大藪春彦賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大藪春彦賞(おおやぶはるひこしょう)は、大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞[1]ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。賞金は500万円。略称は大藪賞

本賞が第20回を迎えるのを記念し、大藪春彦新人賞が創設される[2]

受賞作一覧[編集]

年は発表年。

第1回 - 第10回[編集]

回(年) 受賞・候補作 著者 初刊
第1回(1999年) 受賞 『漂流街』 馳星周 1998年9月 徳間書店
候補 『幻の女』 香納諒一 1998年6月 角川書店
『ディール・メイカー』 服部真澄 1998年9月 祥伝社
『狂気の父を敬え』 鈴木輝一郎 1998年8月 新潮社
海賊モア船長の遍歴 多島斗志之 1998年7月 中央公論社
第2回(2000年) 受賞 亡国のイージス 福井晴敏 1999年8月 講談社
候補 最悪 奥田英朗 1999年2月 講談社
『トウキョウ・バグ』 内山安雄 1999年3月 毎日新聞社
千里眼 松岡圭祐 1999年6月 小学館刊
『カラス』 小川竜生 1999年9月 徳間書店
第3回(2001年) 受賞 『スリー・アゲーツ 三つの瑪瑙』 五條瑛 1999年12月 集英社
候補 ミッドナイトイーグル 高嶋哲夫 2000年4月 文藝春秋
『無間地獄』 新堂冬樹 2000年5月 幻冬舎
『炎の影』 香納諒一 2000年9月 角川春樹事務所
『棘』 鳴海章 2000年9月 徳間書店
第4回(2002年) 受賞 『邪魔』 奥田英朗 2001年4月 講談社
候補 赤・黒 池袋ウエストゲートパーク外伝 石田衣良 2001年2月 徳間書店
『ZERO』【上・下】 麻生幾 2001年8月 幻冬舎
『虚貌』 雫井脩介 2001年9月 幻冬舎
第5回(2003年) 受賞 『ハルビン・カフェ』 打海文三 2002年4月 角川書店
候補 『漂流トラック』 安東能明 2001年10月 新潮社
GOTH リストカット事件 乙一 2002年7月 角川書店
『溝鼠』 新堂冬樹 2002年4月 徳間書店
『ニューナンブ』 鳴海章 2002年6月 講談社
第6回(2004年) 受賞 『ワイルド・ソウル』 垣根涼介 2003年8月 幻冬舎
『太平洋の薔薇』【上・下】 笹本稜平 2003年8月 中央公論新社
候補 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 2003年2月 祥伝社〈ノン・ノベル〉
『BT'63』 池井戸潤 2003年6月 朝日新聞社
『国籍不明』【上・下】 麻野涼 2003年7月 講談社
第7回(2005年) 受賞 犯人に告ぐ 雫井脩介 2004年7月 双葉社
候補 『ポリスマン』 永瀬隼介 2003年12月 幻冬舎
『最終退行』 池井戸潤 2004年2月 小学館
グラスホッパー 伊坂幸太郎 2004年7月 角川書店
『警視庁鑑識課 鎮静剤』 北林優 2004年9月 徳間書店
第8回(2006年) 受賞 『遠くて浅い海』 ヒキタクニオ 2005年9月 文藝春秋
候補 『震災列島』 石黒耀 2004年10月 講談社
『腐蝕の王国』【上・下】 江上剛 2005年5月 小学館
『サバイバー・ミッション』 小笠原慧 2004年10月 文藝春秋
『交戦規則ROE』 黒崎視音 2005年8月 徳間書店
第9回(2007年) 受賞 『蒼火』 北重人 2005年11月 文藝春秋
TENGU 柴田哲孝 2006年7月 祥伝社
候補 『デッドライン』 建倉圭介 2006年7月 角川書店
ストロベリーナイト 誉田哲也 2006年2月 光文社
『導火線』 松浪和夫 2006年9月 徳間書店
第10回(2008年) 受賞 サクリファイス 近藤史恵 2007年8月 新潮社
『すじぼり』 福澤徹三 2006年11月 角川書店
候補 『エスピオナージ』 麻生幾 2007年8月 幻冬舎
『孤独なき地 K・S・P』 香納諒一 2007年3月 徳間書店
『誓いの夏から』 永瀬隼介 2007年2月 光文社

第11回 - 第20回[編集]

回(年) 受賞・候補作 著者 初刊
第11回(2009年) 受賞 『路傍』 東山彰良 2008年2月 集英社
候補 『聖域』 大倉崇裕 2008年4月 東京創元社
『ライオンの冬』 沢木冬吾 2008年3月 角川書店
『無人地帯』 永瀬隼介 2008年9月 徳間書店
ジョーカー・ゲーム 柳広司 2008年8月 角川書店
第12回(2010年) 受賞 『約束の地』 樋口明雄 2008年11月 光文社
『龍神の雨』 道尾秀介 2009年5月 新潮社
候補 『脇役スタンド・バイ・ミー』 沢村凛 2009年4月 新潮社
風の中のマリア 百田尚樹 2009年3月 講談社
ハング 誉田哲也 2009年9月 徳間書店
第13回(2011年) 受賞 ダイナー 平山夢明 2009年10月 ポプラ社
候補 『メグル』 乾ルカ 2010年2月 東京創元社
『天佑、我にあり
天海譚戦川中島異聞』
海道龍一朗 2010年8月 講談社
『神の棘』【I・II】 須賀しのぶ 2010年7・8月 早川書房〈ハヤカワ・ミステリワールド〉
『ハイ・アラート』 福田和代 2010年9月 徳間書店
第14回(2012年) 受賞 ユリゴコロ 沼田まほかる 2011年3月 双葉社
候補 『心に雹の降りしきる』 香納諒一 2011年9月 双葉社
『ラブレス』 桜木紫乃 2011年8月 新潮社
『テロルのすべて』 樋口毅宏 2011年7月 徳間書店
『ハードラック』 薬丸岳 2011年9月 徳間書店
第15回(2013年) 受賞 検事の本懐 柚月裕子 2011年11月 宝島社
候補 『忍び秘伝』 乾緑郎 2011年10月 朝日新聞出版
『女警察署長 K・S・P』 香納諒一 2012年7月 徳間書店
『アンチェルの蝶』 遠田潤子 2011年12月 光文社
第16回(2014年) 受賞 『リバーサイド・チルドレン』 梓崎優 2013年9月 東京創元社〈ミステリ・フロンティア〉
『ヤマの疾風』 西村健 2013年9月 徳間書店
候補 血の轍 相場英雄 2013年1月 幻冬舎
『盗まれた顔』 羽田圭介 2012年10月 幻冬舎
『光る牙』 吉村龍一 2013年3月 講談社
第17回(2015年) 受賞 『鬼はもとより』 青山文平 2014年9月 徳間書店
『コルトM1851残月』 月村了衛 2013年11月 講談社
候補 『波形の声』 長岡弘樹 2014年2月 徳間書店
『未必のマクベス』 早瀬耕 2014年9月 早川書房〈ハヤカワ・ミステリワールド〉
『ハンザキ』 両角長彦 2014年2月 双葉社
第18回(2016年) 受賞 革命前夜[3] 須賀しのぶ 2015年3月 文藝春秋
候補 『エアー2.0』 榎本憲男 2015年9月 小学館
戦場のコックたち 深緑野分 2015年8月 東京創元社
『トリダシ』 本城雅人 2015年7月 文藝春秋
第19回(2017年) 受賞 『リボルバー・リリー』[4] 長浦京 2016年4月 講談社
候補 『ロスト』 呉勝浩 2015年12月 講談社
『真犯人』 翔田寛 2015年10月 小学館
『卑怯者の流儀』 深町秋生 2016年9月 徳間書店
第20回(2018年) 受賞 『白い衝動』[5] 呉勝浩 2017年1月 講談社
『Ank: a mirroring ape』 佐藤究 2017年8月 講談社
候補 『痣』 伊岡瞬 2016年11月 徳間書店
『カミカゼの邦』 神野オキナ 2017年8月 徳間書店
『地獄の犬たち』 深町秋生 2017年9月 KADOKAWA

第21回 - 現在[編集]

回(年) 受賞・候補作 著者 初刊
第21回(2019年) 受賞 『肉弾』 河崎秋子 2017年10月 KADOKAWA
『凍てつく太陽』 葉真中顕 2018年8月 徳間書店
候補 『赤い靴』 大山淳子 2018年8月 ポプラ社
『黙過』 下村敦史 2018年4月 徳間書店
『ベルリンは晴れているか』 深緑野分 2018年9月 筑摩書房

選考委員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:大藪春彦賞に須賀しのぶさん
  2. ^ 大藪春彦新人賞創設のお知らせ
  3. ^ 大藪春彦賞:須賀しのぶさんの「革命前夜」に決まる - 毎日新聞
  4. ^ 大藪春彦賞に長浦京さん - 日本経済新聞
  5. ^ 第20回大藪春彦賞、第1回大藪春彦新人賞が決定!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]