鳴海章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳴海 章
(なるみ しょう)
誕生 (1958-07-09) 1958年7月9日(59歳)
北海道帯広市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1991年 -
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(1991年)
デビュー作 ナイト・ダンサー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

鳴海 章(なるみ しょう、1958年(昭和33年)7月9日[1] - )は、日本の小説家。北海道帯広市生まれ・在住。本名三井 章芳。男性。

略歴[編集]

北海道帯広市生まれ。北海道帯広柏葉高等学校を経て、日本大学法学部卒。

零細PR会社に勤務していた1991年、『ナイト・ダンサー』で第37回江戸川乱歩賞を受賞(真保裕一の『連鎖』と同時受賞)。前年に『スクォーク75、ハイジャック発生』で乱歩賞に入選したが、最終候補作には選ばれなかった。

シリーズものの著作として『国連航空軍』シリーズ、『スナイパー』シリーズ、『原子力空母信濃』シリーズ、『ゼロ』シリーズがある。航空サスペンス・エンタテイメント小説の熱心な書き手として知られている。1997年から、東京から帯広に戻り作家生活を営んでいる。

また、近年では警察小説も書き始め、その代表作として『ニューナンブ』『えれじい』などがある。他に、航空サスペンス系小説以外も執筆。人間ドラマを主とした作品がある。『風花』は2001年に映画化、『輓馬』は『雪に願うこと』のタイトルで2006年映画化された。ばんえい競走の名馬スーパーペガサス号の生産者・三井宏悦は父方の従兄弟である。

著作[編集]

  • ナイト・ダンサー (講談社、1991年 のち文庫)
  • 原子力空母「信濃」南シナ海海戦 (中央公論社 1992年 C★NOVELS のち文庫)
  • シャドー・エコー (講談社、1992年 のち文庫)
  • ネオ・ゼロ (集英社、1992年 のち文庫)
  • 荒鷲の狙撃手(イーグル・スナイパー) (講談社ノベルス、1993年 のち文庫)
  • 激突ファントム飛行隊 原子力空母「信濃」 (中央公論社C★NOVELS、1993年 のち文庫)
  • スーパー・ゼロ (集英社、1993年 のち文庫)
  • ゼロと呼ばれた男 (集英社、1993年 のち文庫
  • 日本海雷撃戦 コリア・クライシス (講談社ノベルス、1993年 のち文庫)
  • 蒼穹の射手(イーグル・ドライバー)(角川書店、1994年 のち文庫)
  • 原子力空母「信濃」最後の出撃 (中央公論社C★NOVELS、1994年 - 1995年 のち文庫)
  • 原子力空母「信濃」中米侵攻作戦 (中央公論社C★NOVELS、1994年 のち文庫)
  • 原子力空母「信濃」ファントム無頼列伝 (中央公論社C★NOVELS、1994年 のちケイブンシャ文庫)
  • ファイナル・ゼロ (集英社、1994年 のち文庫)
  • 闇の戦場 (集英社、1994年 のち文庫)
  • リヴァイアサン (講談社ノベルス、1994年)
  • アイゼン・ドラグーン (講談社ノベルス、1995年)
  • 原子力空母「信濃」ラストフライト (中央公論社C★NOVELS、1995年 のちケイブンシャ文庫)
  • 航空事故調査官 (集英社、1995年 のち文庫「劫火」)
  • 国連航空軍「ユニコーン」出撃指令 (中央公論社C★NOVELS、1995年 - 1996年 のちケイブンシャ文庫)
  • 五十年目の零戦 (中央公論社、1995年 のち集英社文庫
  • 第七の天使 (勁文社、1995年 「長官狙撃」文庫、光文社文庫
  • デッド・シックス (角川書店、1995年)
  • 撃つ (光文社カッパノベルス、1996年 のち文庫)
  • 俺は鰯 (角川書店、1996年 のち文庫)
  • キッカー 航空投下員 (ケイブンシャノベルス、1996年 のち徳間文庫
  • 国連航空軍サハリン空中戦 (中央公論社C★NOVELS、1996年 のちケイブンシャ文庫)
  • サバイバルゲーム (双葉社、1996年 のち文庫)
  • Dロック (小学館、1997年 のち徳間文庫)
  • 国連航空軍イーグル邀撃隊 (中央公論社C★NOVELS、1997年)
  • 鹹湖 彼女が殺された街 (集英社、1998年)
  • 国連航空軍最終兵器 (中央公論社C★NOVELS、1998年)
  • 成層圏の標的 (角川文庫、1998年)
  • 潜入指令、高度ゼロ (ケイブンシャノベルス、1998年 「ハインド・ゲーム 北朝鮮潜入」徳間文庫)
  • 卒業一九七七 (勁文社、1998年)
  • パラダイスビーチ (双葉社、1998年 のち文庫)
  • 真夜中のダリア (角川書店、1998年 のち文庫)
  • 狼の血 (光文社カッパノベルス、1999年 のち文庫)
  • 風花 (講談社、1999年 のち文庫)
  • 死者の森 (集英社、2000年 「鬼灯」文庫)
  • 棘 (徳間書店、2000年 のち文庫)
  • 輓馬 (文藝春秋、2000年 のち文庫)
  • もう一度、逢いたい (ホラー短編集 実業之日本社、2000年 のち光文社文庫)
  • 凍夜 (集英社文庫、2001年)
  • 冬の狙撃手 (ケイブンシャノベルス、2001年 のち光文社文庫)
  • 夏日 (光文社、2002年)
  • ニューナンブ (講談社、2002年 のち文庫)
  • 痩蛙 (角川書店、2002年 のち文庫)
  • 真珠湾、遥かなり 零戦隊血風録 (トクマ・ノベルズ、2003年 のち文庫)
  • 月のない夜 (徳間書店、2003年 のち文庫)
  • 街角の犬 (講談社、2003年 のち文庫)
  • 雨の暗殺者 (光文社カッパノベルス、2004年 のち文庫)
  • 死の谷の狙撃手 (実業之日本社ジョイノベルス、2004年 のち光文社文庫)
  • えれじい (講談社、2005年 のち文庫)
  • 第四の射手 (実業之日本社ジョイノベルス、2005年 のち光文社文庫)
  • バディソウル 対テロ特殊部隊 (光文社カッパノベルス、2005年 のち文庫)
  • 強行偵察 (長編バトル・アクション 実業之日本社ジョイノベルス、2006年 のち光文社文庫)
  • 薩摩組幕末秘録 (集英社、2006年)
  • ナイフ・エッジ 剃刀舞踏会 (徳間書店、2006年)
  • いのちに抱かれて 楓子と大地の物語 (徳間書店、2007年)
  • 桔梗は驟雨に散る (実業之日本社ジョイノベルス、2007年)
  • 総理を撃て (光文社カッパノベルス、2007年)
  • 微熱の街 (小学館、2007年 のち文庫)
  • 哀哭者の爆弾 (光文社、2008年 のち文庫)
  • オマワリの掟 (連作ポリスストーリー 実業之日本社ジョイノベルス、2008年 のち文庫)
  • テロルの地平 (光文社、2009年 のち文庫)
  • テストパイロットインジャパン 岐阜基地に屯する飛行開発実験団の勇士たち (さいとうさだちか写真 [エイ]出版社、2010年2月)
  • 幕末牢人譚 秘剣念仏斬り (集英社文庫、2010年)
  • マルス・ブルー (講談社、2010年 のち文庫)
  • 求めて候 幕末牢人譚 2 (集英社文庫、2011年)
  • 凶刃累之太刀 幕末牢人譚 3 (集英社文庫、2011年)
  • マリアの骨 (実業之日本社ジョイノベルス、2011年)
  • レディイーグル(漫画:千葉きよかず
  • 公安即応班 (光文社文庫、2015年)

日本国外での翻訳[編集]

中国本土(簡化字)[編集]

  • 冷雨中的暗杀者 (2011年6月、吉林出版集团有限责任公司)『雨の暗殺者』
  • 死谷狙击手 (2011年6月、吉林出版集团有限责任公司)『死の谷の狙撃手』
  • 敢死队之魂 (2011年6月、吉林出版集团有限责任公司)『バディソウル 対テロ特殊部隊』
  • 第四射手 (2011年6月、吉林出版集团有限责任公司)『第四の射手』

脚注[編集]