青木氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木氏
家紋
ふじさん
富士山
(あおきふじ)
(青木富士)
本姓 武蔵七党丹党後裔
藤原北家魚名流
種別 武家
華族子爵
出身地 武蔵国入間郡青木
主な根拠地 武蔵国入間郡青木
摂津国豊嶋郡
凡例 / Category:日本の氏族

青木氏(あおきし)は、日本氏族



丹党の青木氏(神奴氏・丹治氏)[編集]

武蔵七党の一つ丹党の末裔の一族が、武蔵国入間郡青木の地を領して本貫とし、青木姓を称したといわれる[1]

戦国時代には、その青木氏の末裔を称する美濃出身の青木重直青木一重の一族が徳川家康豊臣秀吉に仕えて出世した。江戸時代には小藩ながら外様大名として摂津麻田を支配し、明治維新後は華族となった。一族には別に旗本となったものもいる。


藤原氏魚名流[編集]

同じく青木姓の戦国武将として青木一矩がいるが、こちらは藤原北家魚名流を称す。豊臣秀吉の一門衆として繁栄したが、その一族は関ヶ原の戦いの際に西軍に与したため戦後改易となった。大坂城落城の後には系譜絶え、商家に転じた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田 1934, p. 8.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]