花園の迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

花園の迷宮』(はなぞののめいきゅう)は、山崎洋子による日本の小説1986年講談社より出版された。第32回江戸川乱歩賞受賞作品であり、彼女の作家デビュー作品である。

1回ずつ映画化とテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

昭和恐慌真っ只中の昭和7年横浜真金町遊郭「福寿」で不可解な殺人事件が次々と起こる。女中として働く少女・ふみは一緒に売られてきた友人・美津を殺された事から、この事件の謎に迫っていく。

登場人物[編集]

書籍情報[編集]

映画[編集]

花園の迷宮
監督 伊藤俊也
脚本 松田寛夫
原作 山崎洋子
製作 本田達男
中山正久
出演者 島田陽子
工藤夕貴
黒木瞳
野村真美
名高達郎
江波杏子
内田裕也
音楽 池辺晋一郎
撮影 木村大作
編集 市田勇
配給 東映
公開 日本の旗 1988年1月15日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

原作とは大幅な改変がなされている。主人公を遊郭の女主人・秋元多恵に変更し、原作の主人公・ふみ(冬実)は事件を見届ける役回りの脇役になっている。時代も10年下り、戦時下昭和17年に設定されており、犯人こそ同じだが、犯行動機や背景は異なったものとなっている。

高さ15メートルを超える吹き抜け、巨大シャンデリアステンドグラスなどで見事に装飾された福寿楼の豪華セットは、総工費1億2500万円と2か月の歳月をかけて東映京都撮影所内に建てられたものである。また、この映画での共演がきっかけで、島田陽子内田裕也の交際が始まったが、後に破局した[1][2]

スタッフ
キャスト

その他 - 大木晤郎、高並功、野口貴史岩尾正隆、三浦賢二、中島葵

テレビドラマ[編集]

日本テレビ開局35周年記念として、1988年3月29日に『火曜サスペンス劇場』枠で放送された(放送時間:21時02分 - 23時21分)。

映画版と同じ東映が制作した。こちらは原作に比較的忠実に作られている。

スタッフ
キャスト

脚注[編集]

外部リンク[編集]