新保博久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新保 博久(しんぽ ひろひさ、1953年8月7日[1]- )は、日本ミステリ評論家。京都府出身。京都市立日吉ヶ丘高等学校早稲田大学第二文学部美術科卒業。在学当時はワセダミステリクラブに所属。卒業後に師事する権田萬治の誘いから評論家としての活動を始める。

特に本格ミステリ・江戸川乱歩に関する造詣が深い。1991年から山前譲と共に江戸川乱歩の蔵書目録作成に着手し、10年がかりで完成させた。日本推理作家協会会員で、理事をつとめた。ミステリー文学資料館運営委員。

ニックネームは「シンポ教授」。

受賞[編集]

主な著書[編集]

  • 『必携ミステリー手帖<日本篇>』「オフィス221」名義(蝸牛社1979年
  • 『必携ミステリー手帖<外国篇>』「オフィス221」名義(蝸牛社、1979年
  • 『3分間探偵ゲーム キミの頭脳はどの程度?』(角川文庫、1981年、 推理クイズ集、1991年ベストセラーズ ワニ文庫より『推理(ミステリー)の達人 あの名探偵と知恵比べ』の題で再版)
  • 『推理百貨店 本館』(冬樹社1989年
  • 『推理百貨店 別館』(冬樹社、1989年)
  • 『世紀末日本推理小説事情』(筑摩書房1990年
  • 『推理(ミステリー)劇場 マジカル探偵の挑戦 これであなたも名探偵!?』(ベストセラーズ ワニの本、1992年、推理クイズ集、1996年、ベストセラーズ ワニ文庫に『殺人トリック劇場 難題ミステリー11連発』の題で再版)
  • 『名探偵登場 日本篇』(ちくま新書1995年
  • 『日本ミステリ解読術』(河出書房新社1996年
  • 『幻影の蔵―江戸川乱歩探偵小説蔵書目録』(新保博久, 山前譲共著、東京書籍、2002)
  • 『ミステリ編集道』本の雑誌社、2015 

主な編纂書[編集]

  • 『江戸川乱歩アルバム』(河出書房新社、1994年、 平井隆太郎と共編)
  • 『乱歩』上下(江戸川乱歩著、講談社、1994年、山前譲と共編)
  • 江戸川乱歩コレクションI 乱歩打明け話(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1994年、山前譲と共編)
  • 江戸川乱歩コレクションIV 変身願望(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1994年、山前譲と共編 )
  • 江戸川乱歩コレクションV 群集の中のロビンソン(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1995年、山前譲と共編)
  • 江戸川乱歩コレクションII クリスティーに脱帽(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1995年、山前譲と共編) 海外ミステリ論集
  • 江戸川乱歩コレクションIII 一人の芭蕉の問題(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1995年、山前譲と共編)日本ミステリ論集
  • 江戸川乱歩コレクションVI 謎と魔法の物語(江戸川乱歩著、河出書房新社、河出文庫、1995年、山前譲と共編)自作に関する解説
  • 江戸川乱歩 日本探偵小説事典(江戸川乱歩著、河出書房新社、1996年、山前譲と共編)
  • 山田風太郎 風太郎千年史(山田風太郎著、マガジンハウス、BRUTUS図書館、1999年
  • 『日本ミステリー事典』(新潮選書2000年、権田萬治との共同監修) - 第1回本格ミステリ大賞受賞
  • 『私が愛した名探偵』編著 朝日新聞社 2001
  • 『幻影の蔵 江戸川乱歩探偵小説蔵書目録』山前譲共編著 東京書籍 2002
  • 『横溝正史自伝的随筆集』編 角川書店 2002
  • 『泡坂妻夫引退公演』全2幕 編 東京創元社 2012

[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008

外部リンク[編集]