青木正重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
青木正重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正9年(1581年
死没 寛文4年8月3日1664年9月22日
改名 正重→小寺道伯→小寺宮内右衛門
官位 従五位下駿河守
主君 豊臣秀頼青木重兼
氏族 青木氏
父母 父:小寺則頼、母:青木重直
養父:青木一重

青木 正重(あおき まさしげ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将

略歴[編集]

母方の伯父である青木一重の養子となり、一重の所領である伊予国周布郡の代官を務めた。慶長19年(1614年)、従五位下駿河守に叙任する。同年の大坂冬の陣にも養父に従い参加した。翌慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では、青木軍の指揮を執った。

しかし、戦後に一重が徳川家に赦免され、初代麻田藩主となると、正重は大坂方として最後まで戦った経歴もあってか廃嫡され、代わって従弟にあたる重兼が養子に迎えられ嫡子となった。廃嫡後は剃髪して小寺道伯を名乗り、摂津国の牧庄に隠棲したが、寛永年間には小寺宮内右衛門を名乗って新田開発や年貢決定など麻田藩政に関わり、一重の跡を継いだ重兼の補佐をしている。

寛文4年(1664年)、死去。享年84。