPISODE.12「別離 -ロスト・ソウル-」、EPISODE.37「絆 -ネクサス-」に登場。英字表記はPEDOLEON[1][3]

  • タイプ:ブロブタイプビースト(Blob = 形のはっきりしないもの)
  • 捕食方法:体にある触手で人間を捕まえ、大きな口で食う。

エタノールと人間を主食としているビースト。軟体・不定形動物を合成したような姿をしており、体内の95%が水分で構成されている。エタノールを求め、ビール工場やガソリンスタンドなどに出現した。

ペドレオンは形態から以下の3パターンに分類される。

クライン
  • 英字表記:KURAIN[1][3]
  • 身長:5 - 10メートル
  • 体重:個体差により不定
ガソリンスタンドや工場の配管などに潜んでおり、その時はゲル状の液体になっている。人間を見つけると肉体を形成し、一対の触手で口に引きずり込んで捕食する。完全に肉体を形成せずとも口と触手の部分だけでも形成できれば捕食可能である。自己進化能力によって一度受けた攻撃を無力化する事が可能であり、第2話の時点ではディバイトシューターに怯んでいたが、第3話では通用していなかった。
  • クラインはドイツ語で「小さい」という意味。
フリーゲン
  • 英字表記:FURIGEN[1][3]
  • 体長:40メートル
  • 体重:3万トン
グロースが可燃性ガスを背中から煙幕のように噴出して変化した円盤状の飛翔体。前後の触角状触手から火球やゲル状の液体を放つことが可能。
  • フリーゲンはドイツ語で「飛ぶ」という意味。
  • 公式サイトや関連書籍ではグロースが変身した個体の体長、体重しか記載されていないが、劇中ではクラインが変身した小型の個体も登場している。
グロース
  • 英字表記:GUROS[1][3]
  • 体長:20 - 50メートル
  • 体重:2万5千 - 4万5千トン
複数のクラインが集結・合体した融合体。クラインと形は似ているがネクサスに格闘戦を挑めるほどのサイズに巨大化し、頭部の触角から火球を放ったり、触手から電流を発する能力、全身から可燃性ガスを噴射する能力、口部を発光させて衝撃波を放つ能力を得た。作業員を人質に取りナイトレイダーからの攻撃を阻止するなど、過去に得た情報を元に進化している。この形態でもフリーゲン体やゲル状の形態になることも可能。
  • グロースはドイツ語で「大きい」という意味。

第1話ではクラインのみ登場。複数の個体がディバイトランチャーで掃討されている。フォートレスフリーダム付近の山中でバスを襲撃していた個体は、孤門を捕食しようと襲いかかるが、突如現れたウルトラマンネクサス アンファンスのパンチで叩き潰された。

第2話・第3話では複数のクラインが融合、グロースとなって工場を襲った。作業員を捕獲、さらに作業員を人質にしてナイトレイダーの攻撃を防ぐという知性的な行動を見せる。殲滅を優先した吉良沢参謀の指示によってナイトレイダーは人質ごと殲滅することを強いられるが、出現したアンファンスのセービングシュートで人質を奪還され、そのまま交戦する。ネクサスに対して触手で攻撃を試みるも、その全てを回避されたため、ネクサスが掴み掛かってきた際に可燃性ガスを浴びせ、その隙にフリーゲンとなり逃亡した。都市部へ到着する直前にネクサスのフェーズシフトウェーブに捕捉されてメタフィールドに姿を消したが、その後の戦闘の様子は描写されていない。第4話で変身を解除した姫矢は「完全には倒しきれなかった」と発言している。

第4話ではクロムチェスターβ、γを撃墜して残るαに迫るが、ジュネッスによってメタフィールドへ送り込まれて交戦する。口部からの衝撃波でネクサスを吹き飛ばしてからは触手による殴打や放電で優位に立つが、ネクサスハリケーンで地面に埋め込まれ、身動きが取れなくなった隙にオーバーレイ・シュトロームを撃ちこまれ、完全に消滅した。

第12話ではビーストの細胞に寄生された孤門の幻覚の中に現れ、彼を錯乱させた。

最終話ではダークザギが倒されてから1年後、新宿にフリーゲン体のペドレオンの群れが出現。ナイトレイダーによって掃討されている。このペドレオンは第1話から第4話に現れたものとは体色が異なり、銀色である。

ビーセクタ[編集]

EPISODE.5「適能者 -デュナミスト-」に登場。英字表記はBEESECTAR[1][3]

  • タイプ:インセクトタイプビースト(Insect = 昆虫
  • 体長:1 - 1.5メートル[1][3]
  • 体重:100 - 150グラム[1][3]

姫矢准の悪夢の中に出てくるスペースビースト。大量発生したイナゴのように群れで空を飛び回っている。

  • ミニチュアは『ウルトラマンガイア』に登場したドビシの改造[6]
  • 当初のプロットではイナゴ(ビーセクタ)の大群が進化してバグバズンになるというものであった[6]。後にメガフラシに操られて再登場する案も存在した[6]
  • ゲーム版ではネクサスモード及びナイトレイダーモードに登場。前者ではビーストを捜索するデュナミストの前に現れるザコキャラ的な存在であり、ブラストショットで撃退できる。後者ではシークレットミッションの標的として多数出現、ペドレオンのクライン、フリーゲンと共に孤門隊員を襲撃する。
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、実在するスペースビーストかどうかは不明としている[11]

バグバズン[編集]

EPISODE.5「適能者 -デュナミスト-」からEPISODE.8「M・P -メモリーポリス-」に登場。英字表記はBUGBUZUN[1][3]

  • タイプ:インセクトタイプビースト
  • 体長:40メートル[注釈 4]
  • 体重:3万5千トン
  • 捕食方法
    1. 腕で自動車(運転中の車)や人間を捕まえ、そのまま捕食。
    2. 地中から管状の舌で地上の人間を捕まえ、地中に引きずり込み捕食。

甲虫にビーストが取り付き生まれた表皮の硬いタイプのスペースビースト。尾の部分にも顎を持つ。両手の爪はネクサスの皮膚をも傷つける鋭さを持ち、牙の手入れや地中を掘り進むためにも使われる。土中にいる時は音で獲物の存在を感知して人間を捕まえる。また、地上に出れば背中の翼で空を飛び車を襲うなどかなり活動的。金属は喰わず、人間を捕食した後に自動車やスプレー缶を吐き出す。劇中、両手の鉤爪を使って歯の掃除をする場面もある。寒さに弱い。

第5話で初登場。当初は飛行しながら自動車を襲う。その捕食行為を目の当たりにした姫矢が変身したネクサス(アンファンス)と交戦。尾の顎を使った不意討ちなどで攻撃するも圧倒されてしまう。しかし、現地に到着したナイトレイダーが吉良沢参謀の指示でネクサスへの攻撃を開始したため形勢逆転。クロムチェスターαの攻撃で倒れたネクサスの脚に爪を突き刺し、深手を与える事に成功する。直後、クロムチェスターβ、γの攻撃に怯み、飛んで逃げようとしたところをクロスレイ・シュトロームで羽を傷つけられて落下、地中に逃げ込んだ。

第8話では前回の戦いで羽を傷つけられた為、廃工場に潜伏、地中から舌を使って人間を捕食していた。ナイトレイダーが出動するが、ダークファウストが発生させたダークフィールドによって通信、索敵が妨害された事で苦戦を強いられる。孤門隊員が冷却弾で舌を凍結させるも、地上へ姿を現して孤門と凪、廃工場に迷い込んでいた杉山理奈を追い詰めた。最期は和倉、平木、石堀が発射した冷却弾で凍らされ、凪がディバイトランチャーから発射したナパーム弾を受けて爆死した。

  • スーツアクター:横尾和則[13]
  • デザインは頭部がカブトムシの幼虫、尾部がイナゴをモチーフとしている[6]。初期案ではシロアリ、ゴキブリ、クワガタムシなどもモチーフとして検討されていた[6]
  • 着ぐるみは『ウルトラマンネオス』に登場したシルドバンの改造[6]
  • ウルトラマンスタジアムで行われたショー「蠢く闇の渦 煌く光の絆」ではペドレオンと共にゾフィー、初代ウルトラマン、セブンを苦戦させたが助けに現れたネクサス(アンファンス)に敗れる。

ガルベロス[編集]

EPISODE.6「遺跡 -レリック-」、EPISODE.17「闇 -ダークネス-」、EPISODE.18「黙示録 -アポカリプス-」、EPISODE.35「反乱 -リボルト-」に登場。英字表記はGALBEROS[1][2][3]

  • タイプ:フィンディッシュタイプビースト(Fiendish = 悪魔的な)
  • 体長:52メートル
  • 体重:3万9千トン

ギリシャ神話の地獄の番犬ケルベロスを思わせる3つの頭部を持ったスペースビースト。胸に目のないイルカに似た頭部が、両肩の部分に分裂したような犬に酷似した隻眼の頭部がある。両肩の口から誘導能力をもつ高熱火炎弾を吐く。長い尾を使った攻撃や地面に届くほど長い腕による殴打、蹴りも得意としている。催眠波動で死んだ人間を操って人を襲わせたり、幻覚を見せたりする。また何度でも蘇生出来る強い生命力を持つ。

第6話では、姫矢の回想シーンに登場。幻想世界において姫矢がデュナミストになった途端、突然出現した。メタフィールドに取り込まれた後も初陣のネクサスを苦戦させるが、コアインパルスにより倒された。

第17・18話では溝呂木により操られて登場、溝呂木は第6話の個体が蘇生したものと語っており、前回の戦闘経緯を把握していた。また、姫矢もガルベロスの名を知っていた。第17話ではビーストヒューマンを鎮圧した直後のナイトレイダーと交戦、幻影と火炎弾で翻弄するが、出現したネクサスによってメタフィールドへ送られる。フィールド内では孤門に幻覚を見せてネクサスを誤射させたり、その隙に左腕に噛みつくなどして善戦する。孤門の再攻撃でスパイダーミサイルの直撃を受け、怯んだ隙にクロスレイ・シュトロームでとどめを刺されそうになるが、戦いを監視していたダークメフィストが光線を防ぎ、共にフィールドから姿を消した。第18話ではダークフィールド内で溝呂木によって召喚された。左腕の傷が癒えていないネクサスに対して善戦するが、凪の銃撃を受けた溝呂木が撤退すると同時に、孤門と和倉の援護を受けたネクサスに圧倒され、オーバーレイ・シュトロームで倒された。

第35話では別個体が登場。フェースシフトウェーブを放とうとしたジュネッスブルーに火炎弾を放ってメタフィールドの展開を妨害。更にメガフラシとタッグを組んでジュネッスブルーを挟撃した。しかし、ハイパーストライクチェスターの攻撃でメガフラシが分断・撃破され、再起したジュネッスブルーの格闘攻撃に圧倒される。最期は突撃してきたジュネッスブルーを火炎弾で迎撃しようとするも、その背後で分離したクロムチェスター全機の一斉射撃を受け、怯んだ隙にシュトロームソードで斬り倒された。死体はアンノウンハンドの闇の中に取り込まれ、イズマエルとなった。

  • スーツアクター︰田辺信彦(6話)、相馬絢也(17、18、35話)
  • 強い生命力を持つ理由は、『ULTRAMAN』においてウルトラマン・ザ・ネクストに倒されたビースト・ザ・ワンの残留細胞の比率の高さのせいだと言われている[2]。またデザイナーはザ・ワンの核となる細胞が犬にとりついたものだと説明している[6]。書籍でも格上の存在(上級ビースト)と言及されている[1][12][3][14]
  • デザインは『ULTRAMAN』の前身となった企画『イエローアイズ』で描かれたケルベロスタイプモンスター(三つ首のドーベルマン)をアレンジしたもの[6]。三つ首のデザインはイヌの顔が二つに割れ脊髄が伸びたという想定によるもの[6]。当初は腕(前脚)がないデザインも描かれたが、アクションに主眼が置かれ腕のあるものが決定稿となった[6]
  • 第35話に登場したガルベロスは着ぐるみに修正が加えられている[15]。初代に比べてデザイン画に近い姿(中央の頭が前に伸びており、左右の目が白濁している)をしている。また、腕が若干短くなっている。
  • 椎名高志の漫画版でもネクサスの左腕に噛みつき苦戦させるが、パーティクル・フェザーの一撃で倒される。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するガルベロス[編集]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」第3話「大暴走!レイオニックバースト」に登場。

  • 体長:52メートル[16]
  • 体重:3万9千トン[16]
  • 出身地:不明[16]

ナックル星人(RB)に操られる。『ネクサス』同様に幻覚を見せる能力を持っており、相手の怪獣を幻覚で翻弄して追い詰めた後、自身の火炎弾で止めを刺す戦術を得意とする。

ゼットンの幻覚でゴモラを消耗させ、止めを刺すために姿を現すが、レイの怒りによってゴモラがレイオニックバーストに覚醒。パワーアップした超振動波の一撃を受けて倒された。

  • スーツアクター︰寺井大介
  • オープニングではベムスターと対決している。
  • 第3話の「大怪獣バトルファイル」ではこのガルベロスが取り上げられるが、この回のみ怪獣に詳しくないはずのクマノが特徴の詳細を解説し、クマノ自身も自身がガルベロスに関して詳しいことに違和感を覚える。また、第8話ではザラブ星人(NRB)がクマノをレイオニクスと勘違いしたときに、クマノが敬語でガルベロスを召喚しようとしている姿をイメージする。これらはクマノを演じる俊藤光利が、『ウルトラマンネクサス』でガルベロスを操っていた溝呂木眞也を演じていたことに由来する。
  • 着ぐるみは『ウルトラマンネクサス』で使用された物(2体目)と同一。[要出典]

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するガルベロス[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

怪獣墓場に流れ着いた魂がウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で復活[17]。ベリアルが操る怪獣軍団の1体となり、ウルトラ戦士たちに襲い掛かる。リトラと戦い、最後はウルトラマンゼロのキックを喰らって絶命する。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』までの流用。[要出典]

『ウルトラゼロファイト』に登場するガルベロス[編集]

ウルトラマン列伝』内のアクションドラマ『ウルトラゼロファイト』第1部「新たなる力」に登場。

  • 体長:52メートル[18]
  • 体重:3万9千トン[18]

バット星人グラシエが、ウルトラマンゼロを倒すために怪獣墓場から蘇らせた選りすぐりの強豪怪獣たちである地獄の四獣士の1体で、幻惑のガルベロスの二つ名を持つ。

四獣士の二番手として自身の作り出した幻覚世界にゼロを引きずりこみ、巨大化していないピグモンやグラシエと同じ大きさにまで縮ませて困惑させる。さらにストロングコロナゼロルナミラクルゼロの幻影(後述)を無数に生み出しゼロを精神的に追い込むも、ピグモンの言葉で吹っ切れたゼロのゼロスラッガーアタックにより幻覚世界ごと切り裂かれて絶命する。

その後、他の四獣士共々グラシエに魂を取り込まれるが、最終的にルナミラクルゼロによってグラシエの体内から解放・浄化されて昇天する。

  • 着ぐるみは『ウルトラ銀河伝説』までの流用。[要出典]

幻影ウルトラマンゼロ[編集]

地獄の四獣士となったガルベロスが幻影世界の中で作り出した幻影のゼロ。ストロングコロナゼロとルナミラクルゼロの幻影が登場する。姿は本物と全く同じだが、戦闘の際はガルベロスに似た鳴き声を出す。

最初にストロングコロナゼロの幻影が現れ、本物と同じエメリウムスラッシュやウルトラゼロランスを使用して本物のゼロと戦う。ウルトラキック戦法を姿を消してかわすなどしてゼロを翻弄し、続いてルナミラクルゼロの幻影も現れてゼロを苦しめるが、ピグモンの言葉で我に返った本物のゼロのゼロスラッガーで幻影ストロングコロナゼロが真っ二つに切り裂かれ消滅する。幻影ルナミラクルゼロは特に戦闘的な能力を使用しない。

  • スーツ自体は本物のストロングコロナゼロとルナミラクルゼロと同一。
  • 名称は『テレビマガジン』2012年10月号での表記より[要ページ番号]

ダークガルベロス(SD)[編集]

ウルトラマンギンガ』第7話「閉ざされた世界」に登場。

  • 身長:14センチ - 52メートル[19][20]
  • 体重:150グラム - 3万9千トン[19][20]

ガルベロスの暗黒強化種で[19]、黒と青を基調とした体色が特徴。口から放つ火炎弾や分身幻影能力などがさらに強化されているが[19]、前者は劇中未使用。元プロボクサーの大里剛がダークライブしており、戦闘は送電線をリングに見立てたボクシング形式で行われた。ウルトラマンギンガが登場してからは多くのスパークドールズたちが観客として声援を送り、ウルトラマンタロウ(SD)が審判役を務めるというコミカルな演出も見られる。タロウ曰く「宇宙の狂犬」。

時空の歪みにより敷地外へ出られなくなった降星小学校に突如として出現。ヒカルがウルトライブしたブラックキング(SD)と対決し、長い腕を活かしたパンチ攻撃で第1ラウンドを制する。しかしギンガが登場した第2ラウンドでは終始劣勢であり、分身幻影で3体に分身して幻惑しようとするも、ギンガもまた分身能力を使用。数百体の分身に取り囲まれ、動揺した隙を突かれて上空からギンガファイヤーボールを受けて倒される。

  • 演(大里剛):虎牙光揮
  • スーツアクター︰福島龍成
  • 脚本を担当した長谷川圭一は、多少でも新規怪獣の要素を出すためにアレンジしても苦情が出ないであろう平成怪獣を登場させた[21]
  • 送電線のリングで戦う描写は脚本にはなく、第7話監督の原口智生が大里の元ボクサーという設定から膨らませたもので、原口が映画『デスカッパ』で用いた手法を踏襲している[22]

その他の作品に登場するガルベロス[編集]

  • 『ウルトラマンフェスティバル2007』ライブステージ第2部では、ミイラ人間ゴドレイ星人メトロン星人と共にナイスを袋叩きにしようとするが、その場を誤魔化したナイスと4体で一緒に踊る一面も見せる。ダンスが済んだところでマンセブン、ネクサス、マックスメビウスが加わり、さらに今回のフェスティバルのプロローグでメビウスとヒカリを撃退したばかりのジオルゴンとエンディール星人も助太刀に入り、ステージは大乱闘となり、敗北する。
  • ウルトラゾーン』第9話アイキャッチでは、桃太郎の家来のイヌ役で登場[23][24][注釈 5]
  • よみうりランドで行われた「ウルトラマンゼロショー」ではダークザギに呼び出されウルトラマンゼロと戦う。
  • 『大怪獣バトル』のNEO第3弾に技カードとして登場。スキルは「強力な再生能力」。

ラフレイア[編集]

EPISODE.9「警告 -ワーニング-」、EPISODE.10「突入 -ストライク・フォーメーション-」に登場。英字表記はLAFLEYA[1][3]

  • タイプ:ブルームタイプビースト(Bloom =
  • 体長:55メートル
  • 体重:4万8千トン

巨大な花冠から黄色い可燃性ガスを含んだ花粉を放出する植物型のビースト。 花粉は付着すると瞬時に気化し超高熱を発する性質をもっている。また、花粉の密度は水素と同等であるため、無闇な攻撃は花粉を周辺地域に撒き散らし、粉塵爆発によって大惨事を招いてしまう。このため、ナイトレイダーはネクサスの出現を待ち、メタフィールド内でラフレイアを殲滅することを強いられた。一回目の出現時は不法投棄を行っていた廃品処理業者の人間を炭化させた後、地上へと出現。ネクサスによってメタフィールド内に送られるが、そこに現れたダークファウストによってフィールドがダークフィールドへと転換される。ラフレイアは巨人同士の戦いには介入せず、いつの間にか姿を消していた。二回目の出現時もメタフィールドへと送られた後、出現したファウストによってダークフィールド化される。今回はラフレイアも戦いに介入し、ファウストに羽交い絞めにされたネクサスへ花粉を浴びせるなどして苦戦させた。だが、和倉から攻撃管制を託された孤門がネクサスにアイコンタクトした後、弱点である花粉袋にストライクバニッシャーを発射。直撃を受けたラフレイアは粉塵爆発を起こして死滅。孤門の意を察していたネクサスは、肘打ちでファウストの拘束を解いて脱出しており、ファウストだけが爆風に巻き込まれて、大ダメージを受けて撤退した。

  • スーツアクター︰田辺信彦
  • 着ぐるみは『ウルトラマンガイア』に登場したレザイトの改造[6]
  • デザイン画の第1稿は直立二足歩行風のデザインであったが、「弱点の花粉袋を目立たせるため花を突き出した怪獣的なものに」という監督の阿部雄一の要望により、ゴルゴレムの前身としてデザインされていた岩怪獣ゴーラムのデザインラインを流用したものに修正された[6]。『ゴジラvsビオランテ』のビオランテに似せないことが意識され、花弁は『ウルトラマン』のガボラをオマージュしている[6]
  • 名前の由来は花の「ラフレシア」から。
  • 椎名高志のコミカライズ版では展開が繰り上げられ、ラフレイアの爆発に巻き込まれたことがダークファウスト=斎田リコの死因となった。
  • 「ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ」(『てれびくん』2011年7月号掲載分)ではウルトラマンゼロのゼロブレスレットを奪うため何者かに操られ光の国を襲撃する。

ノスフェル[編集]

EPISODE.11「人形 -マリオネット-」からEPISODE.17「闇 -ダークネス-」に登場。英字表記はNOSFERU[1][3]

  • タイプ:フィンディッシュタイプビースト
  • 身長:5 - 50メートル
  • 体重:3万9千トン(最大時)
  • 捕食方法:口から長い舌を出し、捕食する。

皮を剥かれて皮下組織が露出したネズミのような姿をしたビーストで、体の大きさを自由に変えることができる。劇中では主に溝呂木によって操られた。伸縮自在の長い舌と両手の鋭い爪が武器で、特に爪での斬撃はダークファウストの表皮をも貫き、致死させるほどの威力を持つ。生命力が強く、メガキャノンチェスターのメガキャノンバニッシャーや、ウルトラマンネクサスのクロスレイ・シュトロームを受けて爆発しても、短期間のうちに復活を遂げた。その秘密は口の中にある再生細胞であり、これを破壊しない限り何度でも蘇生・復活してしまう。殺した人間に自分の細胞を植え付けてビーストヒューマンとする事で自らの分身として操る能力があり、額から光線を発して人間を体内へ生け捕りにする事も可能。高い跳躍力を持っており、夜霧に紛れてのジャンプ移動でナイトレイダーを翻弄した事もある。

回想シーンでは溝呂木がダークメフィストと融合した頃から存在が確認されており、溝呂木と共にナイトレイダー隊員を殺害する映像が撮影されている。孤門がナイトレイダーに配属される半年前には斉田一家を襲撃、溝呂木と共に皆殺しにしている。第12話では溝呂木の命令でダークフィールド内に出現、孤門をかばったダークファウスト=斎田リコに致命傷を負わせるも、ネクサスに右腕の爪をアームドネクサスで消し飛ばされ、クロスレイ・シュトロームで倒される。しかし、再生器官によって復活し、孤門が動物園で知り合った山邑一家を襲撃。山邑夫妻をビーストヒューマンとして操る。凪から「ビーストへの憎しみを力に変えろ」と助言されていた孤門が発射したメガキャノンバニッシャーで倒されるが、ノスフェルは額に山邑理子を取り込んでおり、爆発に巻き込まれた理子は一命を取り留めるも重傷を負う。二度目の再生を遂げたノスフェルに対し、孤門は再び「憎しみの心で立ち向かう」事を決意していたが、理子を巻き込んだ件がフラッシュバックして動揺。攻撃することができず、石堀隊員を危険に晒した事で凪からも糾弾され、TLTを脱走する騒ぎを起こしてしまう。第16話の冒頭で再生器官の存在が発覚するが、孤門を欠いたナイトレイダーは苦戦を強いられ、舌攻撃で詩織が昏倒、和倉も腕に怪我を負わされてしまう。しかし、その場に戦う意志を取り戻した孤門とネクサスが合流した事で形勢逆転。最期はアンファンスに顎をこじ開けられた隙に、孤門の手で口中にディバイトランチャーを撃ちこまれ、再生器官を喪失。ジュネッスのオーバーレイ・シュトロームで完全にとどめを刺された。

  • スーツアクター︰永田朋裕
  • 着ぐるみは『ウルトラマンコスモス』に登場したバデータの改造[6]
  • デザインは『イエローアイズ』で描かれた1体が基になっており、改造元の着ぐるみに合わせてデザインされた[6]。「悪魔のような怪獣」という設定から魔女のような長い爪になっている[6]。体表は毛のないネズミをイメージしており[6]、酉澤自身もやり過ぎではないかと思っていたが[8]、脚本の長谷川圭一から血管や青筋を浮かび上がらせる案が出されさらにグロテスクさが増したという[6]
  • 名の由来は『ノスフェラトゥ』から。
  • DVD第4巻映像特典『Making of ウルトラマンネクサス4』では「これほどの憎まれ役を演じた怪獣もウルトラシリーズでは珍しい」と評されている。
  • 『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]ではザ・ワンの要素を受け継ぐ上級ビーストと記述されている。
  • 口の中の再生器官は、『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS NEO』では「体組織再生器官」と表記されている。

その他の作品に登場するノスフェル[編集]

  • ゲーム版では、赤黒い光弾と共に爪を振り下ろす「アームボウル」、光弾を投げつける「アームボウル・マキシマム」という劇中未使用の必殺技を持つ。
  • 『ウルトラマンネクサス・スペシャルショー〜ジュネッスブルー登場!〜』では孤門が変身したネクサス(アンファンス)と戦い苦しめるが、最後はクロスレイシュトロームに敗れる。
  • 『ウルトラマンフェスティバル2009』ではメトロン星人、メカザムと共にウルトラ戦士に猛攻撃を仕掛け倒す。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『てれびくん』2011年7月号掲載分)ではウルトラマンゼロのゼロブレスットを奪うため何者かに操られ光の国を襲撃する。
  • 『ウルトラマンフェスティバル2011』ではフック星人(2体)、ガンQベムスターと共に出現。
  • ウルトラマンギンガS』のパラレルワールドを舞台とした外伝短編小説「マウンテンピーナッツ」ではスパークドールズから実体化した怪獣として登場。次々と人々を捕食・虐殺してビーストヒューマンへと変貌させていったが、過激な環境保護NPO団体マウンテンピーナッツが怪獣保護活動を行っているためUPGが出動できず、自衛隊も「ビーストヒューマンを操るノスフェルは知性を持つ存在」と判断し迂闊に武力行使ができないのをいいことに、残虐の限りを尽くした。見かねた久野千草がギンガライトスパークでウルトラマン(SD)にウルトライブして立ち向かうが、持ち前の再生能力で30秒以上に渡るスペシウム光線の照射に耐え、数十発の八つ裂き光輪で四肢や首を切断されてもまだ生きていた。その傷ついた姿を見て哀れみの言葉をかけながら近づいてきたマウンテンピーナッツ日本支部総司令官の原動を額に取り込み人質としてしまうが、彼を救出しようと攻撃を始めたマウンテンピーナッツ戦闘員の一人が放ったスペシウム弾頭弾が額に命中し、原動が死亡したところをウルトラアタック光線で動きを止められ、ウルトラ念力で爆砕された。戦いの後、アンドロイド・ワンゼロがライブしていたことが判明する。

ビーストヒューマン[編集]

EPISODE.14「悪魔 -メフィスト-」、EPISODE.17「闇 -ダークネス-」、EPISODE.18「黙示録 -アポカリプス-」に登場。英字表記はBEAST HUMAN[3]

溝呂木やスペースビーストに殺害された人々がビーストの細胞を植え付けられた姿。

第14話では山邑夫妻がノスフェルに殺害された後、その細胞を植え付けられた。生前の記憶と知識を有していたらしく、当初は理子と薫に対して両親として振舞うものの、二人に木材を齧って歯を研ぐ事を強要するなど異常な言動も見せており、腕が徐々にノスフェルと同様の鉤爪に変貌を遂げていった。彼らは理子をノスフェルの元へと連れて行った際、ノスフェルの額から発せられた光線で肉塊となり、共に吸収されてしまった。

第17話では、ガルベロスの細胞に寄生された4人の大学生がビーストヒューマンと化してナイトレイダーを奇襲した。全員がパルスブレイガーの麻酔弾で鎮圧されるが、彼らはナイトレイダーと交戦する以前に殺害されていたので二度と目を覚ますことは無く、MPによって全員の死亡が確認されている。彼らは山邑夫妻のビーストヒューマンとは異なり、ゾンビのような奇怪な言動を見せているが、孤門からディバイトランチャーを奪い、発砲しようとする程度の知能も有している模様。

第18話では1年前、ナイトレイダー在籍時の溝呂木と凪が倉庫内で多数の警察官や民間人が変異したビーストヒューマンの襲撃を受けたことが描かれた。警察官が変異した個体は拳銃を所持し、その他の個体は鉄パイプで武装している。10体ほどの個体が2人からディバイトランチャーを奪って包囲したが、溝呂木が乱射したパルスブレイガーで射殺された。その後、ダークメフィストと融合した溝呂木の前に多数の個体が現れるが、倉庫の爆発に巻き込まれて焼死したと思われる。

  • 小説『マウンテンピーナッツ』ではノスフェルに殺された人々がビーストヒューマンと化し、人間からの攻撃を防ぐ盾として利用された。家族や恋人を殺されて絶望した者の中には、わざとノスフェルに殺されて愛する者と同じビーストヒューマンになる運命を選ぶ者すらいた。

アラクネア[編集]

EPISODE.18「黙示録 -アポカリプス-」、EPISODE.EX「詩織 -ロストメモリーズ-」に登場。英字表記はARAKUNIA[1][3]

  • タイプ:インセクティボラタイプビースト(Insectivore = 食虫動物)
  • 身長:2[1][3] - 13メートル
  • 体重:300キログラム[1][3][注釈 6] - 7500トン
  • 捕食方法:両腕の鋏で取り押さえて捕食。

溝呂木がナイトレイダーに所属していたころ、殲滅されたスペースビースト。一体がディバイトランチャーで倒された後、隠れていた二体目が出現。長い尻尾で凪のディバイトランチャーを弾き飛ばして窮地に陥れるが、気配を察知していた溝呂木が発射したディバイトランチャーによって撃破された。また、警官時代の詩織の前にも小型の個体が出現。地下駐車場で人間を捕食しており、駆けつけた詩織や高槻に襲い掛かるが、同時に到着したナイトレイダーに倒された。この際、毛の生えた背部を目撃した詩織はクマと誤認している。劇中ではネクサスと交戦する事は無かった。公式ホームページや関連書籍では、「嗅覚や聴覚が発達しているが、視覚は貧弱。特化した両腕の鋏で地中を掘ることも可能で、長い尾が武器[3]」と紹介されているが、劇中ではそれらの能力を発揮することはなかった。

フログロス[編集]

EPISODE.18「黙示録 -アポカリプス-」に登場。英字表記はFROGROS[1]またはFROGUROS[3]

  • タイプ:アンフィビアタイプビースト(Amphibia = 両生類)。
  • 身長:10メートル
  • 体重:8千トン

溝呂木がナイトレイダーに所属していたころに出現したスペースビースト。体内の油を気化させた火球を連続発射してナイトレイダーを苦戦させるが、溝呂木の陽動に気を取られた隙に凪、和倉、石堀の一斉射撃を受け、更に溝呂木、凪の手で至近距離からディバイトランチャーを撃ち込まれて絶命する。公式ホームページには「地上だけではなく、水中や地中でも活動することが可能」と記載されているが、劇中ではそれらの能力を発揮することはなかった。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するフログロス(B)[編集]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第7話「怪獣を呼ぶ石」に登場。

  • 身長:40メートル[28]
  • 体重:3万2千トン[28]

フログロス(B)と呼称される巨大な個体が登場。ブルトンに呼び出されレイとヒュウガを襲うが、リトラの火球を受けて倒される。

  • スーツアクター︰岩崎晋弥
  • 名前の(B)はBIG(大きい)を意味する[29]

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するフログロス(B)[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアルが操る怪獣軍団の1体となる[17]。他の怪獣軍団と共にウルトラマンメビウスを襲撃するが、メビウスのメビュームブレードで切り裂かれて倒される。

  • 着ぐるみは『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』と同一[要出典]

ゴルゴレム[編集]

EPISODE.19「要撃戦 -クロスフェーズ・トラップ-」からEPISODE.21「受難 -サクリファイス-」に登場。英字表記はGOLGOLEM[1][3]

  • タイプ:インビジブルタイプビースト(Invisible = 目に見えない) 
  • 体長:55メートル
  • 体重:5万トン
  • 捕食方法:管状の口「ゴルゴレムプロボセス」を使って、捕食。

全身が溶岩石のような甲殻で覆われた四足歩行タイプのビーストで、別の位相に移動して半透明状態となることができる。ただしメタフィールド内ではこの能力を使えない。別位相に逃げ込まれるとウルトラマンでも手出しできないが、姿を消しても自身のビースト反応が非常に強いため、居場所を特定することは比較的容易である。その力の源は背中にある水晶のような制御器官にあり、その部位を破壊されると位相間移動ができなくなる。武器として他にも管状の口吻「ゴルゴレムプロボセス」や、口吻から吐く火炎弾、全身の発光点から放つ雷に似た破壊光線を有する。再生能力にも優れ、口吻を切り落とされても数時間後には再生してしまう、発光器官を壊されても約400秒で再生し、破壊されるごとに再生時間を短縮するほどの適応能力も持つ。また自身の前方にバリアーを展開する事も出来、これによってメガキャノンバニッシャーの威力を半減させた。体の全身を覆っている甲殻は非常に強固でストライクバニッシャーですら通用しない。ネクサスとは3度も交戦し、ナイトレイダーも様々な作戦の展開や、新兵器の導入を余儀なくされた。

第19話で初登場した際には山中でネクサスと交戦。メタフィールドに送られた事で透明化を封じられて窮地に陥るが、ネクサスがガルベロス戦での負傷からオーバーレイ・シュトロームを撃ち損ねた為、その隙に攻撃を仕掛けてメタフィールドを突破、脱出する。その後、都市を囮にしたTLTの策によって別位相から温泉街へ侵攻しようとするも、メガキャノンチェスターが展開したクロスフェーズ・トラップによって発光器官を破壊され、実体化させられてしまう。しかし、その場に保呂草らがいた為にメガキャノンバニッシャーによる攻撃を期せずして回避する。第20話では保呂草を捕食した後にネクサスと交戦。火炎弾でネクサスの左肩を焼損させるが、パーティクル・フェザーでゴルゴレムプロボセスを切断されて逃亡した。温泉街へ到達する寸前にストライクバニッシャーを受けて倒れるが、発光器官が再生した事で再び別位相へ逃れる。その後、別位相から都市への再侵攻を図るが、実戦投入されたクロムチェスターδの攻撃で発光器官を破壊されて現実空間へ引き戻される。しかし、メガキャノンバニッシャーをバリアーによって耐え切り、その場に現れたネクサスと三度目の交戦に突入する。再びメタフィールドへ送られるが、姫矢の体力低下によってフィールドが崩壊、ストライクバニッシャーの直撃をもものともせず、フィールドの裂け目から都市へ侵攻を試みるも、セービングビュートで叩きのめされ、オーバーレイ・シュトロームを受けて、ようやく撃破された。

  • スーツアクター︰横尾和則、永田朋裕
  • 当初は『イエローアイズ』のワニモンスターをベースとした岩石怪獣のデザインで検討されていたが、この案はラフレイアのデザインラインに流用された[6]。その後、阿部雄一により「ムンクの叫びがねじれたイメージ」が提案されたが、この案は長谷川圭一の要望によりクトゥーラに転用され、最終的にアリクイにねじれを取り入れた岩石怪獣としてまとめられた[30][6]
  • 手の部分に下駄を持つことで、従来の着ぐるみ以上に四足獣らしい姿勢をとなっている[30]。膝をつかない四足歩行怪獣の実現は酉澤の念願であり、子供の頃に怪獣ごっこで杖を用いていた経験が活かされている[30]。デザイン時点では周囲から実現を疑問視されていたが、スーツアクターが造形に協力して作られたきぐるみは見栄えと動きやすさを兼ね備え、監督陣からも撮影がしやすいと好評であった[30]。この技法は後の四足歩行系怪獣の着ぐるみにも用いられるようになり、ライブステージでは歴代の四足歩行系怪獣も影響を受け、前足に下駄が入るように改造された。 
  • 着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』のグロマイトに改造された[10]
  • 映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、百体怪獣ベリュドラの体を構成する怪獣の1体となっている[31]。『ネクサス』出典の怪獣では唯一の選出となっている。

クトゥーラ[編集]

EPISODE.22「安息 -キュア-」からEPISODE.24「英雄 -ヒーロー-」に登場。英字表記はKUTUURA[1][3]

  • タイプ:フィンディッシュタイプビースト
  • 体長:55メートル
  • 体重:4万9千トン
  • 捕食方法:別位相に存在する空間「異形の海」から触手を伸ばし人を捕まえ、捕食。

エドヴァルド・ムンクの代表作『叫び』をモチーフに、イカタコ珊瑚などの海洋生物を合成したグロテスクな姿をしたビースト。悪意の竜巻[32]といわれる。巨大な触腕と鋏腕を持つほか、全身に備えた顔のような形状の穴から、無数の触手を放つ能力を持つ。触手は飛行中のチェスターを捕らえる速さと正確さ、パーティクル・フェザーでも切断できないほどの耐久力、ウルトラマンを締め上げるほどの怪力を併せ持ち、更に「異形の海」から特殊位相を跨いで現実世界を攻撃する能力を持つ。また、口のような形状の穴からは黒い煙を吐き出してネクサスを苦しめた。

当初は異形の海から姿を現さず触手だけを出現させて人間を捕食していた。捕食行為を妨害すべく出現したネクサスをも触手で捕縛するが、クロムチェスターの攻撃を受けて怯んだ隙に引き千切られてしまう。残った触手もパーティクル・フェザーでダメージを受けて異形の海へ姿を消した。複数の地点で人間を襲撃していたが、襲撃地点には溝呂木によるゲマトリア解釈法を利用した暗号が仕込まれており、新宿中央公園に異形の海へのゲートを開くことを示唆していた。第23話では地下で根来を襲撃し、再度ネクサスに阻まれるも、異形の海に侵入してきた満身創痍のネクサスを触手で縛りつけて黒煙で追撃、力尽きた彼を磔にしてしまう。更にストライクチェスターとクロムチェスターδを触手で捕らえてナイトレイダーをも窮地に陥れる。しかし溝呂木がまだナイトレイダー(正確には西条凪)を殺さないよう命令したため、触手を攻撃されて怯み、両機の脱出を許してしまう。結果、両機がハイパーストライクバニッシャーに合体して放ったウルティメイトバニッシャーを受け、消滅した。磔にしていたネクサスもセラの言葉で戦う気力を取り戻した姫矢が発動したコアファイナルにより、脱出に成功している。

  • スーツアクター︰永田朋裕
  • 着ぐるみは『ウルトラマンガイア』に登場したマザーディーンツの改造[6]
  • 脚本の長谷川圭一は当初タコのイメージで提案していたが、これにゴルゴレムのデザイン案で用いられたムンクの叫びをモチーフとした悪霊的なイメージを取り入れ、タコ以外にも様々な海洋生物の意匠を取り込んでまとめられた[30][6]。監督の北浦嗣巳は「舟盛り」と評している[6]

グランテラ[編集]

EPISODE.25「予兆 -プロフェシー 」からEPISODE.28「再会 -リユニオン-」に登場。英字表記はGRANTELLA[2][3]

  • タイプ:クラスティシアンタイプビースト(Crustacean = 甲殻類
  • 体長:53メートル
  • 体重:4万3千トン

サソリに似た外見のスペースビースト。チェスターの攻撃も受け付けない強い外骨格を持っている。鋭い鋏や長い尾、両手を合わせて発射する青白い光球、尾の先端や腹部に6つある気門から火球など多彩な攻撃手段を持つ。さらにダークフィールドGからエネルギーを補給することで追尾性のある火球を発射可能。姫矢消滅後に現れた初のビーストで、地底から人間を襲う。一度目の出現時はナイトレイダーを苦戦させるが、初変身を遂げた憐=ジュネッスブルーによってメタフィールドへ送られる。尾からの火球によってチェスターへの攻撃を庇ったジュネッスブルーの肩を負傷させるなど互角の戦いを繰り広げるが、バーティクルフェザーで怯んだ隙にとどめを刺されそうになる。だが、この際にはジュネッスブルーの力を試すために本気を出しておらず、直後出現したアンノウンハンドに回収される。二回目の出現時にはアンノウンハンドが展開したダークフィールドGの中で戦闘を行う。当初は気門からの火球によって優位に立つが、クロムチェスターγへ火球の狙いを定めている隙を狙われ、クロスレイ・シュトロームで倒される。だが、ダークフィールドGからのエネルギー補給により蘇生して反撃を開始。さらに腹部の気門から追尾性のある火球を連続発射するが、ジュネッスブルーの空中機動によって火球が相殺され、致命傷を与える事はできなかった。直後に空中からアローレイ・シュトロームを受け消滅した。

  • スーツアクター︰相馬絢也
  • 当初酉澤はフジツボとザリガニを複合したデザインを提案していたが、海の撮影が難しく[30]、また監督の小中和哉と脚本の太田愛の「牛若丸と弁慶のような戦い」を演出したいという意向もありサソリをモチーフとしたものに変更された[6]
  • 着ぐるみは『ウルトラマンマックス』のモエタランガに改造された[27]

バンピーラ[編集]

EPISODE.29「幽声 -コーリング-」に登場。英字表記はBANPIRA[2][3]

  • タイプ:アースロポッドタイプビースト(Arthropod = 節足動物
  • 体長:45メートル
  • 体重:4万トン
  • 捕食方法:口から白く発光する糸を吐き、人間を絡めとり捕食。

蜘蛛に似た外見を持つビースト。体からビースト振動波すらも反射する霧状の気体を放ち、自らの存在を隠蔽する。その他にも口や尾部から白く発光する強靭なを吐く。今まで他のビーストが食い殺してきた人間の悲鳴をビースト振動波で収集し、それを合成した特殊な波長の鳴き声で人間の意識や記憶を奪うこともできる。また、人間やウルトラマンに攻撃されそうになると自分の手足で地響きを起こし、霧状の気体を放ち逃げたり、口から糸を吐き人間を絡めとり捕食したりする。メタフィールドで戦闘し、ハイパーストライクチェスターのハイパーストライクバニッシャーを受け怯んだ隙にジュネッスブルーのアローレイ・シュトロームで倒される。

再生する個体を除くスペースビーストでは、初めて初戦で倒された。DVD8巻のディレクターズカット版では2回戦闘を行い、孤門を糸で絡めとって捕食しようとするも、ネクサスのセービングビュートで、失敗した。1戦目では逃走し、糸を使ってネクサスを縛り付け、2戦目ではメタフィールドで、ネクサスの片足に糸を巻き付け、引きずり回す攻撃もするが、ナイトレイダーの攻撃で切り離される。また、それに応じてネクサスとバンピーラの対決の様子も異なっており、テレビ放送でのエピソードでは霧に包まれていた状態が、途中から晴れており、「初戦でネクサスに倒された」ということになっている。

  • スーツアクター︰横尾和則、永田朋裕
  • 着ぐるみは『ウルトラマンコスモス』に登場したカオスバグの改造[6]。『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』のスコーピスで用いた人間のシルエットを隠す処理を発展させ、クモの脚の細さを強調している[30][6]
  • 『大怪獣バトル』のEX第5弾に技カードとして登場。スキルは「強靭な糸」。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『てれびくん』2011年7月号掲載分)ではウルトラマンゼロのゼロブレスットを奪うため何者かに操られ光の国を襲撃する。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するバンピーラ[編集]

特撮テレビ番組『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第5話「ベラルゴシティの罠」に登場。

  • 身長:45メートル[33]
  • 体重:4万トン[33]

ベラルゴシティの廃墟に潜んでいた。口や尾部から白い糸を出してゴモラを翻弄するが、超振動波を受けて倒れる。

  • スーツアクター︰相馬絢也、西村郎
  • 着ぐるみは『ウルトラマンネクサス』で使用された物と同一。[要出典]
  • オープニングではケルビムと対決する。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するバンピーラ[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル配下の怪獣軍団の1体となる[17]。怪獣墓場での戦いでウルトラセブンに襲い掛かるが、セブンに投げ飛ばされて爆散する。

  • 着ぐるみは『ネクサス』『大怪獣バトル』と同一。[要出典]

『ウルトラゾーン』に登場するバンピーラ[編集]

ウルトラゾーン』第11話「スフラン島の秘蜜 後編」に登場。

  • 体長:45メートル[34]
  • 体重:4万トン[34]

スフラン島に生息する怪獣で、バードンレッドキングと三つ巴の戦いを始める。口から吐く糸でレッドキングを縛り付けようとして逆に引っ張られるなど、やや劣勢気味であった。

リザリアス[編集]

EPISODE.30「観視者 -ウォッチャー-」に登場。英字表記はLIZARIAS[2][3]

  • タイプ:レプタイルタイプビースト(Reptile = 爬虫類
  • 体長:51メートル
  • 体重:3万6千トン

二足歩行する獣脚類のような外見を持つスペースビースト。口から吐く熱線を武器に、メタフィールド内部でネクサスと戦う。性質は極めて凶暴。喉に破壊光線の発生器官が存在する。パーティクル・フェザーで肩を傷つけられ、シュトロームソードで斬り捨てられあえなく敗退。だが、その際に残した鱗片が、アンノウンハウンドの手によってリザリアスグローラーへと進化することになる。

  • スーツアクター︰永田朋裕
  • ガルベロスやノスフェルに並ぶザ・ワンと連動する幹部怪獣の一体と位置づけられており[6]、『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]でもザ・ワンの要素を受け継ぐ上級ビーストと明記されている。
  • デザイン画での初期名はリザリオン[6]。デザインにあたっては、監督の八木毅から「あるべきものがなく余計なものがある異形」など多岐に渡るコンセプトが出されている[6]
  • 着ぐるみは『ウルトラマンコスモス』に登場したネルドラントIIの改造[6]

リザリアスグローラー[編集]

EPISODE.31「鳥 -バード-」に登場。英字表記はLIZARIAS GROLAR[2][3]

  • タイプ:レプタイルタイプビースト
  • 体長:51メートル
  • 体重:3万8千トン

ネクサスに倒されたリザリアスの鱗片を元に、アンノウンハンドが再生、進化させたもの。目が6個に増え、頭部にとさか、両肩に大きな角が生えていたり、胸の部分に熱線(色は、禍々しい紫に変化)を吐く第二の口が存在したりと、各部分がリザリアスよりも強力になっている。ストライクバニッシャーの直撃を受けても怯まないほどの防御力を身につけ、より凶暴で俊敏な動きになりながらも、ジュネッスブルーの攻撃パターンを読むなど狡猾さをも備えるようになり、ダークフィールドGにおいては格闘や第2の口による不意打ちで戦闘を優位に展開した。ジュネッスブルーが捨て身の突撃を仕掛けてくることを予測し、頭と胸、両方の口から同時に熱線を放って迎撃を試みるも、機転を利かせた凪がアビロックミサイルをジュネッスブルーの足下に撃ち込んだ為に回避されてしまう。すかさず二度目の熱線を放つも、それをかき消して飛んできたアローレイ・シュトロームによって両断され、消滅した。

  • スーツアクター︰永田朋裕

メガフラシ[編集]

EPISODE.33「忘却 -A.D.2004-」からEPISODE.35「反乱 -リボルト-」に登場。英字表記はMEGAFLASH[2][3]

  • タイプ:ノーチラスタイプビースト(Nautilus = オウムガイ
  • 体長:55メートル
  • 体重:3万9千トン
  • 捕食方法:虹色の波動「無重力光線」を発生させ、それによって隔離空間に吸い上げた人間を捕食する。

劇中で初めて市街地に出現したスペースビースト。アメフラシオウムガイなどの海洋生物が合体したような姿をしている。捕食の際に使う虹色の光は一定以上のエネルギーを持った光、つまりナイトレイダーの使用するビーム兵器やウルトラマンの光線技をも無効化することが確認され、第34話ではフェーズシフトウェーブを無効化、劇中初の市街地戦へと持ち込んだ。巻き貝状の体から生えた羽根のような突起物からの放電攻撃や巨体による押しつぶし、全身を回転させての体当たりなどで攻撃する。出現当初は空中浮遊しているが、地上を走行したり、地中に潜行することも可能。浮遊している時と、地上にいる時では体の向きが逆になる。

ネクサスとは三度にわたって交戦。1戦目は痛み分けに終わり、2戦目は空中戦の末にアンファンスを撃墜するも、クロムチェスター全機からの実弾火器による一斉射撃とアンファンスのスピニングクラッシュキックで傷つき、地中深くに逃げる。3戦目ではガルベロスと組んでジュネッスブルーと戦うが、2戦目のダメージが回復しきっていなかったために虹色の光が使えず、押し潰し攻撃などでガルベロスを援護する。ミサイル攻撃でガルベロスと分断された後は、ハイパーストライクチェスターと交戦、しかし、放電攻撃はミサイルに防がれ、さらにハイパーストライクバニッシャーが殻を貫通して直撃・絶命する。その死体は、ガルベロスと共にアンノウンハンドに取り込まれ、イズマエルと化した。

  • スーツアクター︰永田朋裕
  • 脚本の村井さだゆきと監督の阿部雄一の案により貝がモチーフとなった[6]
  • 『大怪獣バトル』のEX6弾に技カードとして登場。スキルは「異次元空間」で効果は「3ラウンドの間、相手の必殺技を半分にする」である。
  • 椎名高志の漫画版では本編とは違い、アローレイシュトロームで倒されている。

イズマエル[編集]

EPISODE.36「決戦 -フェアウェル-」に登場。英字表記はEZMAEL[2][3]

  • タイプ:フィンディッシュタイプビースト
  • 体長:60メートル
  • 体重:6万トン

過去に出現したあらゆるビーストの攻撃能力を持つ究極かつ最強のスペースビースト。今までにネクサスとナイトレイダーによって倒されたビースト(フログロス、アラクネア、バグバズングローラー、バグバズンブルードを除く)と『ULTRAMAN』のビースト・ザ・ワンに、さらにジュネッスブルーとナイトレイダーとの戦いで倒されてアンノウンハンドの闇の中に吸収されたガルベロスとメガフラシの死体を加えた12体が融合して誕生した。頭部は爬虫類型のオリジナル、左肩がグランテラとリザリアスグローラーの頭部、右肩がメガフラシとノスフェルの頭部、尻尾の先端がグランテラの尾、首筋から尾の先端までの部分(背中)がガルベロス、胴体はザ・ワン、胸がバンピーラの顔、腹部がクトゥーラの顔、右腕はノスフェルの腕とラフレイアの花弁、左腕はゴルゴレムの頭部、右足膝にペドレオンの頭部、左足膝がバグバズンの頭部で構成されている。また、各ビーストの頭部がそれぞれ固有の鳴き声を発する。

全身のスペースビーストの頭部から破壊光線、火炎、糸などを放射する能力がある。また、右腕からは可燃性の花粉を噴出し、左腕からはゴルゴレムプロボセスを伸ばし、メガフラシの頭部から放電する能力がある。

戦闘においてはその強大な能力でネクサスを圧倒する。援護に入ったクロムチェスターをも全機撃墜し[注釈 7]、動揺したジュネッスブルーをノスフェルの爪による猛攻で追いつめ、一度は戦闘不能にするが、再起したジュネッスブルー渾身のオーバーアローレイ・シュトロームで倒される。

  • スーツアクター:横尾和則[13]
  • デザイナーによると「ガルベロスが全てのビーストと融合し、元のザ・ワンへと戻ろうとした姿」とのことである[6]
  • 一部のビーストの頭部はそれぞれの着ぐるみからの流用[6]
  • 児童誌[要文献特定詳細情報]では「アローレイ・シュトロームやシュトロームソードも通じなかった」とある。
  • スーツアクターの横尾によると着ぐるみのサイズが大きかったことから、高下駄を履いて着ぐるみに入っており、演じるのが大変だったとして印象に残った役に挙げている[13]
  • その他に登場するイズマエル
    • 『ウルトラマンフェスティバル2005』のライブステージ第2部では突如現れ、コスモス(エクリプスモード)、初代ウルトラマン、ウルトラマンジャックを苦しめるが助けに現れたウルトラマンマックスに敗れる。
    • 『ウルトラマンスタジアム』で行われた「蠢く闇の渦 煌く光の絆」ではペドレオン、バグバズンが倒されると出現し、ネクサス(ジュネッスブルー)、初代ウルトラマン、セブン、ゾフィーを苦しめる。

バグバズングローラー[編集]

EPISODE.EX「詩織 -ロストメモリーズ-」に登場。英字表記はBUGBUZUN GROLAR[2]またはBUGBUZUN GROOLER[3]

  • タイプ:インセクトタイプビースト
  • 体長:53メートル[2][3][35]
  • 体重:3万5千トン[2][3][35]
  • 捕食方法:人間を食べたバグバズンブルードを口から出る触手で捕まえ、捕食。

前に出現したバグバズンの別個体でより進化したビースト[2][3][35]。その姿はバグバズンとは異なり、全身に無数の角が生え、腕はカマキリのように発達した爪に変じている。体表の強度はバグバズンの3倍であり、ストライクバニッシャーをも容易に防ぐ。ダークフィールド内でアンノウンハンドに力を与えられるも、ナックレイジェネレードで倒される。

  • スーツアクター︰横尾和則
  • 着ぐるみはバグバズンの改造[6]。当初はバグバズンが登場した後にバグバズンの着ぐるみを改造した女王ビーストが登場する予定であったが、効率が悪いために既存の着ぐるみを改造したバグバズンブルードを登場させる形に変更された[6]

バグバズンブルード[編集]

EPISODE.EX「詩織 -ロストメモリーズ-」に登場。英字表記はBUGBUZUN BLUDE[2]またはBUGBUZUN BROOD[3]

  • タイプ:インセクトタイプビースト
  • (通常時)
  • (巨大化時)
  • 捕食方法:口から発する催眠ガスで人間を眠らせて誘拐し、捕食。

バグバズングローラーの眷属。昆虫のクチクラに似た体構造を持つ。武器はあらゆる物を切り裂く手足の爪。

別名・昆虫人間。連続行方不明事件の犯人であり、頭部の共鳴腔によりビースト振動波を変換・相殺し、ロングフードの衣服を身に纏って人間(ヒューマンフェイク)に擬態していた。人間を捕食する際に使うガスは甘い匂いを放ち、獲物を逃がしたときに獲物を見つけ出すためのマーカーの役割を果たす。人間を捕食した後、親であるバグバズングローラーに食われることでその栄養となる。このため、個体数は数十から数百匹存在する。詩織の友人・表秋子を誘拐して捕食しようとしたところを千樹憐と詩織に発見されて一時撤退した後、上述のマーカーの効果により再び襲撃するも、憐と詩織、詩織の元同僚の高槻により阻まれる。

その後、1体がアンノウンハンドにより巨大化させられ、ジュネッスブルーと交戦する。この個体は逃走時に野々宮瑞生を負傷させたことで憐の怒りを買っていたうえ、高槻の「(秋子を襲撃した犯人を)ぶん殴ってやる」という願いに応えたジュネッスブルーのジェネレードナックルを受ける。ジュネッスブルーはさらに決め技としてアローレイシュトロームを発射しようとするが、急激に巨大化した影響で巨体を維持できなくなり、自滅してしまう。

『ウルトラマンX』に登場するバグバズンブルード[編集]

ウルトラマンX』第20話「絆 -Unite-」に登場。

早朝に新宿の地下駐車場にて大群で出現。最初に発見された個体はジオブラスターのパラライザーモードで鎮圧されたうえ、ガオディクションによる解析で「攻撃」と「捕食」の感情しか探知されなかったために大空大地隊員から駆除判断が下され、多数がジオブラスターで殲滅される。橘さゆり副隊長が民間人の女性を救出中に出現した個体は駐車場を崩落させて2人を瓦礫の下敷きにし、さらにもう1体が出現して橘に襲いかかるが、デュナミストとして覚醒した彼女がウルトラマンネクサス アンファンスに変身し、アンファンスパンチで2体を圧殺する。その日の午後、生き残っていた1体がダークサンダーエナジーを浴び、両肩にビースト・ザ・ワンに酷似した角を生やししつつ巨大化し、地上のビル街で暴れ始める。鋭い爪と怪力に加え、ビルの屋上に飛び乗るほどの身軽さでウルトラマンエックスを圧倒するが、再び橘が変身したネクサス ジュネッスのフェーズシフトウェーブによってメタフィールドへ封じ込められる。フィールド内ではエックスとジュネッスの同時攻撃に追い詰められ、最後はエクシードXのエクスラッガーショットとジュネッスのオーバーレイ・シュトロームの同時攻撃を受けて爆散し、倒される。

  • スーツアクター︰新井宏幸
  • 『ウルトラマンX』公式サイトでは「バグバズンブルー」と表記されている[36]
  • 第20話を監督したアベユーイチ(阿部雄一名義)は、バグバズンブルードが強そうに見えないことから序盤ではビルの上に立たせたり、巨大化時に角を生やすなどしている[38]
  • スーツはオリジナルのものが修繕された[25]。強化後の角はアラクネアのものが移植された[25]
  • アンファンスに拳で潰される描写や新宿での戦闘は、『ネクサス』をオマージュしたものである[38]
  • ウルトラマンジード』第11話には、伏井出ケイを監視する秘密組織AIBの異星人職員たちの1人として、頭部がこのバグバズンブルードに酷似したドーブル星人が登場している。

ゼロ[編集]

映画『ULTRAMAN』のDVD付属冊子「『"N" THE OTHER』ACT3 復活 -レザレクション-」に名前が登場。

来訪者たちが地球人へ警告を促した翌年に出現した小型ビーストであり、時系列的にはザ・ワン以前に出現したことになる。アメリカ・コロラド州牧場の牛や馬を次々と変死させる事件を起こすが、それを知ったアメリカ政府の手で排除され、軍による徹底した情報操作が行われる。その存在は、来訪者たちの警告が真実であることを証明するものでもあった。

本編には名前や姿が登場していないものの、根来とUFO研究家3人組の会話では、ゼロらしきビーストの話がわずかに言及されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第29話では、他ならぬザギ=石堀によってそのことが語られる。
  2. ^ DVD『ウルトラマンネクサス』Volume9 作品解説書より。ただし、『ウルトラマンネクサス ヒーローピクトリアルvol.2』では「Xニュートリノに紛れ、光量子情報体として飛来したビースト因子が、生命体などに憑依・実体化した姿がスペースビーストである」と記されている[5]
  3. ^ ビースト・ザ・ワンの要素を取り込んだカラス型のビーストなど[6]
  4. ^ 書籍では、バグバズングローラーと同じ「53メートル」と記載している[1][12][3][11]
  5. ^ キジ役はバードン、サル役はM1号である。
  6. ^ 『宇宙船 YEAR BOOK 2006』では「330キロ」と記載している[12]
  7. ^ 最初に和倉のβと石堀&詩織のγ、次に凪のαが撃墜された。残された孤門のδはイズマエルに攻撃を加えるも撃墜されてしまう。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ヒーローピクトリアル1 2005, pp. 58-62, 「スペースビースト図鑑」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r ヒーローピクトリアル2 2005, pp. 56-60, 「スペースビースト図鑑」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al ネクサス&マックス 2006, pp. 22-24, 「スペースビースト」
  4. ^ hicbc.com:ウルトラマンネクサス”. 2014年9月24日閲覧。
  5. ^ ヒーローピクトリアル2 2005, p. 57.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ヒーローピクトリアル2 2005, pp. 61-68, 「DESIGN WORKS」
  7. ^ ネクサス&マックス 2006, p. 37.
  8. ^ a b c d e ヒーローピクトリアル2 2005, p. 68, 「酉澤安施インタビュー」
  9. ^ ネクサス&マックス 2006, p. 40.
  10. ^ a b 「メビウス怪獣造型担当者リスト」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、85頁。ISBN 978-4-257-03745-3
  11. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 313.
  12. ^ a b c 宇宙船YEAR BOOK 2006』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2006年4月20日、30-31頁。ISBN 4-257-13086-5
  13. ^ a b c 取材・浮間舟人「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」、『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』3月号、角川書店、2008年3月、 139頁。
  14. ^ 『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]
  15. ^ ヒーローピクトリアル2 2005, p. 48, 「菊地雄一インタビュー」.
  16. ^ a b c 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2017年1月29日閲覧。
  17. ^ a b c ウルトラ銀河伝説超全集 2009, pp. 55-56
  18. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 379.
  19. ^ a b c d 登場キャラクター ウルトラマンギンガ 公式インフォメーション”. 2017年3月5日閲覧。
  20. ^ a b ギンガS超全集 2015, p. 57, 「ウルトラマンギンガ怪獣大図鑑」
  21. ^ Blu-ray『ウルトラマンギンガ 3』(バンダイビジュアル BCXS-0789)封入 作品解説書 SPARK NOTES Vol.3。
  22. ^ 「ウルトラマンギンガ メイキング解説」、『宇宙船』Vol.143、ホビージャパン2013年、 88頁、 ISBN 978-4-7986-0727-6
  23. ^ 「ウルトラゾーン公式ガイドブック」(ミリオン出版)p.67
  24. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 59, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション4」.
  25. ^ a b c Blu-ray『ウルトラマンX Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-1027)封入 SPECIAL NOTES(構成・執筆:ガイガン山崎、島崎淳)「EPISODE GUIDE 第20話」
  26. ^ 『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』パンフレット 2017年2月23日発行 編集:小学館てれびくん編集部」 編集・発行:松竹株式会社事業部
  27. ^ a b 「マックス造型担当者リスト」『ウルトラマンマックス マックス!マックス!マックス!怪獣大画報』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクション〉、2006年10月30日、75頁。ISBN 4-257-03735-0
  28. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル. 2017年1月29日閲覧。
  29. ^ 『ウルトラマンオフィシャルデータファイル』[要文献特定詳細情報]での解説より
  30. ^ a b c d e f g 「スペースビースト解体新書」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 32頁、 雑誌コード:01843-05。
  31. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 79, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  32. ^ DVD『ウルトラマンネクサス』Volume6 作品解説書より。
  33. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル. 2017年1月29日閲覧。
  34. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 384.
  35. ^ a b c d e f g 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 316
  36. ^ a b c d e ヒーロー&怪獣 ウルトラマンX(エックス)公式サイト”. 2017年3月9日閲覧。
  37. ^ a b c d X超全集 2016, p. 45, 「ウルトラマンX怪獣大図鑑」
  38. ^ a b 特撮秘宝3 2016, pp. 149-152, 取材・文 トヨタトモヒサ「INTERVIEW 『ウルトラマンネクサス対談』長谷川圭一×アベユーイチ

参考文献[編集]

関連項目[編集]