覇王の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

覇王の家』(はおうのいえ)は、司馬遼太郎歴史小説徳川家康の幼少期から天下を取るまでを描く。1970年から翌年にかけ「小説新潮」に連載された。なお司馬は、同時期に「週刊新潮」で、大坂の役を扱った『城塞』を連載していた。

作品内容[編集]

徳川家康を主人公とし、今川家で過ごした幼少期から、豊臣秀吉と戦った小牧・長久手の戦いまでを中心に描いている。『関ヶ原』や『城塞』といった司馬作品で描かれた関ヶ原の戦い大坂の役などは触れられていない。これらの作品とは異なり、小心で極めて慎重だが悪意を持たない人物として徳川家康が描かれている。

刊行書誌[編集]