青木重正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
青木重正
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 元禄6年8月15日1693年9月14日
改名 朝倉重正→青木重正→重成
別名 重成、通称:内膳、民部、甲斐守
戒名 陽徳院殿徹山道剛大居士
墓所 瑞聖寺
官位 従五位下甲斐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
摂津麻田藩
氏族 朝倉氏青木氏
父母 父:朝倉宣親、母:酒井忠勝娘・長松院
養父:青木重兼
兄弟 養兄弟:可一(酒井忠勝三男)
正室:青木重兼娘・マン[1]
直政[2]重矩、長女、朝倉景孝[3]
加藤明教[4]、源三郎

青木 重正(あおき しげまさ)は、江戸時代前期の大名摂津国麻田藩3代藩主。

生涯[編集]

寛永2年(1625年)、駿府藩主・徳川忠長の家老朝倉宣親の長男として生まれた。初め外祖父・酒井忠勝に養われる。

麻田藩2代藩主・青木重兼には嗣子がなかった。重兼の室は、酒井忠利の養女[5]であり、忠利の長男である忠勝の三男・可一を養嗣子として迎えたが寛永21年(1644年)6月に17歳で早世した。そこで忠勝の外孫である重正が婿養子として迎えられ、承応元年(1652年)、重兼の娘(後の慶雲院)を室とした。

寛文12年(1672年)12月9日、重兼の隠居により跡を継いだ。同月28日、従五位下甲斐守に叙任された。元禄3年(1690年)5月18日、大番頭に任じられた。元禄5年(1692年)1月11日、御留守居に転じ、さらには3月1日、御側衆となるなど、徳川綱吉から厚い信任を受けた。

元禄6年(1693年)8月15日に6亡くなる直前の9日に、綱吉から侍医の森雲仙曾谷長順、杉山検校の3名を特に派遣されて診療されていることが、それを示していると言える。享年69。白金の瑞聖寺に葬られた。

家督は正室の子で次男・重矩が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 慶雲院殿正寿元信大居士。
  2. ^ 初名は重賢。青木直澄養子。
  3. ^ 朝倉景行養子。
  4. ^ 初名は重朝。加藤喜隆養子。
  5. ^ その実は忠利の兄重忠の子忠季の娘。

出典[編集]


関連作品[編集]