宮本隆治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みやもと りゅうじ
宮本 隆治
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市門司区
生年月日 (1950-10-08) 1950年10月8日(68歳)
血液型 AB型
最終学歴 慶應義塾大学文学部
所属事務所 ノースプロダクション
活動期間 1973年 -
ジャンル 報道情報番組バラエティ番組音楽番組
配偶者 あり
家族 妻、弟、宮本優香(長女)、次女、孫
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

宮本 隆治(みやもと りゅうじ、1950年10月8日 - )は、ノースプロダクション(旧イースト・プロダクション)所属のフリーアナウンサータレント司会者である。サイバー大学客員教授。元NHKアナウンサー

略歴[編集]

福岡県門司市(現:北九州市門司区)出身。母親はボランティア活動に熱心であり、父親は市長秘書でGHQの通訳も務めていた。多忙な両親のために、幼い頃から自分と弟の食事を作ることも多かった。この時に『きょうの料理』を視聴していたのが、NHKとの出会いであった。小学生時代にはボーイスカウトに入団。制服が好きで毎日のように着ていたという。とにかく好奇心が旺盛で、合唱や落語、相撲に興味を持つ。中学生の頃に自身の声が西郷輝彦の声に似ていると言われ、ものまねをしたことがきっかけとなり、特技が「ものまね」になった。NHKの採用面接でも「声帯模写」として面接官の前で披露したという。

私立明治学園中学校福岡県立小倉高等学校と進学し、高校ではESSに入部、部長を務めた。加山雄三に憧れ、加山の後輩になりたいと思い、1969年慶應義塾大学文学部に進学。馬術部に入部したが、友人の誘いで少林寺拳法部へ見学に行ったところ、先輩に入部させられた。関東学生少林寺拳法連盟の副会長時代、放送部員へ払うアルバイト代を節約するため、自ら少林寺拳法の全国大会で場内アナウンスを担当した。日本武道館に響き渡る自分の声に感動し、アナウンサーという仕事に喜びとやりがいを感じ、将来の夢として志望することになる。

1973年に慶應義塾大学を卒業しNHKへ入局。同期に大塚範一池上彰らがいる。目標は『NHK紅白歌合戦』の司会を務めることであった(入局23年目の1995年に実現し、以後2000年まで6年連続で総合司会を務めた)。元々は民放志望だったが、宮本が就職活動をしていた年はアナウンサーの採用がどこの局も少なく、一部の在京キー局ではアナウンサーの採用を行わなかった程であった。それにより、アナウンサー試験は例年にない程の相当な狭き門となっていた。結局、フジテレビTBSの採用試験を受験するも落ちたという[1]

初任地は帯広放送局1973年6月8日 - 1977年3月)。帯広放送局勤務時代に結婚。妻は高校生の時に北九州のデパートでアルバイトをしていた頃に知り合った女性で学生時代からの遠距離恋愛を成就させ結婚。その後、2女を儲ける。長女はフリーアナウンサーの宮本優香(元宮崎放送アナウンサー)。帯広放送局での勤務後、京都放送局(1977年4月-1981年3月)→東京アナウンス室(1981年4月-1993年3月)→福岡放送局(1993年4月-1995年3月)→東京アナウンス室(1995年4月-2007年3月)の順に勤務。NHKや民放とは違う第3のアナウンサー像を目指し、人気を集め、主に芸能・音楽番組を中心に出演した。最終役職は「エグゼクティブアナウンサー」(民放では局長級)。

2007年、NHK独自の「役職定年制度」による定年退職の期限を迎えたことから、今後の出処進退を考えた際、「喋る仕事にこだわりたい」として3月末で退職、フリーとなる。定年退職後3年間は嘱託職員という形で、NHKにアナウンサーとして残留することもできたが、その選択肢は選ばなかった。その後、女性初のNHKアナウンス室長を務めた山根基世、定年後は跡見学園女子大学で教鞭をとりながらフリーで仕事を続けていた広瀬修子とともに、有限責任事業組合ことばの杜」を立ち上げた。後にイーストプロダクション所属となり各方面で活動中。民放初出演は日本テレビ週刊オリラジ経済白書』である。その後は日本テレビのスペシャル番組『モクスペ』(2009年3月終了)にも不定期で出演するなど、テレビでは日本テレビにのみ出演していたが、後に様々な局に出演するようになった。

NHK時代には紅白など音楽番組の司会経験が豊富であったことから、フリー転身後も歌謡番組の司会を務めることが多い。

エピソード[編集]

  • 高校生時代通った北九州市小倉北区にあるラーメン店「四方平」には、毎年正月にサインを送っている。
  • NHK北九州放送局地上デジタル放送を始めるにあたり、『NHKのど自慢苅田町大会の放送の合間を利用して帰省し、PR用のCMを撮影。放送開始前に大量にスポットCMとして放映された。
  • 『NHK紅白歌合戦』で初総合司会担当が決まった際、大晦日が来るのが怖かったと話している[2]。また、紅白の総合司会を6年連続担当を最後に降板となった際、「アドリブが利かないこと」などが原因と当時週刊誌で報じられた。後に『ゲンダイネット』(2007年2月5日付)は「(宮本が行っていた)講演会や結婚式の司会など過ぎた“副業”が問題視されたため」との芸能記者の話を掲載した。
  • 名目上の退職日は2007年3月31日だが、実際は翌4月1日に『のど自慢』を降板する予定であった。しかし、3月25日能登半島地震が発生。関連報道のため休止となり、正式にNHKを去ったのは4月8日となった。
  • 2006年度の上智大学の学内誌「ソフィア」は『NHKのど自慢』を特集に取り上げ、宮本自身も招かれた。
  • 趣味の一つにラテンダンスがある。
  • 慶応義塾大学の先輩で憧れていた加山雄三の冠番組若大将のゆうゆう散歩』(テレビ朝日)で初回放送から最終回までナレーションを務めた。ナレーションのオファーについては、加山が番組スタッフと相談し決めた。なお、2015年3月6日放送分まで、テロップの宮本の名前の上に「若大将の後輩」と表示されていた。
  • NHK時代にナレーションを担当した「青海チベット鉄道」は、 フィラーに再編集され、2014年現在でも早朝に頻度高く放送されている。

出演番組・作品[編集]

現在のレギュラー出演番組[編集]

過去の主な出演番組[編集]

NHKアナウンサーとして[編集]

フリー転身後[編集]

2007年
総合司会を同局アナウンサーの宮崎宣子と担当した。これは同系で放送される大晦日から元日の番組を生放送で繋ぐプログラムである。
2008年
2009年
2010年
2011年
※ 番組放送開始時のタイトルは「木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜」
2012年
2013年
  • 池上彰&宮本隆治が懐かしの名曲で綴る昭和の大ニュース!(9月7日、BSジャパン)司会
2014年
2016年
  • あのスターにもう一度逢いたい(2016年4月5日 - 2018年3月27日、BS11) - MC
  • BS日テレ「芸能人対抗!家族のキズナ歌合戦」(2016年4月8日 - 2017年3月31日) - 司会
  • テレビ東京「〜歌のワイドショー〜音楽の森」(2016年10月15日 - 2017年3月25日) - 司会[3]

CD[編集]

  • 「宮本隆治の"千の風になって"」(WNCD-7)
  • 金沢の雨(デュエット・バージョン)」(川中美幸・宮本隆治、TECA-10117)
  • 「NHK歌謡コンサート熱唱! 〜華麗なる歌舞台〜」(ナレーションとして)
  • 恋猫」門倉有希と宮本隆治(ユキ&リュウジ)(VICL-37153) 「宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星」テーマソング 作曲家として大ヒット曲を多数制作した三木たかしさん。世に出ていない三木たかしさんの“未発表曲”が数曲あることがわかり、その中の2曲が、門倉有希と宮本隆治の異色ペアのデュエット曲として実現!

イベント司会[編集]

CM[編集]

  • 龍角散「龍角散ダイレクト」(2011年~)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1973年度にフジテレビへ入社したのは、増田明男海野まり子である。
  2. ^ http://ichimon.main.jp/no37/37miyamoto.html 紅組司会・短期養成講座 宮本隆治
  3. ^ “テレ東、演歌&歌謡曲の新番組10・15スタート”. ORICON STYLE. (2016年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2079485/full/ 2016年10月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]