金子成人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金子成人
プロフィール
本名 金子成人
誕生日 (1949-01-15) 1949年1月15日(73歳)
出身地 日本の旗 日本 長崎県佐世保市
受賞
1979年度放送文化基金賞
第16回向田邦子賞
テンプレートを表示

金子 成人(かねこ なりと、1949年1月15日 - )は、日本脚本家作家長崎県佐世保市出身。

来歴[編集]

長崎県立佐世保南高等学校卒業後、サラリーマン生活を送りながらシナリオ研究所に入り、倉本聰に師事。1972年に『おはよう』(TBS)の一篇で脚本家デビューするも、新聞の論評では酷評される結果となり、バーテン八千草薫のお抱え運転手などのアルバイトと並行しながら日活ロマンポルノなどを執筆し修行生活を送る[1]1974年に『太陽にほえろ!』のプロット募集に入選し、翌年より『前略おふくろ様』にサブライターとして参加。1976年に執筆した『大都会 闘いの日々』の一篇「急行十和田2号」が向田邦子に注目され、向田を通じて制作会社とのコネクションを築く[2]。その後は『大都会 PARTII』『大追跡』などの刑事アクション物の執筆を経て頭角を表し、1979年、中学生の自殺問題を扱った藤原審爾の同名著書を原作とする単発ドラマ『死にたがる子』(NHK)が第6回放送文化基金賞ドラマ部門本賞を受賞。以後、時代劇や大型ドラマなどを多数執筆し、1997年には『魚心あれば嫁心』および『終わりのない童話』で向田邦子賞を受賞した。2000年代以降は時代劇作品の脚本を主に執筆するほか、時代小説にも進出している。

人物像[編集]

  • 別冊宝島』(144)の「シナリオ入門」(1999年刊行)に掲載された脚本家アンケートによると、脚本家になるきっかけになったのは成瀬巳喜男に弟子入りを志願した時、「監督になりたいなら脚本を勉強しなさい」と言われたからという。

代表作品[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場映画[編集]

OVA[編集]

小説[編集]

  • 『かなかなむしは天の虫』現代出版、1987年2月。ISBN 4-87597-311-X 
  • 『スキッと一心太助 ドラマ小説』日本放送出版協会、1999年10月。ISBN 4-14-005331-3 
  • 『隠密八百八町』〈角川文庫角川書店、2011年2月。ISBN 978-4-04-394415-6 梶本惠美横山一真藍川慶次郎との共著。
  • 『隠密秘帖』〈角川文庫〉角川書店、2011年3月。ISBN 978-4-04-394420-0 藍川慶次郎との共著。
付添い屋・六平太シリーズ
  • 『付添い屋・六平太 1 龍の巻 留め女』〈小学館文庫小学館、2014年6月。 
  • 『付添い屋・六平太 2 虎の巻 あやかし娘』〈小学館文庫〉小学館、2014年6月。 
  • 『付添い屋・六平太 3 鷹の巻 安囲いの女』〈小学館文庫〉小学館、2014年11月。 
  • 『付添い屋・六平太 4 鷺の巻 箱入り娘』〈小学館文庫〉小学館、2015年3月。 
  • 『付添い屋・六平太 5 玄武の巻 駆込み女』〈小学館文庫〉小学館、2015年7月。 
  • 『付添い屋・六平太 6 朱雀の巻 恋娘』〈小学館文庫〉小学館、2015年11月。 
  • 『付添い屋・六平太 7 鳳凰の巻 強つく女』〈小学館文庫〉小学館、2016年3月。 
  • 『付添い屋・六平太 8 麒麟の巻 評判娘』〈小学館文庫〉小学館、2016年7月。 
  • 『付添い屋・六平太 9 獏の巻 噓つき女』〈小学館文庫〉小学館、2016年11月。 
  • 『付添い屋・六平太 10 天狗の巻 おりき』〈小学館文庫〉小学館、2017年3月。 
  • 『付添い屋・六平太 11 姑獲鳥の巻 女医者』〈小学館文庫〉小学館、2018年9月。 
  • 『付添い屋・六平太 12 鵺の巻 逢引き娘』〈小学館文庫〉小学館、2019年5月。 
  • 『付添い屋・六平太 13 妖狐の巻 願掛け女』〈小学館文庫〉小学館、2020年2月。 
  • 『付添い屋・六平太 14 猫又の巻 祟られ女』〈小学館文庫〉小学館、2020年10月。 
若旦那道中双六シリーズ
  • 『てやんでぇ!』〈双葉文庫双葉社、2016年12月。 
  • 『すっとこどっこい!』〈双葉文庫〉双葉社、2017年5月。 
  • 『べらぼうめ!』〈双葉文庫〉双葉社、2018年5月。 
  • 『なんてこったい!』〈双葉文庫〉双葉社、2019年1月。 
  • 『あばよっ!』〈双葉文庫〉双葉社、2019年8月。 
追われものシリーズ
  • 『破獄』〈幻冬舎文庫幻冬舎、2017年6月。 
  • 『孤狼』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2018年12月。 
  • 『標的』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2019年6月。 
  • 『再会』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2019年12月。 
脱藩さむらいシリーズ
  • 『脱藩さむらい 1』〈小学館文庫〉小学館、2018年9月。ISBN 978-4-09-406555-8 
  • 『脱藩さむらい 2 蜜柑の櫛』〈小学館文庫〉小学館、2019年2月。ISBN 978-4-09-406606-7 
  • 『脱藩さむらい 3 抜け文』〈小学館文庫〉小学館、2019年11月。ISBN 978-4-09-406709-5 
  • 『脱藩さむらい 4 切り花』〈小学館文庫〉小学館、2020年6月。ISBN 978-4-09-406784-2 
ごんげん長屋つれづれ帖シリーズ
  • 『ごんげん長屋つれづれ帖 1 かみなりお勝』〈双葉文庫〉双葉社、2020年10月。ISBN 978-4-575-67023-3 
  • 『ごんげん長屋つれづれ帖 2 ゆく年に』〈双葉文庫〉双葉社、2021年3月。ISBN 978-4-575-67043-1 
  • 『ごんげん長屋つれづれ帖 3 望郷の譜』〈双葉文庫〉双葉社、2021年9月。ISBN 978-4-575-67070-7 
かぎ縄おりんシリーズ
  • 『かぎ縄おりん』〈小学館文庫〉小学館、2021年6月。ISBN 978-4-09-407033-0 
  • 『初手柄 かぎ縄おりん』〈小学館文庫〉小学館、2021年8月。ISBN 978-4-09-407045-3 

その他の著書[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 山本俊輔、佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』、DU BOOKS、2015年4月10日、 72頁。
  2. ^ 「鬼平」脚本家 倉本聰から学んだ「嘘を書くな」の厳しさ”. NEWSポストセブン. 2020年11月5日閲覧。

関連項目[編集]