扇澤延男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

扇澤 延男(おおぎざわ のぶを、1956年11月29日 - )は日本脚本家。本名同じ。北海道出身。早稲田大学第二文学部出身。わのぶでないことに注意したい。[独自研究?]一時期「扇沢延男」の名でも活動。

略歴[編集]

シナリオセンターで師事していた金子成人の紹介によりテレビ朝日で企画書やプロットの執筆などを手掛けた後、同局のプロデューサー小関明を通じ『超人機メタルダー』で脚本家デビュー[1]。その後久世光彦率いるKANOXに参加し、1時間ドラマや月9ものを手掛ける傍ら、子供向けの特撮番組や刑事ドラマなどのジャンル物も多数手掛ける。弱者の悲哀や公権力の腐敗・暴走などにスポットを当てた社会性の強い作風が多い。系譜上は倉本聰の孫弟子にあたる。

一方で後進の育成にも尽力し、日本脚本家連盟講師としてトムス・エンタテインメント運営のシナリオライター養成塾にも関わった。

長年メタルヒーローシリーズの脚本を中心に活動していたが、『燃えろ!!ロボコン』最終回後は、主にアニメや2時間ミステリーの脚本を多く手がけている。このことについて本人は「『ロボコン』が終わった後、扇澤は特撮を卒業したとか言われてるけど声が掛からないだけ。いまでもプロデューサーからの誘いを待ってるんですよ」とコメントしている[2]

エピソード[編集]

脚本家の宮下隼一は、扇澤はメインライターでは好きなことが出来ないため絶対にやらないと宣言していると証言している[3]

仮面ライダー電王』などの脚本家・小林靖子は扇澤が脚本を務めた特警ウインスペクター第25話「雨に泣くロボット」を見て脚本家になろうと決意したと語っている[4]。その後、小林が脚本家としてデビュー。彼女が扇澤と共に『重甲ビーファイター』のサブライターを担当していた当時「東映は新人養成学校じゃない」との上層部の意見で、それまでの作品に参加していた新人ライターの多くが一掃された。その際、扇澤は同作品に参加していた宮下隼一と共に彼女をかばったという[4]

主な脚本作品[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

アニメ作品[編集]

ビデオ作品[編集]

  • 特命警察 盲目刑事

脚注[編集]

  1. ^ DVD『特警ウインスペクター』Vol.3 ライナーノーツより
  2. ^ 「東映ヒーローMAX」Vol.34(2010年、辰巳出版)[要ページ番号]
  3. ^ 「特別対談 宮下隼一×野中剛」、『宇宙船』vol.152(SPRING 2016.春)、ホビージャパン、2016年4月1日、 pp.102-103、 ISBN 978-4-7986-1218-8
  4. ^ a b 宇宙船』Vol.121 2008夏[復活2号](ホビージャパン[要ページ番号]

関連項目[編集]