安東能明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安東 能明
(あんどう よしあき)
誕生 1956年
日本の旗 日本静岡県天竜市二俣町(現・浜松市天竜区二俣町)
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 明治大学政治経済学部卒業
活動期間 1995年 -
主な受賞歴 日本推理サスペンス大賞(1994年)
ホラーサスペンス大賞特別賞(2001年)
日本推理作家協会賞(2010年)
デビュー作 『死が舞い降りた』(1995年)
公式サイト 安東能明 公式サイト
テンプレートを表示

安東 能明(あんどう よしあき、1956年[1] - )は、日本小説家推理作家

経歴[編集]

静岡県天竜市二俣町(現・浜松市天竜区二俣町)生まれ[1]静岡県立二俣高等学校明治大学政治経済学部卒業 [1]浜松市役所に勤務する傍ら執筆を続け、1994年、「褐色の標的」で日本推理サスペンス大賞受賞(『死が舞い降りた』として刊行)[2]代理ミュンヒハウゼン症候群をテーマとした『鬼子母神』を書き上げた後、市役所を退職し専業作家となる[2]2001年、『鬼子母神』でホラーサスペンス大賞特別賞、2010年「随監」で日本推理作家協会賞短篇部門受賞。

作品リスト[編集]

柴崎令司シリーズ[編集]

  • 撃てない警官(2010年10月 新潮社 / 2013年5月 新潮文庫
    • 収録作品:撃てない警官 / 孤独の帯 / 第3室12号の囁き / 片識 / 内通者 / 随監 / 抱かれぬ子
  • 出署せず(2014年6月 新潮文庫)
    • 収録作品:折れた刃 / 逃亡者 / 息子殺し / 夜の王 / 出署せず
  • 伴連れ(2016年5月 新潮文庫)
    • 収録作品:掏られた刑事 / 墜ちた者 / Mの行方 / 脈の制動 / 伴連れ
  • 広域指定(2016年8月 新潮文庫)

生活安全特捜隊シリーズ[編集]

  • 聖域捜査(2010年12月 集英社文庫
  • 境界捜査(2012年3月 集英社文庫)
  • 伏流捜査(2013年4月 集英社文庫)
    • 収録作品:ヒップ・キング / 稲荷の伝言

疋田務シリーズ[編集]

  • 限界捜査(2013年10月 祥伝社
  • 侵食捜査(2014年10月 祥伝社)

CAドラゴンシリーズ[編集]

  • CAドラゴン(2014年8月 中公文庫
  • 着底す CAドラゴン2(2014年12月 中公文庫)
  • 12オクロック・ハイ―警視庁捜査一課特殊班(2012年4月 中央公論新社
    • 【改題】破網 CAドラゴン3(2015年3月 中公文庫)

その他[編集]

  • 死が舞い降りた(1995年1月 新潮社)
  • 鬼子母神(2001年2月 幻冬舎 / 2003年10月 幻冬舎文庫
  • 漂流トラック(2001年10月 新潮社)
  • 15秒(2002年8月 幻冬舎)
  • 幻の少女(2003年8月 双葉社
  • 強奪箱根駅伝(2003年10月 新潮社 / 2006年12月 新潮文庫)
  • ポセイドンの涙(2005年7月 幻冬舎)
    • 【改題】水没―青函トンネル殺人事件(2007年12月 幻冬舎文庫)
  • 螺旋宮(2005年11月 徳間書店
  • アドニスの帰還(2007年9月 双葉社)
  • 予知絵(2009年7月 角川ホラー文庫
  • 殺人予告(2010年9月 朝日文庫
  • 潜行捜査 一対一〇〇(2010年9月 双葉社)
  • 第II捜査官(2013年9月 徳間書店)
  • ゼンカン 警視庁捜査一課・第一特殊班 (2016年10月 幻冬舎文庫)

アンソロジー[編集]

「」内が安東能明の作品

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日
WOWOW

出典[編集]

  1. ^ a b c 著者紹介”. 安東能明公式サイト. 2013年6月12日閲覧。
  2. ^ a b 特別著者インタビュー 安東能明”. Webマガジン幻冬舎 (2001年3月). 2013年6月12日閲覧。
  3. ^ “田辺誠一、エリート警察官役で主演 安東能明氏『撃てない警官』がドラマ化”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2062479/full/ 2016年1月2日閲覧。 

外部リンク[編集]