金子成人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金子成人
プロフィール
本名 金子成人
誕生日 (1949-01-15) 1949年1月15日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 長崎県佐世保市
受賞
1979年度放送文化基金賞
第16回向田邦子賞

金子 成人(かねこ なりと、1949年1月15日 - )は、日本脚本家長崎県佐世保市出身。

来歴[編集]

長崎県立佐世保南高等学校卒業後、サラリーマン生活を送りながらシナリオ研究所に入り、倉本聰に師事。1972年に『おはよう』(TBS)で脚本家デビューするも論壇からは評価されず、バーテン八千草薫の運転手などのアルバイトと並行しながら日活ロマンポルノなどを執筆し修行生活を送る[1]1974年に『太陽にほえろ!』のプロット募集に入選。その後は『前略おふくろ様』や『大都会』シリーズなどの執筆を経て頭角を表し、1979年、中学生の自殺問題を扱った『死にたがる子』(NHK)が第6回放送文化基金賞ドラマ部門本賞を受賞。以後、時代劇ホームドラマ、文芸作品などを多数執筆し、1997年には『魚心あれば嫁心』で向田邦子賞を受賞した。デビュー以来の執筆作品本数は述べ400本を超える、日本のシナリオ界を代表する作家のひとりである。

人物像[編集]

  • 別冊宝島』(144)の「シナリオ入門」(1999年刊行)に掲載された脚本家アンケートによると、脚本家になるきっかけになったのは成瀬巳喜男に弟子入りを志願した時、「監督になりたいなら脚本を勉強しなさい」と言われたからという。

代表作品[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場映画[編集]

OVA[編集]

小説[編集]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 山本俊輔、佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』、DU BOOKS2015年4月10日、 72頁。

関連項目[編集]