川瀬七緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川瀬 七緒かわせ ななお
誕生 (1970-04-28) 1970年4月28日(50歳)
日本の旗 福島県白河市
職業 デザイナー作家
言語 日本語
最終学歴 文化服装学院
服装科デザイン専攻科卒業
活動期間 2011年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(2011年)
デビュー作 『よろずのことに気をつけよ』
(2011年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

川瀬 七緒 (かわせ ななお、1970年4月28日[1][2]-)は、日本デザイナー推理作家

経歴[編集]

福島県白河市出身[3]文化服装学院に進学し、服装科デザイン専攻科を卒業した[1]。1991年、服飾デザイン会社に就職し、子供服デザイナーとなる[1][2]。その後、フリーのデザイナーとして、子供服のデザインを手がけている[2][4]。長らく東京都に在住していたが、結婚を機に神奈川県横浜市に居住する[3]。2007年から小説の執筆に取り組んでいる[1]。2010年には、第20回鮎川哲也賞で『静寂のモラトリアム』が最終候補となった。同年、第56回江戸川乱歩賞で『ヘヴン・ノウズ』が最終候補となった[1]。2011年、2度目の応募で、玖村まゆみの『完盗オンサイト』とともに『よろずのことに気をつけよ』が第57回江戸川乱歩賞を受賞した[1][2]。同コンテストで女性作家のW受賞は史上初である[1]

人物[編集]

デザイナーと作家としての活動を並行して行っているが、デザイナーと作家の共通点について「無から何かを作り出す点、人と違う視点で物事を見る点が、似ている」[3]と語っている。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

法医昆虫学捜査官シリーズ[編集]

  • 147ヘルツの警鐘(2012年7月 講談社
  • シンクロニシティ(2013年4月 講談社/講談社文庫2015年8月)
  • 水底の棘(2014年7月 講談社/講談社文庫2016年8月)
  • メビウスの守護者(2015年10月 講談社/講談社文庫2017年12月)
  • 潮騒のアニマ(2016年10月 講談社/講談社文庫2019年2月)
  • 紅のアンデッド(2018年4月 講談社/講談社文庫2020年8月)
  • スワロウテイルの消失点(2019年7月 講談社)
賞金稼ぎスリーサム!シリーズ[編集]
  • 賞金稼ぎスリーサム!(2019年10月 小学館
  • 二重拘束のアリア(2020年7月 小学館)

ノンシリーズ[編集]

  • よろずのことに気をつけよ(2011年8月 講談社 / 2013年8月 講談社文庫)
  • 桃ノ木坂互助会(2014年2月 徳間書店/2016年1月 徳間文庫)
  • 女學生奇譚(2016年6月 徳間書店/2019年7月 徳間文庫)
  • フォークロアの鍵(2017年5月 講談社/2019年10月 講談社文庫)小説現代連載「おろんくち」より改題
  • テーラー伊三郎(2017年12月KADOKAWA
  • ヴィンテージガール 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介(2021年2月 講談社)
単行本未収録作品[編集]
  • 殺生リミット(小説現代 2011年12月号)
  • 料理教室(小説現代 2014年9月号)
  • 鬼神の子(小説現代 2015年9月号)
  • KS動物探偵事務所(小説現代 2017年9月号)
  • 安全柵(小説現代 2018年9月号)
  • 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介(小説現代 2020年10月号)
連載[編集]
  • おろんくち(小説現代 2015年1月号〜)
  • テーラー伊三郎(文芸カドカワ 2016年12月号〜)
  • 賞金稼ぎスリーサム!(小学館きらら 2019年2月号〜)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 「第57回江戸川乱歩賞受賞作」『講談社BOOK倶楽部:第57回江戸川乱歩賞『よろずのことに気をつけよ』『完盗オンサイト』講談社
  2. ^ a b c d 海老沢類「川瀬七緒さん『よろずのことに気をつけよ』」『【著者に聞きたい】川瀬七緒さん『よろずのことに気をつけよ』+(2/2ページ) - MSN産経ニュース産経デジタル、2011年10月23日。
  3. ^ a b c 地域振興課地域力推進担当「江戸川乱歩賞の受賞者川瀬七緒さんにインタビューしました!」『横浜市 港北区 江戸川乱歩賞の受賞者 川瀬七緒さんにインタビューしました!』横浜市港北区役所、2011年7月22日。
  4. ^ 川瀬七緒 とは - コトバンク - Kotobank

外部リンク[編集]