沢村浩輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沢村 浩輔
(さわむら こうすけ)
誕生 1967年????
日本の旗 日本 大阪府
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 阪南大学卒業
活動期間 2011年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 ミステリーズ!新人賞(2007年)
デビュー作 『インディアン・サマー騒動記』
テンプレートを表示

沢村 浩輔(さわむら こうすけ、1967年 - )は、日本の小説家推理作家大阪府生まれ。阪南大学経済学部卒業。

略歴[編集]

2007年、短編「インディアン・サマー騒動記」(「夜の床屋」に改題)で東京創元社主催の第4回ミステリーズ!新人賞を受賞。受賞の前年には「『眠り姫』を売る男」で同賞の最終候補に残っている。これら2作を盛り込んだ連作短編集の『インディアン・サマー騒動記』(文庫化にあたり『夜の床屋』に改題)を2011年に刊行しデビューした。

寡作ながら、作品が本格ミステリ作家クラブ選の年刊アンソロジー『本格ミステリ09』に採用されるなど、その実力が評価されている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • インディアン・サマー騒動記(2011年3月 東京創元社 ミステリ・フロンティア
    • 【改題】夜の床屋(2014年6月 創元推理文庫
      • 収録作品
        • 「夜の床屋」(初出:『ミステリーズ! vol.25』) - 応募時タイトル「インディアン・サマー騒動記」を改題
        • 「空飛ぶ絨毯」(初出:『ミステリーズ! vol.28』)
        • 「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」
        • 「葡萄荘のミラージュⅠ」
        • 「葡萄荘のミラージュⅡ」
        • 「『眠り姫』を売る男」
        • 「エピローグ」
  • 北半球の南十字星(2015年1月 東京創元社 ミステリ・フロンティア)
  • 週末探偵(2016年11月 文藝春秋

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている沢村浩輔の作品

  • 本格ミステリ09 2009年本格短編ベスト・セレクション(2009年6月 講談社ノベルス)「空飛ぶ絨毯」
    • 【改題】空飛ぶモルグ街の研究(2013年1月 講談社文庫

単行本未収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]