深緑野分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
深緑 野分ふかみどり のわき
誕生 (1983-10-06) 1983年10月6日(38歳)
日本の旗 神奈川県厚木市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2010年 -
ジャンル 推理小説
代表作 『オーブランの少女』(2013年)
主な受賞歴 ミステリーズ!新人賞 佳作(2010年)[1]
神奈川文化賞未来賞(2017年)[2] 第9回Twitter文学賞国内編第1位
デビュー作 「オーブランの少女」(2010年)
公式サイト twitter.com/fukamidori6
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

(ふかみどり のわき[1]1983年10月6日[3][4] -)は、日本小説家推理作家

経歴・人物[編集]

神奈川県厚木市生まれ[5]神奈川県立海老名高等学校卒業。吉岡聖恵いきものがかり)とは同級生で、学校祭で奢ってもらったことがあるという[6]。東京藝術大学油画科や先端芸術表現科の受験に失敗し大学進学を断念[7][8]。パート書店員だったが、専業作家に転向[1][9]日本推理作家協会会員。

2010年、短編「オーブランの少女」で東京創元社主催の第7回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹辻真先貫井徳郎)で佳作に入選し、作家デビュー(明神しじま「商人の空誓文」が同時入選。受賞は、美輪和音「強欲な羊」)[1]2013年、同社より、短編集『オーブランの少女』が刊行され、単行本デビュー。同年、2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン第6位に、『オーブランの少女』がランクインした[10]2014年、闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位に、同作がランクインした[11]

2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木三十五賞候補[12]、第18回大藪春彦賞候補[13]、2016年本屋大賞第7位[14][15]

2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)[2]

2019年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木三十五賞候補[16]、第21回大藪春彦賞候補[17]、2019年本屋大賞第3位[18]、第9回Twitter文学賞国内編第1位に輝く。

2022年、『スタッフロール』で第167回直木三十五賞候補。

ミステリ・ランキング[編集]

週刊文春ミステリーベスト10[編集]

  • 2015年 - 『戦場のコックたち』3位
  • 2018年 - 『ベルリンは晴れているか』3位

このミステリーがすごい![編集]

  • 2016年 - 『戦場のコックたち』2位
  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』2位

ミステリが読みたい![編集]

  • 2016年 - 『戦場のコックたち』2位
  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』10位

第9回Twitter文学賞国内編第1位[編集]

  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • オーブランの少女(2013年10月 東京創元社 ミステリ・フロンティア ISBN 978-4-488-01778-1 / 2016年3月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45311-4
    • 収録作品
      • オーブランの少女(東京創元社『ミステリーズ!』vol.44 DECEMBER 2010)
      • 仮面(東京創元社『ミステリーズ!』vol.53 JUNE 2012)
      • 大雨とトマト(書き下ろし)
      • 片想い(書き下ろし)
      • 氷の皇国(書き下ろし)
  • 戦場のコックたち(2015年8月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02750-6 / 2019年8月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-45312-1
  • 分かれ道ノストラダムス(2016年9月 双葉社 ISBN 978-4-575-23986-7 / 2019年11月 双葉文庫 ISBN 978-4-575-52284-6
  • ベルリンは晴れているか(2018年9月 筑摩書房 ISBN 978-4-480-80482-2 / 2022年3月 ちくま文庫 ISBN 978-4-480-43798-3
  • この本を盗む者は(2020年10月 KADOKAWA ISBN 978-4-04-109269-9
  • カミサマはそういない(2021年9月 集英社 ISBN 978-4-08-771767-9
    • 収録作品
      • 伊藤が消えた(集英社『小説すばる』2016年8月号) - 「伊藤がいない」を改題。
      • 潮風吹いて、ゴンドラ揺れる(集英社『小説すばる』2017年5月号)
      • 朔日晦日(書き下ろし)
      • 見張り塔(集英社『小説すばる』2018年5月号)
      • ストーカーVS盗撮魔(集英社『小説すばる』2018年12月号)
      • 饑奇譚(集英社『小説すばる』2019年7月号)
      • 新しい音楽、海賊ラジオ(集英社『小説すばる』2020年4月号)

アンソロジー[編集]

「」内が深緑野分の作品

単著未収録作品[編集]

  • カントリー・ロード(東京創元社『ミステリーズ!』vol.63 FEBRUARY 2014)
  • アントン先生と明るい目撃者(新潮社小説新潮』2014年5月号)
  • 髪を編む(PHP研究所『PHPスペシャル』2014年7月号)
  • 四二〇円の使い道(筑摩書房『webちくま』2014年7月)
  • 血塗られていない赤文字(KADOKAWA『小説屋sari-sari』2014年11月号)
  • 狙われたうどん(筑摩書房『webちくま』2015年1月)
  • 迂闊な婦人の厄介な一日(新潮社『小説新潮』2015年2月号)
  • 歩く甲冑の謎(KADOKAWA『小説屋sari-sari』2015年3月号)
  • 音楽室の幽霊(筑摩書房『webちくま』2015年6月)
  • イースター・エッグに惑う春(KADOKAWA『小説屋sari-sari』2015年7月号)
  • ヒーロー基金(新潮社『小説新潮』2016年2月号)
  • スタッフロール(文藝春秋別冊文藝春秋』電子版9号 - 電子版24号)
  • 貴婦人と召使い(双葉社『小説推理』2016年11月号)
  • 緑の子どもたち(光村図書『飛ぶ教室』第50号〈2017年夏〉)
  • 眠れない夜のお話(光村図書『飛ぶ教室』第54号〈2018年夏〉)
  • メロン畑(書肆侃侃房『たべるのがおそい』vol.6 Autumn 2018)
  • ハルモニア Harmoniā(書肆侃侃房『ほんのひとさじ』vol.11)
  • どんでんがかえる(小学館『STORY BOX』2019年7月号)
  • ゲンちゃんのこと(河出書房新社『文藝』2019年秋季号)
  • カドクラさん(光村図書『飛ぶ教室』第58号〈2019年夏〉)
  • 福神漬(文藝春秋『オール讀物』2019年8月号)
  • プール(東京創元社『ミステリーズ!』vol.97 OCTOBER 2019)
  • 雨と猫のグルテン(双葉社『小説推理』2020年9月号)
  • 空へ昇る(『短編宇宙』 2021年1月 集英社文庫)
  • 水星号は移動する(講談社小説現代』2021年2月号)
  • なまくらナイフと銀杏ランプ(双葉社『小説推理』2021年3月号)
  • おひとりさまごはん ひとりで飲茶(集英社『web集英社文庫』2021年5月)
  • おひとりさまごはん ひとりで鴨南蛮と揚げ饅頭(集英社『web集英社文庫』2022年2月)

メディア・ミックス[編集]

オーディオドラマ[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 第7回 ミステリーズ!新人賞 |東京創元社
  2. ^ a b 神奈川県『平成29年度 第66回神奈川文化賞が決定しました!』2017年10月17日、2017年11月2日閲覧。
  3. ^ https://twitter.com/fukamidori6/status/1313321231995691008
  4. ^ 第160回直木三十五賞候補作が発表:真藤順丈「宝島」、森見登美彦「熱帯」、今村翔吾「童の神」など5作 - ほんのひきだし、2018年12月17日
  5. ^ 神奈川県[『第66回神奈川文化賞 受賞者プロフィール (PDF) 2017年11月2日閲覧
  6. ^ https://twitter.com/fukamidori6/status/1528030073680343040” (日本語). Twitter. 2022年7月31日閲覧。
  7. ^ https://twitter.com/fukamidori6/status/1320284682097811457
  8. ^ https://twitter.com/fukamidori6/status/444468998885736448
  9. ^ 深緑野分 Twitter
  10. ^ 『2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン』に東京創元社の作品がランクインしました
  11. ^ オーブランの少女
  12. ^ 第154回「芥川賞・直木賞」候補作決まる”. ORICON NEWS (2015年12月21日). 2019年4月10日閲覧。
  13. ^ 人気作家が高校で授業を行う「オーサー・トーク~作家による出前授業~」を開催します”. 福井県 (2018年12月7日). 2019年4月10日閲覧。
  14. ^ 【新文化】 - 「2016年本屋大賞」候補作が決定
  15. ^ これまでの本屋大賞”. 本屋大賞. 2019年4月10日閲覧。
  16. ^ 第160回「芥川賞・直木賞」候補作決まる 古市憲寿が「芥川賞」初ノミネート”. ORICON NEWS (2018年12月17日). 2019年4月10日閲覧。
  17. ^ 第21回大藪春彦賞候補作品決定”. 徳間書店 (2018年12月21日). 2019年4月10日閲覧。
  18. ^ 本屋大賞、瀬尾まいこさん「鮮やかな喜びが…」”. 読売新聞 (2019年4月10日). 2019年4月10日閲覧。
  19. ^ ベルリンは晴れているか”. NHK オーディオドラマ. 2020年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]