井上昭文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いのうえ しょうぶん
井上 昭文
本名 井上 昭文
生年月日 (1927-08-22) 1927年8月22日
没年月日 (2013-01-28) 2013年1月28日(85歳没)
出生地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
ジャンル 俳優
活動期間 1957年 - 2001年?
配偶者 馬場恵美子
主な作品
ハレンチ学園
レインボーマン
蜃気楼博士
西部警察 PART-II』 他
テンプレートを表示

井上 昭文(いのうえ しょうぶん、1927年8月22日[1] - 2013年1月28日[2])は、日本俳優。本名は同じ[1]

愛知県[1]名古屋市出身。中京商業高等学校卒業[1]劇団新人会を経て[1]、グループ71に所属していた[1]

妻は女優の第1回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した馬場恵美子[3][4]

来歴・人物[編集]

俳優座養成所2期生[1]として入所[5]劇団新人会の創立メンバーの一員となる[6][7]

色川武大の『浅草葬送譜』によれば、名古屋から家出をして清水金一付き人をしていたという。

東宝で若干のキャリアを積んだ後、1957年に『幕末太陽傳』で日活デビュー。名バイプレイヤーとして数多くの作品に出演し、石原裕次郎小林旭吉永小百合らのスターを引き立てながら、日活映画の黄金期を支えた。

テレビでも、時代劇ヤクザ親分悪代官や悪徳商人や凄腕剣客刑事ドラマの叩き上げ刑事、特撮ドラマの仙人、コメディ学園ドラマの変態教師など、枠にはまることなく様々な役柄を演じており、『レインボーマン』で演じたインドの聖者「ダイバダッタ」などで知られる。後に『コンドールマン』でも主人公の師である「タバ老人」を演じたが、同系キャラクターということもあって、本人は二者の撮影エピソードを混同している。

趣味はサックス演奏と高校野球観戦。特技は[1]

2013年1月28日に肺炎のため死去[8]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]