古谷敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるや としろう
古谷 敏郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都八王子市
生年月日 (1965-04-06) 1965年4月6日(54歳)
血液型 O型
最終学歴 東京経済大学経営学部卒業
勤務局 NHK札幌放送局
部署 放送局
職歴 奈良松山大阪東京アナウンス室→松山→東京アナウンス室→日本語センター出向→札幌
活動期間 1989年
配偶者 あり
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

古谷 敏郎(ふるや としろう、1965年4月6日 - )は、NHKエグゼクティブアナウンサー

人物[編集]

佼成学園高等学校東京経済大学経営学部卒業後の1989年入局。 奈良、松山、大阪に勤務。 「スタジオパークからこんにちは」「0655」「ラジオ朝いちばん」「音楽夢倶楽部」「ちきゅうラジオ」をはじめ、「芸術劇場」 「芸能花舞台」「にっぽんの芸能」など、 主に伝統芸能系の番組を担当してきた。 現在は札幌放送局で、 「おはよう北海道 土曜プラス」キャスターを務める。

趣味は10歳から始めたマジック。 2012年日本奇術協会からフェローシップ賞を受けた[1]

中学や佼成学園時代は、吹奏楽部やマジック慰問の活動をする一方、大学3年のときに国税専門官の試験に合格。しかし、大学の先輩・相川浩元NHKアナウンサーから言われた

テレビやラジオの番組作りとは、
スタッフみんなが一丸となり
情熱と愛情を傾けるという意味で、
学校でいえば、文化祭や学園祭のようなもの

その一言が殺し文句となり、放送局受験を決意した[2]

好きな食べ物はスパゲッティ、苦手な食べ物は漬け物全般[3]

NHK札幌放送局での勤務は入局時からの希望で、入局28年目になって実現した[4]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

松山放送局時代(1度目)
東京アナウンス室時代(1度目)
  • スタジオパークからこんにちは(2000年3月~2002年3月・2003年4月)
    • 2000年3月13日~24日は『NHKニュース10』の番組打ち合わせで不在だった堀尾正明に代わりゲストトークの司会を務めた(代役出演1回目)。
    • 2000年4月~2001年3月は二時台の曜日別各コーナーの総合司会、2001年4月~2002年3月はゲストトークの司会を担当(レギュラー出演)。
    • 2003年4月24日・25日は盲腸炎で入院した小田切千に代わりゲストトークの司会を務めた(代役出演2回目)。
    • 上記の役割を担当中、いずれも「暮らしの中のニュース解説」の聞き手も兼任。
  • 芸術劇場
  • 芸能花舞台(2002年度~2005年度)
松山放送局時代(2度目)
東京アナウンス室(2度目)・日本語センター時代

他局番組の出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラジオあさいちばん・番組紹介ページより。
  2. ^ 「アナウンサー仕事の流儀」(2013年8月26日時点のアーカイブ)より
  3. ^ ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショーSTVラジオ、2016年6月18日・生放送)に出演した際に本人が発言
  4. ^ ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショーSTVラジオ、2016年6月18日・生放送)に出演した際に本人が発言

外部リンク[編集]