悦ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悦ちゃん
著者 獅子文六
発行日 1937年昭和12年)3月
発行元 大日本雄辯會講談社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

悦ちゃん』(えっちゃん)は、獅子文六による長編小説。獅子文六初の新聞連載小説で、1936年昭和11年)7月から1937年(昭和12年)1月まで『報知新聞』に連載、1937年(昭和12年)3月に大日本雄辯會講談社より刊行された。連載終了後すぐに映画化され、戦後もたびたびテレビドラマ化されたため、獅子文六の作品のなかでは最もよく知られた作品の一つとなっている。

またそれを原作とする映像作品。

概要[編集]

獅子文六初の新聞連載小説として1936年昭和11年)7月19日から1937年(昭和12年)1月15日まで『報知新聞』に連載され、1937年(昭和12年)3月に大日本雄辯會講談社より刊行された。妻を亡くした頼りない作詞家と賢くて元気いっぱいの一人娘・悦っちゃんの親子関係を描く家庭小説である[1]。獅子文六は戦後、自伝小説『娘と私』の中で、主人公の悦ちゃんの描写は、実娘の幼少期がモデルであることや、作品の成功で生計の道が開けたことなど、『悦ちゃん』執筆前後の状況を書いている。

1937年(昭和12年)に日活により映画化。また1958年(昭和33年)に日本テレビ系「獅子文六アワー」でテレビドラマ化されて以降たびたびテレビドラマ化された。

2000年代以降の獅子文六の再評価に伴い2015年12月9日にちくま文庫より復刊されて他の復刊作品とともに静かな獅子文六ブームとなり、2017年7月から9月までNHK総合土曜時代ドラマ」にてテレビドラマ化された[2][3]

あらすじ[編集]

妻に先立たれた作詞家の「碌さん」こと柳碌太郎の再婚話をめぐって、その娘である「悦ちゃん」こと悦子が奔走する。

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

  • 悦ちゃん(1937年3月、大日本雄辯會講談社
  • 悦ちゃん(1947年3月、双山社)
  • 獅子文六集 南の風 東京温泉 悦ちゃん(1950年、日比谷出版社)
  • ユーモア小説全集 第5 悦ちゃん(1952年9月、東成社)
  • 新編現代日本文学全集 第31巻(1957年5月、東方社
  • 悦ちゃん(1957年7月、角川文庫
  • 獅子文六作品集 第2巻(1958年7月、角川書店
  • 悦ちゃん(1960年、東方社 東方小説選書)
  • 獅子文六作品集 第1(1965年6月、集英社 コンパクトブックス)
  • ジュニア版日本文学名作選 29 悦ちゃん(1965年12月、偕成社、絵・宮田武彦)
  • 獅子文六全集 第1巻(1969年7月、朝日新聞社
  • 大衆文学大系 22 佐々木邦・獅子文六集(1973年2月、講談社
  • 悦ちゃん 上・下(1992年12月、埼玉福祉会 大活字本シリーズ)
  • 悦ちゃん(2015年12月9日、ちくま文庫ISBN 978-4-480-43309-1

映画[編集]

悦ちゃん
監督 倉田文人
脚本 倉田文人
出演者 江川宇礼男
悦ちゃん
音羽久米子
中野かほる
津村博
撮影 気賀靖吾
配給 日活
公開 日本の旗 1937年2月28日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1937年日活多摩川撮影所で映画化された。この時日活は主人公である悦ちゃん役を公募し、当時小学4年生だった江島瑠美が選ばれた。これがデビュー作となった江島は、役名にちなんだ悦ちゃんの芸名で出演し、一躍人気子役となる。

配役[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 倉田文人
  • 脚色 - 倉田文人
  • 撮影 - 気賀靖吾

テレビドラマ[編集]

数回にわたってテレビドラマ化されている。

日本テレビ版[編集]

1958年1月8日から同年11月26日にかけて、日本テレビの制作により日本テレビ系列「獅子文六アワー」の第2弾として毎週水曜日の18:15から18:45に放映された。日本電池(現:ジーエス・ユアサコーポレーション)一社提供

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 野崎一元
  • 脚本 - 関沢新一
日本テレビ 水曜18:15 - 18:45枠
前番組 番組名 次番組
悦ちゃん
(日本テレビ版)
遊星王子
※火曜19:00より移動
日本テレビ系 日本電池一社提供
忍術真田城
悦ちゃん
(日本テレビ版)
新吾十番勝負
(火曜19:00 - 19:30)

NHK版(1965年)[編集]

1965年4月25日に、NHK総合家庭劇場」(毎週日曜 9:00 - 9:40)の第3回として放送された。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 獅子文六
  • 演出 - 泰山英世

朝日放送版[編集]

1965年9月27日から1966年2月25日にかけて[4]朝日放送の制作によりTBS系列月曜日 - 金曜日帯ドラマ[4]として放映された。放送時間は14:15 - 14:30[4]。全110回[4]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 的井邦雄

NHK版(1974年)[編集]

1974年5月27日から同年6月19日にかけて、NHK総合テレビの「少年ドラマシリーズ」枠で放映された。悦ちゃん役には名古屋市の小学4年生だった服部真由美が公募で選ばれた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出 - 武井博、日下部亮、佐野竜之助、松沢健
  • 脚本 - 三枝睦明

NHK版(2017年)[編集]

悦ちゃん
〜昭和駄目パパ恋物語〜
ジャンル 時代劇
放送時間 土曜 18:05 - 18:43(38分)
放送期間 2017年7月15日 - 9月16日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 落合将
演出 大原拓
清水拓哉
二見大輔
原作 獅子文六『悦ちゃん』
脚本 櫻井剛
プロデューサー 家冨未央
出演者 ユースケ・サンタマリア
門脇麦
石田ニコル
平尾菜々花
ナレーター 片岡愛之助
エンディング 「パパママソング」
時代設定 昭和10年
外部リンク 公式サイト

特記事項:
4Kドラマ
テンプレートを表示

悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜』(えっちゃん しょうわだめパパこいものがたり)と題して[5]、NHK総合テレビの「土曜時代ドラマ」枠で2017年7月15日から9月16日まで放送された。全8回。主演はユースケ・サンタマリア[6]。悦ちゃん役には200人を超える応募者の中からオーディションで平尾菜々花が選ばれた[7]

企画・制作[編集]

プロデューサーの家冨未央が、2015年にちくま文庫より復刊された獅子文六の原作を書店の店頭で偶然目にしてそのカラフルな装丁に惹かれて手に取り、「ダメなところも含めて愛らしい中年男の恋物語が明るくポップに描かれていて、パパやママなど80年前に書かれたとは思えないモダンな言葉の嵐。新鮮でした」と、若年層もターゲットにとリニューアルされた「土曜時代ドラマ」枠の第2弾としてドラマ化を企画。過去の映像化作品とは一線を画し、昭和10年東京銀座を舞台としたラブコメディ21世紀版として大胆にアレンジし「昭和モダニズムあふれるお洒落なドラマ」として制作された[8]

「中年男の恋に、嫌悪感を抱かれない人」「46歳になっても色気がある」との理由で、明るいキャラクターを持つユースケ・サンタマリアを主演に起用。フランスへ留学しフランス人の妻を持った獅子文六の「国際感覚」を念頭に「“洋”のにおいを出したい」と、フランス映画『アメリ』を意識したすべてをリアルに描くことなく「箱庭」感を引き出したポップでカラフルな美術と演出、鮮やかな色味の衣装、シャンソンをイメージした音楽など、斬新な映像作りが試みられている[8]

昭和初期のポップさ、色彩の豊かさを表現するため、「4K-HDR」の最新映像技術を用いて制作されている[9]

キャスト[編集]

柳家の人々
池辺家の人々
日下部家の人々
スイートレコードの人々
その他の人々
尋常小学校
大松デパート
米屋 越後屋
ポリムビアレコード
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1回 7月15日 求ム!パパのお嫁さん 大原拓
第2回 7月22日 お見合い相手はご令嬢
第3回 8月05日 避暑地のできごと 清水拓哉
第4回 8月12日 誕生!パパママソング
第5回 8月19日 専属作詞家・碌太郎 大原拓
第6回 9月02日 変えられた歌詞 二見大輔
第7回 9月09日 悦子からの手紙 清水拓哉
最終回 9月16日 パパに贈るラブソング 大原拓
NHK総合 土曜時代ドラマ
前番組 番組名 次番組
みをつくし料理帖
(2017.5.13 - 7.8)
悦ちゃん
〜昭和駄目パパ恋物語〜
(2017.7.15 - 9.16)
アシガール
(2017.9.23 -)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山崎まどか (2017年7月12日). “獅子文六とはどんなひとだったのか”. 悦ちゃん. NHK. 2017年7月24日閲覧。
  2. ^ 高橋天地 (2016年8月1日). “獅子文六、静かなブーム 「自由学校」も復刊”. 産経ニュース (産経デジタル). http://www.sankei.com/life/news/160801/lif1608010016-n1.html 2017年7月24日閲覧。 
  3. ^ ““忘れられた”昭和の人気作家・獅子文六が再ブレイク! ちくま文庫、7月〜9月にかけて毎月1点ずつ刊行を決定” (プレスリリース), 筑摩書房, (2017年7月12日), https://www.atpress.ne.jp/news/132867 2017年7月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のテレビ番組データベースより、『悦ちゃん』を参照。
  5. ^ 舞台は昭和 明るくチャーミングなラブコメディー♢悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜【試写会&会見】”. NHK_PR. NHKオンライン (2017年7月13日). 2017年7月14日閲覧。
  6. ^ ユースケ・サンタマリアさん主演「悦ちゃん」制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2017年4月27日). 2017年4月27日閲覧。
  7. ^ 『悦ちゃん』〜アンコウPと麻呂APのウフフ話〜 #7”. 悦ちゃん ドラマスタッフブログ. NHKドラマ (2017年7月14日). 2017年7月27日閲覧。
  8. ^ a b “NHK“新しい時代劇”に挑戦!“土6”「悦ちゃん」若年層狙う仕掛け奏功”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年8月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/05/kiji/20170729s00041000129000c.html 2017年8月6日閲覧。 
  9. ^ 4Kドラマで鮮やかに蘇る! カラフル&ポップな昭和初期 〜4K-HDRで表現するNHK時代ドラマ『悦ちゃん』〜”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2017年9月16日). 2017年9月16日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

  • 娘と私 - 獅子文六の自伝小説。本作執筆時のエピソードが描かれる。

外部リンク[編集]