青木一重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
青木 一重
Aoki Kazushige.jpg
青木一重像(仏日寺蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文20年(1551年
死没 寛永5年8月9日1628年9月6日
改名 一重→令曇(法名)
別名 重通、通称:忠助、所右衛門、民部少輔
戒名 梅隣院殿華屋令曇居士
墓所 東京都渋谷区祥雲寺
大阪府池田市の仏日寺
官位 従五位下民部少輔
幕府 江戸幕府
主君 今川氏真徳川家康丹羽長秀豊臣秀吉秀頼→徳川家康→秀忠
摂津麻田藩
氏族 青木氏
父母 父:青木重直
兄弟 一重小寺則頼[1]室、重経[2](渥美重経)、直継[3]可直[4]
養子正重重兼

青木 一重(あおき かずしげ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名摂津国麻田藩の初代藩主

略歴[編集]

天文20年(1551年)、青木加賀右衛門重直の長男として美濃国で生まれた。青木氏は美濃の豪族で、土岐氏斎藤氏に仕えていたが、どういう経緯か分からないが、一重は父・重直の下を離れて、初め今川氏真に仕えた。新坂(にいさか)の戦いで、敵と槍合わせをして組討って首級を挙げ、褒美に黄金を賜った。永禄11年(1568年)の今川氏滅亡の際の駿河侵攻で、武田・徳川軍との交戦で負傷して、遠江国掛川に蟄居した。

元亀元年(1570年)、徳川家康に召されて仕えることになり、6月の姉川の戦いでは、朝倉家の武将・真柄直隆の子・隆基(十郎)を討ち取るという武功を挙げて、勇名を轟かせた。元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いでは、本多太郎左衛門と共に増援を命じられ、高天神城の守備にあたっていたが、この戦いでは弟・重経が武田勢を食い止めるために戦って討ち死にしている。天正元年(1573年)、徳川氏を出奔し、織田信長の家臣である丹羽長秀に仕えていた父・重直を頼った[5]

丹羽家の家臣として、山崎の戦い賤ヶ岳の戦いなどに参加したが、天正13年(1585年)に長秀が死去すると、羽柴秀吉に仕え、使番となり、後に黄母衣衆に選抜された。同年、摂津国豊島郡内に知行を与えられ、備中国伊予国内などで加増されて、併せて1万石を領し、麻田城主(麻田陣屋)となった。天正15年(1587年)、九州戦役に従軍。天正16年(1588年)、後陽成天皇聚楽第行幸に際して、従五位下民部少輔に叙任され、七手組[6]の組頭の1人とされた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後も大坂城に出仕。

慶長18年末の父の死に際して遺領(約2,000石)を継ぎ、摂津豊島郡兎原郡備中国後月郡浅口郡小田郡の5郡、及び伊予国においての所領、併せて1万2,000石となる。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では将として城の一角を守備した。12月、和議交渉が始まって、秀頼からの礼謝使節として駿府の家康の許へ派遣されたところ、京都で返事をするというので随行したが、同地で京都所司代板倉勝重に、「もし大坂に戻れば(家康に近侍していた)弟・可直[4]を誅殺する」と警告されたために、大坂には戻らず、剃髪して隠棲した。このため、元和元年(1615年)の大坂夏の陣には参加しなかった。その後、二条城に召し出され、家康に再び仕えることになったが、減封はなく、可直に2,000石を分与して1万石とするとされた。また、幕府への配慮からか夏の陣で一重の代理で指揮を執っていた養子・正重[7]を、病気を理由に廃嫡し、代わりに弟の可直の子である重兼を迎え、養嗣子とした。

寛永5年(1628年)、死去。享年78。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小寺宮内右衛門。斎藤義龍の家臣。
  2. ^ 徳川家康の家臣。三方ヶ原の戦いで討死。
  3. ^ 羽柴秀吉の家臣。天正6年の播磨攻めで戦死。
  4. ^ a b 次郎右衛門。徳川家康の家臣。麻田藩2代藩主重兼の実父。
  5. ^ なお、小牧・長久手の戦いの後、羽柴秀吉が一重を自らの家臣にしたいと家康に頼んだため、秀吉の家臣となり黄母衣衆となったとする書物もあるが、『寛政重修諸家譜』などには丹羽家仕官時代を挟むことが書かれている。
  6. ^ 速水守久伊東長実ら1万石取り大名で構成された豊臣家の旗本衆。
  7. ^ 義弟小寺則頼の子。

出典[編集]

関連項目[編集]