新堂冬樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新堂 冬樹
(しんどう ふゆき)
誕生 1966年
大阪府
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1998年 - 現在
主題 暗黒小説純文学ブラックコメディ
主な受賞歴 第7回メフィスト賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

新堂 冬樹(しんどう ふゆき、1966年 - )は、日本小説家推理作家芸能プロモーター映画監督大阪府出身。工業高校中退。[1]

略歴[編集]

人物[編集]

10代の頃から闇金融の世界で働いていたことを公言し[2]、現在も金融コンサルタントを兼業している[1]。その経歴を生かした「カネ」や「女」などの欲望渦巻く「裏社会」を描いたノワール小説を書く一方で対極的に静謐な純愛小説も書いており[2]、ファンは前者を「黒新堂」、後者を「白新堂」と呼ぶ[1]。オフィシャルブログのタイトルを「白と黒」とするなど、本人も公認の呼称である。

昆虫好きで、DVDソフト『世界最強虫王決定戦』の監修を務めている。また、『虫皇帝』シリーズを新堂プロにおいて製作。自ら監督・構成・ナレーションを担当する。

著作[編集]

小説[編集]

溝鼠シリーズ三部作[編集]

  • 溝鼠(2002年4月 徳間書店 / 2005年3月 トクマ・ノベルズ / 2006年3月 徳間文庫 / 2011年2月 幻冬舎文庫
  • 毒蟲vs.溝鼠(2006年4月 徳間書店 / 2008年3月 トクマ・ノベルズ / 2009年10月 徳間文庫 / 2011年12月 幻冬舎文庫)
  • 溝鼠最終章(2013年1月 徳間書店 / 2014年8月 徳間文庫)

ノンシリーズ[編集]

  • 血塗られた神話(1998年8月 講談社 / 2001年7月 講談社文庫 / 2008年10月 幻冬舎文庫)
  • 闇の貴族(1999年6月 講談社 / 2002年6月 講談社文庫 / 2008年12月 幻冬舎文庫)
  • ろくでなし(1999年12月 講談社 / 2002年10月 幻冬舎文庫)
  • 無間地獄(2000年5月 幻冬舎 / 2002年8月 幻冬舎文庫)
  • カリスマ(2001年3月 徳間書店 / 2003年4月 トクマ・ノベルズ / 2004年3月 徳間文庫 / 2009年12月 幻冬舎文庫)
  • 鬼子(2001年10月 幻冬舎 / 2003年4月 幻冬舎文庫)
  • 悪の華(2002年10月 光文社 / 2005年1月 カッパ・ノベルス / 2006年10月 光文社文庫 / 2011年4月 幻冬舎文庫)
  • 忘れ雪(2003年1月 角川書店 / 2005年2月 光文社文庫)
  • 炎と氷(2003年10月 祥伝社 / 2006年3月 祥伝社文庫
  • ある愛の詩(2004年1月 角川書店 / 2006年2月 角川文庫
  • 銀行篭城(2004年3月 幻冬舎 / 2007年10月 幻冬舎文庫)
  • 三億を護れ!(2004年4月 徳間書店 / 2006年10月 トクマ・ノベルズ / 2007年12月 徳間文庫)
  • アサシン(2004年8月 角川書店 / 2006年11月 カドカワノベルズ / 2008年10月 角川文庫)
  • 動物記(2004年10月 角川書店 / 2008年1月 角川文庫)
  • 背広の下の衝動(2004年11月 河出書房新社
    • 【改題】ホームドラマ(2006年11月 河出文庫
  • 吐きたいほど愛してる。(2005年1月 新潮社 / 2007年8月 新潮文庫
    • 収録作品:半蔵の黒子 / お鈴が来る / まゆかの恋慕 / 英吉の部屋
  • 僕の行く道(2005年2月 双葉社 / 2006年8月 双葉文庫
  • 聖殺人者(2005年3月 光文社 / 2008年2月 光文社文庫 / 2011年6月 幻冬舎文庫)
  • 天使がいた三十日(2005年6月 講談社 / 2010年12月 幻冬舎文庫)
  • 誰よりもつよく抱きしめて(2005年9月 光文社 / 2008年10月 光文社文庫)
  • 砂漠の薔薇(2006年1月 幻冬舎 / 2008年4月 幻冬舎文庫)
  • 黒い太陽(2006年3月 祥伝社 / 2008年9月 祥伝社文庫)
  • 底なし沼(2006年8月 新潮社 / 2009年2月 新潮文庫)
  • ぼくだけの☆アイドル(2006年8月 光文社 / 2009年6月 光文社文庫)
  • あなたに逢えてよかった(2006年10月 角川書店 / 2010年1月 角川文庫)
  • 百年恋人(2007年4月 双葉社 / 2010年5月 双葉文庫)
  • 日本一不運な男(2007年5月 中央公論新社
  • 摂氏零度の少女(2007年11月 幻冬舎 / 2009年10月 幻冬舎文庫)
  • ブルーバレンタイン(2007年12月 角川書店 / 2008年12月 カドカワノベルズ / 2010年7月 角川文庫)
  • 枕女優(2008年5月 河出書房新社 / 2010年6月 河出文庫)
  • 夜騎士物語(2008年8月 双葉社 / 2012年5月 ハルキ文庫
  • 女王蘭(2008年10月 祥伝社 / 2011年3月 祥伝社文庫)
  • 女優仕掛人(2009年1月 角川書店 / 2009年11月 カドカワノベルズ / 2010年10月 角川文庫)
  • アンチエイジング(2009年2月 ポプラ社
    • 【改題】整形夫婦―アンチエイジング(2013年2月 ポプラ文庫
  • 不倫純愛(2009年2月 新潮社 / 2011年1月 新潮文庫)
  • 君が悪い(2009年2月 光文社 / 2011年8月 光文社文庫)
  • 殺し合う家族(2009年3月 徳間書店 / 2010年9月 徳間文庫)
  • ギャングスタ(2009年6月 徳間書店 / 2010年12月 徳間文庫)
  • 引き出しの中のラブレター(2009年8月 河出書房新社 / 2011年6月 河出文庫)
  • ブラック・ローズ(2009年12月 幻冬舎 / 2011年8月 幻冬舎文庫)
  • 白と黒が出会うとき(2010年4月 河出書房新社)
    • 【改題】白い毒(2013年11月 河出文庫)
  • 純恋(2010年11月 徳間書店 / 2012年10月 徳間文庫)
  • 華麗なる欺き(2011年3月 角川春樹事務所 / 2012年8月 ハルキ文庫)
  • 帝王星(2011年6月 祥伝社 / 2013年6月 祥伝社文庫)
  • 悪虐(2011年7月 幻冬舎 / 2013年10月 幻冬舎文庫)
  • アキバの帝王(2011年8月 講談社 / 2014年8月 文芸社文庫
  • 硝子の鳥(2011年8月 角川書店 / 2013年8月 角川文庫)
  • 白い鴉(2011年9月 朝日新聞出版 / 2012年12月 双葉文庫)
  • 哀しみの星(2012年2月 角川書店 / 2014年8月 角川文庫)
  • 傷だらけの果実(2012年9月 河出書房新社)
  • 君想曲(2012年11月 双葉社 / 2015年8月 双葉文庫)
  • 別れさせ屋の恋―パルフェタムール(2013年1月 ポプラ社)
  • 東京バビロン(2013年5月 幻冬舎 / 2015年10月 幻冬舎文庫)
  • たったひとつの花だから(2013年8月 中央公論新社 / 2015年8月 中公文庫)
  • 逃亡者(2013年11月 角川春樹事務所 / 2015年4月 ハルキ文庫)
  • キャバクラ探偵事務所(2014年1月 河出書房新社)
  • 瞳の犬(2014年10月 角川書店)
  • 少女A(2014年10月 祥伝社)
  • 熱血教師カオルちゃん(2015年8月 角川春樹事務所)

その他[編集]

  • 黒新堂冬樹のブラック営業術(2010年2月 宝島社
    • 【改題】新堂冬樹の成り上がり処世術(2011年3月 宝島sugoi文庫)
  • 新堂冬樹の女の取扱説明書(2010年11月 あさ出版
  • 彼の「いちばん大切な人」になるたったひとつのルール(2011年12月 宝島社)
    • 【改題】彼が夢中にならずにいられない、最高の彼女になる方法(2014年8月宝島sugoi文庫)
  • 大ヒットは大反対から生まれる!―掟破りの成功法則(2012年6月 ヒカルランド
  • ASK(2016年4月 集英社

メディア展開[編集]

★=原作提供

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

漫画[編集]

Web[編集]

  • 記憶の中のミライ(2009年7月1日 - 9月5日、BeeTV、企画:安達元一) - 制作総指揮、エキストラ出演

プロモーションビデオ[編集]

  • 篠原楓 『GAP&SHOCK』(2009年) - 監督

CD[編集]

小説『ある愛の詩』の内容に即して、作者自身が監修し、井上鑑がサウンド・プロデュースを担当したイメージ・アルバム。

作詞[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 新堂冬樹インタビュー”. リアルライブ (2009年8月28日). 2013年6月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 新田哲嗣. “SPECIAL INTERVIEW 株式会社新堂プロ 代表取締役社長 新堂冬樹”. B-plus. 2013年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]