風神の門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風神の門』(ふうじんのもん)は、司馬遼太郎の長編時代小説1961年昭和36年)から1962年4月まで『東京タイムズ』に連載された。単行本は1962年に新潮社から刊行され、現行は新潮文庫(新版全2巻)で多数重版され、春陽文庫全1巻と『司馬遼太郎全集.2』(文藝春秋)にも収められている。

戦国時代忍者霧隠才蔵こと服部才蔵が主人公となっている。真田十勇士を題材にした作品であるが、猿飛佐助と霧隠才蔵以外の十勇士は殆ど描写されていない。また、作品に登場する忍術は一貫して合理性を持たせて描写されており、忍術ものとしては荒唐無稽な描写が少ない作風となっている。

本作を原作とした同名のテレビドラマが1980年NHK総合テレビジョンで放送された。

あらすじ[編集]

時は関ヶ原の戦いから十数年を経ていた。徳川家康により、豊臣家は大坂城に莫大な黄金と共に封じられていた。嵐の前の静けさか、京大阪では秘密裏に徳川・豊臣双方の間者が暗躍していた。

そんな時期に、伊賀忍者の頭領霧隠才蔵は人違いで何者かに襲われた。その真相を探るべく動きだした才蔵を、時勢の渦が捕らえてゆく。

真田幸村に忠誠を誓う猿飛佐助率いる甲賀の集団。謎の技を駆使する風魔の集団・伝説の忍者獅子王院との忍術合戦に、才蔵は命をかけて臨んでゆく。やがて、戦国期の終焉を告げる大坂の陣へ至る。

テレビドラマ版[編集]

本作を原作とした同名のテレビドラマ(全23回)が、1980年4月9日から10月1日まで、毎週水曜午後8時にNHK総合テレビジョンで放送された。2006年2016年には時代劇専門チャンネル再放送された。DVDも出されている。ただしドラマ版と小説版は相当異なっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

サブタイトルと視聴率[編集]

  1. 伊賀者上洛(12.8%)[1]
  2. 冬の暗流(12.8%)
  3. 影の群像(11.1%)
  4. 風雲胎動(12.7%)
  5. 大坂暮色(8.3%)
  6. 暗殺街道(11.6%)
  7. 九度山慕情(11.2%)
  8. 変身居士(9.3%)
  9. 時節到来(10.8%)
  10. 大殺陣(10.2%)
  11. 家康狙撃(10.1%)
  12. 城壁に死す(11.2%)
  13. 敵中潜行(9.3%)
  14. 追撃無宿(9.4%)
  15. 名古屋城大爆破(8.8%)
  16. 影法師参上(5.4%)
  17. 慶長地獄節(11.9%)
  18. 開戦前夜(9.1%)
  19. 大坂冬の陣(11.8%)
  20. 甲賀決死隊(11.2%)
  21. 女忍者無情(10.8%)
  22. 幸村憤死(10.9%)
  23. 戦士の出発(11.6%)

脚注[編集]

  1. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。
NHK総合テレビジョン 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
風神の門