天野暁月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天野 暁月
誕生 1987年????
福岡県
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
主な受賞歴 ミステリーズ!新人賞佳作(2012年)
デビュー作 「清然和尚と仏の領解」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

天野 暁月(あまの あかつき、1987年 - )は、日本推理作家福岡県出身。神奈川県在住。早稲田大学商学部卒業。2012年東京創元社主催の第9回ミステリーズ!新人賞で佳作入選。

略歴[編集]

2012年、天野泡吟(あまの ほうぎん)名義で応募した「清然和尚と仏の領解」で、第9回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹新保博久法月綸太郎)佳作をからくりみしんの「○の一途な追いかけかた」とともに入選。なお、この回の受賞作は、近田鳶迩の「かんがえるひとになりかけ」であった。

受賞後にペンネーム天野暁月に改めた。

作品リスト[編集]

雑誌掲載短編[編集]

  • 「清然和尚と仏の領解」(『ミステリーズ!』Vol.56、2012年12月号、東京創元社
  • 「亜衣は死を欺く」(『ミステリーズ!』Vol.70、2015年4月号、東京創元社)
  • 「何かが足りない方程式」(『ミステリーズ!』Vol.78、2016年8月号、東京創元社)

アンソロジー[編集]

「」内が天野暁月の作品

  • ベスト本格ミステリ2017(2017年6月 講談社ノベルス)「何かが足りない方程式」

参考資料[編集]