太田愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 愛(おおた あい、1964年9月2日[1] - )は日本脚本家小説家香川県高松市出身。

来歴[編集]

人物[編集]

作風[編集]

ウルトラシリーズでは、怪獣を中心に物語を発想し、執筆中は怪獣の気持ちを考えている[1]。そのため怪獣の名前が決まらないと筆を進めることが出来ないという[1]

人類に敵意をもたない異星人怪獣が数多く登場(例:ウルトラマンティガのマスコット小怪獣デバンやウルトラマンダイナの瑠璃色宇宙人ラセスタ星人等)し、その為ウルトラマンが怪獣や異星人を倒すという、いわゆる王道の図式ではないストーリーが非常に多い。そんな中で、明確な敵が存在する『ウルトラマンガイア』初期には防衛チームの人間ドラマのみで構成し他の作品では多くを語る怪獣の代わりに「触手のある隕石」(光熱魔石レザイト)を出してお茶を濁した(ガイア後半には地球怪獣と侵略者の対立が持ちこまれ、太田は地球怪獣中心に脚本を書く)。登場する怪獣に本編に出てこない正式名称が存在する場合もある(デバンダデバン、オビコボウシ、シーラキートなど)。

ウルトラマンコスモス』では第13・14話「時の娘」前後編とグラルファンの登場する第57話「雪の扉」の計3本を執筆した他、過去シリーズの人気怪獣再登場が特徴の『ウルトラマンメビウス』で手がけたのは、ほとんどが新怪獣がメインで登場する話である(マケット怪獣のウィンダムや暗黒四天王の1人としてメフィラス星人が登場、また怪獣ではないが第45話「デスレムのたくらみ」では、ウルトラマンジャックがゲストとして登場する)。

敵意を持たない敵が多いとされるが、実際凶悪な敵もかなり登場する。傾向としてはイルドやエノメナの様に人心を操り、人の絆を壊す存在である場合が多い。そして「人の絆」がキーになっている話が多く見られ、テレビドラマ『TRICK2』『相棒』などにおいてもストーリー上の整合性やトリック・アリバイなどの細部のディティールには粗も目立つが、それよりも事件の背景や犯罪者の動機など、「人間を描く」ことを重視する作風は踏襲されている。

小説[編集]

  • 犯罪者 クリミナル(2012年9月 角川書店【上・下】)
  • 幻夏(2013年10月 角川書店)
  • サイレン(2015年6月 集英社「小説すばる7月号」掲載)
  • 天上の葦(2017年2月 角川書店【上・下】))

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

特撮[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「「INTERVIEW 脚本家 太田愛」」『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、39頁。雑誌コード:01844-04。
  2. ^ アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]