太田愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 愛(おおた あい、1964年9月2日[1] - )は日本脚本家小説家香川県高松市出身。

略歴[編集]

  • 小劇団で10年ほど脚本を担当した後、1997年に『ウルトラマンティガ』第21話「出番だデバン!」でテレビ脚本家としてデビューした[1]。当時は塾講師をしながら合間をぬって脚本を執筆していた。
  • 映像作品への参加を志望していたことから、筑摩書房実相寺昭雄の本を担当した先輩から円谷プロダクションへの参加を勧められ、プロデューサーの笈田雅人へプロットを提出し「出番だデバン!」が採用された[1]
  • ウルトラマンネクサス』では同作品でシリーズ構成を担当した長谷川圭一の要望により第3クールのメインライターを担当した。
  • テレビドラマ『相棒』にseason8より参加。season10からseason12まで3年連続で元日スペシャルを担当した。  
  • 2012年、『犯罪者 クリミナル』を角川書店より上梓。小説家デビュー。(2017年、文庫化に際して『犯罪者』と改題)
  • 2013年相棒公式サイトによるファン投票『あなたが選ぶ「相棒セレクション」』でseason10元日SP『ピエロ』が第1位になる。
  • 2014年、『幻夏』で第67回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)の候補になる。
  • 2017年相棒劇場用映画4作目となる『相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』の脚本を担当。
  • 2017年2月、『天上の葦』を角川書店より上梓。『犯罪者 クリミナル』『幻夏』に続く長編クライムサスペンスシリーズ三作目。現在のジャーナリズムへの危機感を戦時中の言論統制と重ね合わせて描いた本作には、森友学園問題をきっかけに注目を集めた「忖度」も物語の鍵として予見的に登場し、その「預言的な内容」(江上剛[2])や「不気味なリアリティ」(千街晶之[3])がwebや各紙で話題となり[4][5]、2017年「上半期の要注目作」(村田雅幸[6])との評価もある。太田は、雑誌『ダ・ヴィンチ』掲載の著者インタビュー[7][8]で本作執筆の動機について、「今書かないと手遅れになるかもしれない」と思ったと語っている。

作風[編集]

  • ウルトラシリーズでは、怪獣を中心に物語を発想し、執筆中は怪獣の気持ちを考えていた[1]。そのため怪獣の名前が決まらないと筆を進めることが出来なかったという[1]
  • 人類に敵意をもたない異星人怪獣が数多く登場(例:ウルトラマンティガのマスコット小怪獣デバンやウルトラマンダイナの瑠璃色宇宙人ラセスタ星人等)し、その為ウルトラマンが怪獣や異星人を倒すという、いわゆる王道の図式ではないストーリーが非常に多い。そんな中で、明確な敵が存在する『ウルトラマンガイア』初期には防衛チームの人間ドラマのみで構成し他の作品では多くを語る怪獣の代わりに「触手のある隕石」(光熱魔石レザイト)を出してお茶を濁した(ガイア後半には地球怪獣と侵略者の対立が持ちこまれ、太田は地球怪獣中心に脚本を書く)。登場する怪獣に本編に出てこない正式名称が存在する場合もある(デバンダデバン、オビコボウシ、シーラキートなど)。
  • 敵意を持たない敵が多いとされるが、実際凶悪な敵もかなり登場する。傾向としてはイルドやエノメナの様に人心を操り、人の絆を壊す存在である場合が多い。そして「人の絆」がキーになっている話が多く見られ、テレビドラマ『TRICK2』『相棒』などにおいてもストーリー上の整合性やトリック・アリバイなどよりも事件の背景や犯罪者の動機など、「人間を描く」ことを重視する作風は踏襲されている。

人物[編集]

小説・エッセイ[編集]

小説[編集]

  • 犯罪者 クリミナル(2012年9月 角川書店【上・下】→2017年1月『犯罪者』と改題して角川文庫
  • 幻夏(2013年10月 角川書店)
  • サイレン(2015年6月 「小説すばる」7月号掲載 集英社)
  • 天上の葦(2017年2月 角川書店【上・下】)

エッセイ[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 美少女H 「color girl」「夏の百合」
  • 美少女H2 「Please Mr.Tomorrow」
  • 金曜エンタテイメント ほんとにあった怖い話2 「遠い夏」
  • 私を旅館に連れてって
  • ココだけの話
  • TRICK2 episode3(第6話、第7話)「サイ・トレイラー」
  • 相棒シリーズ(2009年-、テレビ朝日
    • season8(2009 - 2010年) #2「さよならバードランド」、#3「ミス・グリーンの秘密」、#11「願い」、#14「堕ちた偶像」
    • season9(2010 - 2011年) #3「最後のアトリエ」、#5「運命の女性」、#13「通報者」
    • season10(2011 - 2012年) #3「晩夏」、#10「ピエロ」(元日スペシャル)
    • season11(2012 - 2013年) #3「ゴールデン・ボーイ」、#11「アリス」(元日スペシャル)
    • season12(2014年)#10「ボマー」(元日スペシャル)
    • season13(2014 - 2015年)#8「幸運の行方」、#14「アザミ」
    • season15 (2017年) #13「声なき者~籠城」、#14「声なき者~突入」
    • season16 (2017年) #3「銀婚式」、#10「サクラ」(元日スペシャル)
  • 警視庁捜査一課9係 Season 7 #7「穏やかな死体」

映画[編集]

特撮[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 「「INTERVIEW 脚本家 太田愛」」『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、39頁。雑誌コード:01844-04。
  2. ^ 「江上剛「今週のイチ押し」」『『アサヒ芸能』第72巻23号』 徳間書店2017年6月22日、92頁。雑誌コード:20014-6/22。
  3. ^ 「「ミステリレビュー」」『『週刊文春』四月六日号』 文藝春秋2017年4月6日、146頁。雑誌コード:20401-4・6。
  4. ^ 「「日本一の書評」」『『週刊現代』四月十五日号』 講談社2017年4月15日、121頁。雑誌コード:20643-4/15。
  5. ^ 「「bookwormの読書万巻」」『『週刊新潮』3月30日号』 新潮社2017年3月30日、123頁。雑誌コード:20315-3/30。
  6. ^ 【エンタメ小説月評】2017年4月20日”. YOMIURI ONLINE. 2017年6月26日閲覧。
  7. ^ 「「こんげつのブックマーク④EX」」『『ダ・ヴィンチ』2017年5月号』 KADOKAWA2017年3月30日、54-55頁。雑誌コード:05987-04。
  8. ^ 「今書かないと手遅れになる」 社会を根底からくつがえす最大最悪の犯罪と陰謀とは?”. ダヴィンチ・ニュース. 2017年5月20日閲覧。
  9. ^ 「bookmark vol.133「鬼たちのこと」」『小説現代 2013年2月号』 講談社2013年2月1日、640-641頁。雑誌コード:04757-02。
  10. ^ 『映画秘宝オールタイム・ベスト10』 洋泉社2017年6月6日、49頁。雑誌コード:69052-26。
  11. ^ 『映画秘宝EX 最強ミステリ映画決定戦』 洋泉社2016年9月3日、51頁。雑誌コード:69051-47。
  12. ^ 「「忖度と介入 憲法施行七十年に寄せて」」『『世界』2017年6月号』 岩波書店2017年6月1日、36-45頁。雑誌コード:05501-06。
  13. ^ 介入と忖度――『相棒』『ウルトラマン』の脚本家・太田愛さんとの対談(『世界』6月号)”. 水島朝穂公式サイト「平和憲法のメッセージ」. 2017年6月25日閲覧。
  14. ^ 『「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」プログラム』 東映(株)事業推進部、2017年2月21日
  15. ^ アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]