山之口洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山之口 洋(やまのぐち よう、本名野口 喜洋1960年1月15日 - )は日本の小説家、プログラマ東京都中央区出身[1]横浜市浜松市久留米市などを転々とする。東京大学工学部機械工学科卒業。専攻は自然言語処理など。1984年松下電器産業(現・パナソニック株式会社)に入社。

1998年、 『オルガニスト』で第10回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2001年には松下電産を退社し、専属作家兼フリーIT技術者になる。また同年『われはフランソワ』が直木賞候補になる。

2006年、「紙のキーボード」の開発で情報処理推進機構(IPA)より「天才プログラマー/スーパークリエイター」に認定される。

現在、明治大学東洋大学にて非常勤講師。

著作リスト[編集]

長編小説[編集]

  • 『オルガニスト』新潮社、1998 のち文庫 
  • 『0番目の男』祥伝社文庫 2000
  • 『われはフランソワ』新潮社 2001―フランソワ・ヴィヨンの伝記小説
  • 『瑠璃の翼』文藝春秋 2004  のち文庫 
  • 『完全演技者』角川書店 2005
  • 『天平冥所図会』文藝春秋、2007 のち文庫  
  • 『麦酒(ビール)アンタッチャブル』祥伝社ノンノベル 2008 
  • 『暴走ボーソー大学』徳間書店 2011

『オルガニスト』はNHK-FM青春アドベンチャーでラジオドラマ化され、塩沢兼人の遺作となった。

短篇小説[編集]

  • 「アズ・ユー・ライク・イット」(『人工知能の見る夢は AIショートショート集』文春文庫 2017 収録)

情報技術関係[編集]

本名の野口喜洋名義で専門書や翻訳などを手がけている。

単著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.468

外部リンク[編集]