山崎洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 洋子(やまざき ようこ、1947年8月6日 - )は、日本の小説家。横浜市南区在住

経歴[編集]

作品リスト[編集]

  • 花園の迷宮 1986年9月、講談社、のち文庫
  • ヨコハマ幽霊ホテル 1987年4月、講談社、のち文庫
  • 聖母の牙 1987年11月、光文社カッパ・ノベルス、のち文庫
  • 香港迷宮行 1988年4月、講談社ノベルス、のち文庫
  • 自由が丘ダウンタウン物語 1988年5月、講談社 のち文庫
    • その夜、死はウインクした
    • いちばんやさしかったあなたに
    • 傷だらけのアポロ(『小説現代』1987年12月号)
    • 奇跡の光〈ミラクル・ライト〉売ります(『小説現代』1988年2月号)
    • あしたのマドンナ(『小説現代』1988年6月号)
    • 狼女は眠れない(単行本のみ)
  • きらきらと闇に堕ちて 1988年6月、中央公論社、のち文庫 
  • 横浜秘色歌留多 1989年1月、講談社、のち文庫
  • 危険なあなた 1989年7月、中央公論社、のち文庫
  • 三階の魔女 1989年12月、講談社 のち文庫 
    • ラブレター
    • いきなりハードボイルド(『小説現代』1989年2月号)
    • 狼女は眠れない(文庫版のみ)
    • 赤いお月さま(ルナ・ロッサ)
    • 六本木メランコリー
    • 人形と暮らす女
    • 三階の魔女
  • タブー 1990年9月、中央公論社、のち文庫
  • 魔都上海オリエンタル・トパーズ 1990年10月、集英社、のち文庫
  • 恋も仕事もハードボイルド(エッセイ集)1990年11月、PHP研究所、のち角川文庫
  • "伝説"になった女たち 1990年11月、講談社、のち文庫
  • 熱帯夜 1991年4月、新潮ミステリー倶楽部、のち文庫
  • 熟れすぎた林檎 1991年4月、双葉社、のち文庫、講談社文庫
  • ホテルウーマン 1991年9月、毎日新聞社、のち講談社文庫
  • 歴史を騒がせた「悪女」たち 1991年9月、講談社、のち文庫、光文社知恵の森文庫
  • 禁じられた吐息 1992年2月、中央公論社 のち文庫 

( 蜜の肌、月の吐息、甘い血、熱い闇)

  • 横浜幻燈館―俥屋おりん事件帳 1992年5月、新潮社 のち集英社文庫 

(らしゃめん、薔薇の悲鳴、狂女、神の邪心)

  • 長崎人魚伝説 1992年7月、集英社、のち文庫
  • 薔薇の恋唄 1992年8月、角川書店、のち文庫
  • 海のサロメ 1992年9月、講談社 のち文庫
    • ブルーレディに熱い夢(『小説現代』1989年12月号)
    • 海のサロメ
    • 霧の心(『小説現代』1990年10月号)
    • 風の迷い(『小説現代』1991年5月号)
    • あの道が黄金色に染まる頃(『小説現代』1991年12月号)
    • もういちどあなたと
  • 吸血鬼たちの聖夜 1992年10月、文藝春秋 のち文庫 

( 吸血鬼たちの聖夜〈イブ〉、妖女狂演、愛する人に、きらめく死を、メランコリーは危険)

    • やさしいだけでは生きられない(『オール讀物』1992年8月号)
  • シャーベット・アリア 1993年2月、中央公論社、のち文庫
  • ヘカテの時間 1993年10月、双葉社、のち文庫
  • 元気がでる恋愛論(エッセイ集)1993年12月、学習研究社、のち講談社文庫
  • 薔薇の灰―こぼれた話60(エッセイ集、亀海昌次と共著、1994年3月、徳間書店
  • 四十代、女はもう一度挑戦する―人生、仕事、愛、結婚(エッセイ集、1994年4月、海竜社
  • 紅色ホテル 1994年6月、集英社、『ホテル・ルージュ』文庫

(青い髪の人魚、スペシャル・ルーム、ホテル・ルージュ、孤独な妖精、あたしを見つめて、匂い袋)

    • 十三怪談(『小説すばる』1987年冬季号)
    • 暗黒街(とうきょう)の淑女(おんな)たち(『野性時代』1988年11月号)
  • 七姫伝説 恋の墓標 1994年7月、中央公論新社、のち文庫
  • 「伝説」になった女たち 講談社文庫 1994.4 のち光文社知恵の森文庫 
  • 歴史を彩った恋人たち 1994年9月、講談社、『日本恋愛事件史』文庫
  • 熱月(テルミドール)1994年12月、講談社、のち文庫 
  • 緋色の真珠 1995年4月、実業之日本社、のち光文社文庫
  • 星の運命(さだめ)を生きた女たち 1995年6月、講談社、のち文庫
  • 恋を追う女 小説マリー・ローランサン(1996年5月、集英社、
  • 柘榴館 1996年9月、集英社、のち文庫
  • ありふれた不倫だったのに 1996年11月、光文社、のち文庫
  • 女は何度でもよみがえる―末期癌の夫を看取る(エッセイ集、1998年1月、海竜社)
  • ヨコハマB級ラビリンス 1998年11月、集英社、のち文庫 

(うつ鮨事件、朱雀事件、パダム・パダム、四月の夢、いつか王子様が、幽霊レストラン、余毛・三文オペラ、 芝居の時刻、踊る女)

  • 天使はブルースを歌う(ノンフィクション、1999年9月、毎日新聞社、ISBN 9784620313849
  • マスカット・エレジー 2000年8月、光文社、のち文庫 

(赤姫、ダイエットの女王、監禁された男、まぶたの母、ネット潜入、詐欺女、春の嵐)

  • 炎精(かげろう)(2002年8月、毎日新聞社)
  • ヴィーナス・ゴールド(2004年8月、毎日新聞社)
  • 夢幻美女絵巻(2005年1月、小学館文庫)
  • 横浜開港絵巻 赤い崖の女(2007年11月、講談社)
  • 人魚を食べた女 講談社 2008.5
  • アマモの森はなぜ消えた? 海をつくる会写真・監修 そうえん社 2008
  • 港町ヨコハマ異人館の秘密 あすなろ書房 2010.6
  • 横濱唐人お吉異聞 講談社 2011.1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]