粟津號

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あわづ ごう
粟津 號
本名 粟津 祐教
あわづ ゆうきょう
生年月日 (1945-06-18) 1945年6月18日
没年月日 (2000-03-15) 2000年3月15日(満54歳没)
出生地 日本の旗日本秋田県男鹿市
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1968年 - 2000年

粟津 號(あわづ ごう、1945年6月18日 - 2000年3月15日)は、日本俳優。本名は粟津 祐教(あわづ ゆうきょう)。秋田県男鹿市出身。東洋大学法学部卒業。妻は詩人の船木倶子

日活ロマンポルノの初期から後期にかけて活躍した男優の一人である。

来歴・人物[編集]

浄土真宗大谷派貴栄山・円応寺の住職で歌人としても活躍した粟津祐逸(1915-73 俳号・爽明)の長男として生まれる。

船越中学校3年生のとき、東映教育映画『なまはげ』に、地元中学生3000人の中から選ばれ主演した。1961年、県立秋田高等学校入学。1964年、父の母校・東洋大学法学部へ入学する。クラブは吟詠会に所属。

卒業後、寺を継ぐつもりでいたが、「男なら中央で活躍してみろ。中学のとき、映画の主役を演ったこともあったろうが」という父の言葉で役者を志し、1968年、日本演技アカデミーを経て劇団俳優座小劇場(俳小)[1]に入団。俳小解散後の1971年からは神代辰巳との交流を機に、神代監督の日活ロマンポルノ作品に連続出演するようになる。

その個性が評価され、以降は一般作品やテレビドラマにも数多く出演。日本人的な風貌と体型[2]を活かし、『雲のじゅうたん』『いちばん星』などNHK連続テレビ小説でも朴訥とした個性を発揮した。石原プロモーション制作の『大都会 闘いの日々』『大都会 PARTII』ではレギュラーの秋田弁を話す憎めない平原春夫刑事役で活躍したが、他の刑事ドラマでは狂気的な犯人役を演じることも多く、硬軟・善悪自在の演技力を持つ異色のバイプレイヤーとして数々の演技を残している(1982年の『太陽にほえろ!』第525話への出演では、覚醒剤中毒に陥りながらも竜雷太演じる石塚刑事を射殺するという役を演じた)。

海外製作の映画にも出演しており、ワーナー・ブラザースの『Women of Valor』(1986年)では日本軍の鬼軍曹役でフィリピン・ロケに、イギリスオーストラリア合作の『HEROES 2』(1991年)ではシドニー・ロケに参加した。

映画やドラマに出演する一方、舞台活動も並行させ、1977年には劇団「ぐるうぷ鬼」、1995年には「倶子オフィス」を設立。自らの脚本・演出によるひとり舞台の上演に取り組んだ。2000年3月15日、胃癌のため逝去。54歳没。

出演歴[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 昭和鉄風伝 日本海(1991年、日本ビクター) - 富根剛三(矢留組若頭補佐)
  • ドトウの笹口組(1994年、ケイエスエス
  • はいすくーるゴーストバスターズ(1995年、JVD)
  • 人にいちばん近いまち~まき子の人権宣言~(1995年、人権・同和教育映画、京都府福知山市) - 大場先生
  • 校内写生'96 A FRAGILE HEART(1996年、JVD)
  • 聖少女 濡れた花園(1997年、東映ビデオ

バラエティその他[編集]

ほか多数

舞台(劇団俳優小劇場)[編集]

ひとり舞台[編集]

  • 上野駅14番線
  • 千年後の日本人へ
  • みちのく力士伝
  • お寺さんの話
  • ミフネ外伝 etc. いずれも粟津號の脚本・演出・主演による。

ラジオドラマ[編集]

  • 戯曲・海へ…ヘミングウェイ(1999年3月6日、NHK-FM FMシアター) 出演:北村和夫(ヘミングウェイ)/倉野章子(ヘミングウェイの母)/粟津號、尾美としのり(病院の看護人)

テレビアニメ(声優)[編集]

  • 男一匹ガキ大将(1969年~1970年、日本テレビ/東京テレビ動画 全52話) - ボサ(粟津祐教名義)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ その元々は劇団新人会という1954年に結成された劇団。
  2. ^ 映画『遥かなる山の呼び声』(松竹)では、山田洋次監督に「君は日本に今少なくなった"日本人"の体型、顔だ。貴重だよ」と云われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]