深緑野分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
深緑 野分
(ふかみどり のわき)
誕生 1983年
日本の旗 神奈川県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2010年 -
ジャンル 推理小説
代表作 『オーブランの少女』(2013年)
主な受賞歴 ミステリーズ!新人賞 佳作(2010年)[1]
神奈川文化賞未来賞(2017年)[2] 第9回Twitter文学賞国内編第1位
デビュー作 「オーブランの少女」(2010年)
公式サイト twitter.com/fukamidori6
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

深緑 野分(ふかみどり のわき[1]1983年[3] - )は、日本小説家推理作家

経歴・人物[編集]

神奈川県厚木市生まれ[4]神奈川県立海老名高等学校卒業。パート書店員だったが、専業作家に転向[1][5]。日本推理作家協会会員。

2010年、短編「オーブランの少女」で東京創元社主催の第7回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹辻真先貫井徳郎)で佳作に入選し、作家デビュー(明神しじま「商人の空誓文」が同時入選。受賞は、美輪和音「強欲な羊」)[1]

2013年、同社より、短編集『オーブランの少女』が刊行され、単行本デビュー。同年、2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン第6位に、『オーブランの少女』がランクインした[6]2014年、闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位に、同作がランクインした[7]

2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木三十五賞候補[8]、第18回大藪春彦賞候補[9]、2016年本屋大賞第7位[10][11]

2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)[2]

2019年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木三十五賞候補[12]、第21回大藪春彦賞候補[13]、2019年本屋大賞第3位[14]、第9回Twitter文学賞国内編第1位に輝く。

ミステリ・ランキング[編集]

週刊文春ミステリーベスト10[編集]

  • 2015年 - 『戦場のコックたち』3位
  • 2018年 - 『ベルリンは晴れているか』3位

このミステリーがすごい![編集]

  • 2016年 - 『戦場のコックたち』2位
  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』2位

ミステリが読みたい![編集]

  • 2016年 - 『戦場のコックたち』2位
  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』10位

第9回Twitter文学賞国内編第1位[編集]

  • 2019年 - 『ベルリンは晴れているか』

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • オーブランの少女(2013年10月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2016年3月 創元推理文庫
    • 収録作品
      • オーブランの少女(初出:東京創元社『ミステリーズ! Vol.44』2010年12月号)
      • 仮面(初出:東京創元社『ミステリーズ! Vol.53』2012年6月号)
      • 大雨とトマト(書き下ろし)
      • 片想い(書き下ろし)
      • 氷の皇国(書き下ろし)
  • 戦場のコックたち(2015年8月 東京創元社)
  • 分かれ道ノストラダムス(2016年9月 双葉社
  • ベルリンは晴れているか(2018年9月 筑摩書房)

アンソロジー[編集]

「」内が深緑野分の作品

  • ベスト本格ミステリ2011(2011年6月 講談社ノベルス)「オーブランの少女」
  • 謎の放課後 学校の七不思議(2015年8月 角川文庫)「血塗られていない赤文字」

単行本未収録短編[編集]

  • カントリー・ロード(東京創元社『ミステリーズ! Vol.63』2014年2月号)
  • アントン先生と明るい目撃者(新潮社小説新潮』2014年5月号)
  • 髪を編む(PHP研究所『PHPスペシャル』2014年7月号)
  • 血塗られていない赤文字(KADOKAWA『小説屋sari-sari』2014年11月号)
  • 迂闊な婦人の厄介な一日(新潮社『小説新潮』2015年2月号)

参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]