宇和海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇和海と真珠養殖場

宇和海(うわかい)は、愛媛県大分県の間にある豊後水道の愛媛県側の海のことである。また、便宜上、南宇和の複雑な入り江が混じった海岸線(一般に宇和海リアス式海岸)を指すこともある。国立公園の足摺宇和海国立公園の「宇和海」は後者の定義を兼ねている。

概要[編集]

豊後水道の愛媛県側を「宇和海」と呼んでいる。奥には宇和島湾があり、大小様々な島が浮かんでいる。北は佐田岬半島、南は日振島などの島々や由良半島に囲まれている。

沿岸は変化に富み複雑な構造のリアス式海岸で、御荘を始め、景勝に富んだ場所が多い。磯海岸が多く、流れ込む河川はいずれも小規模であることもあり、砂浜は佐田岬半島の南岸にみられる程度と少ない。沿岸では入り江を利用した養殖漁業も盛んであり、特に真珠ハマチマダイの養殖は全国有数のメッカとなっている。また、内陸部は段丘が発達しており、段丘面では温州みかんの栽培も盛んである。

ただ、鉄道交通網や道路網の未整備など交通アクセスが非常に脆弱(特に宇和島市以南)で、都市圏から時間を要するため、志摩半島若狭湾などと比較すると、観光開発はさほど進行していない。

宇和海の主な島[編集]

関連項目[編集]