堀尾正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほりお まさあき
堀尾 正明
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 埼玉県[1]
生年月日 (1955-04-24) 1955年4月24日(62歳)[2]
血液型 A型
最終学歴 早稲田大学第一文学部哲学科
職歴 文学座附属演劇研究所→劇団俳優座映画放送部→NHKアナウンサー(北九州福岡大阪東京アナウンス室[2][3]
活動期間 1981年4月 -
(アナウンサーとして)
ジャンル 不定
配偶者 あり
公式サイト 株式会社 ノット・コミュニケーションズ(所属事務所)
出演番組・活動
現在 誰だって波瀾爆笑
土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!
過去 スタジオパークからこんにちは
NHKニュース10
サンデースポーツ
難問解決!ご近所の底力
江川×堀尾のSUPERうるぐす
イブニングワイド
100分de名著
Nスタ

堀尾 正明(ほりお まさあき、1955年4月24日 - )は、日本フリーアナウンサー司会者ニュースキャスターラジオパーソナリティ日本体育大学客員教授2014年まで)、エフエム戸塚取締役。元NHKエグゼクティブアナウンサー(局次長級)。身長170cm。

経歴[編集]

1955年4月24日生まれ。父親は室蘭工業大学卒業の山師で、マンガンなどの鉱脈を探して全国を転々[4]。正明は岡山で生まれ、山形愛知神奈川と移り、中学から埼玉県大宮市(現:さいたま市)で育つ[4]埼玉県立浦和高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科卒業。中学生の頃は卓球部で大宮市の大会で優勝経験があり、高校生時代はサッカー部でレギュラー[4]大学在学中に文学座附属演劇研究所に入り、研究生としてミュージカルに出演。その後、劇団俳優座映画放送部に所属し、『大空港』(フジテレビ系)で、東南アジアから来たマフィアの「ジミー」役としてなど、テレビドラマに出演したこともあった[4]

俳優座を退団後、1981年、26歳でNHKにアナウンサーとして入局。初任地はNHK北九州放送局。俳優志望だった経歴から1987年NHK福岡放送局制作九州五分間ドラマ「博多屋台ものがたり」や「博多ごりょんさん物語」に、九州の実力派劇団テアトルハカタと共に出演。「博多屋台ものがたり」では下川辰平と、「博多ごりょんさん物語」ではばってん荒川と競演した後、東京異動後は芸能畑を担当。1995年開始の『スタジオパークからこんにちは』の司会者となる。

2000年、『NHKニュース10』のキャスターで報道番組を担当。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件では、放送開始直後に第一報が入りニューヨークと中継を交えて伝えた。2002年には、『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』を担当しスポーツ畑へ、自国開催である「2002 FIFAワールドカップ」報道のメインキャスターを担う。その後もオリンピック関連の番組を担当。2007年に『サンデースポーツ』を降板、長く『難問解決!ご近所の底力』進行だった関係で「地域応援キャンペーン」担当となった。

2008年3月31日付でNHKを退職[5][6]。2008年8月に開催された北京オリンピックで、日本テレビのオリンピック中継番組メインキャスターを明石家さんま櫻井翔)と共に担当した。2014年まで日本体育大学客員教授も務める[7]。2008年10月には、同局『誰だって波瀾爆笑』・『SUPERうるぐす』の司会に起用された。また、同年10月4日からTBSラジオで『土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!』が開始。

2009年9月28日からはTBSテレビ平日夕方の報道・情報番組『イブニングワイド』の総合司会(メインキャスター)に就任。『誰だって波瀾爆笑』の収録に出るため、隔週木曜日で『イブニングワイド』を欠席していた。2010年3月21日に、NHKの「春“スタパ祭り2010”」の企画として、かつて『スタジオパークからこんにちは』で司会コンビを組んだ高見知佳との10年ぶりのコンビでトークショーを開催した。2010年3月29日からは、『イブニングワイド』をリニューアルした『Nスタ』のメインキャスター(総合司会)に就任。2010年4月からは、NHK『地球ドキュメント ミッション』の司会を担当(2011年3月まで)。

人物[編集]

かつてはサッカーをプレーしており、高校時代はサッカー部に在籍していた。練習試合では岡田武史と知り合い、その後、堀尾がメインキャスターを務めたNHK「2002 FIFAワールドカップ」の特別番組に岡田が解説として出演するなど、親交がある。

プロ野球阪神タイガースファン(阪神ファン)である。長男は聖望学園高等学校時代に甲子園出場経験を持つ。

今上天皇の狭心症冠動脈バイパス手術を執刀した医師の天野篤は、浦和高校の同級生。

冬のソナタ』のファンである[8]

出演番組[編集]

過去[編集]

学生時代
NHK時代
フリー時代

CM[編集]

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!|TBS RADIO AM954 + FM90.5”. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2015年7月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、1024頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  3. ^ 堀尾正明のプロフィール - Knot Communications - ノット・コミュニケーションズ”. ノット・コミュニケーションズ. 2015年7月22日閲覧。
  4. ^ a b c d 週刊文春」2010年3月11日号p124、「阿川佐和子のこの人に会いたい」
  5. ^ “報道資料 堀尾正明アナウンサーの退職について” (プレスリリース), NHK広報局, (2008年3月4日), オリジナル2008年9月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080915155249/http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/080304.html 2008年3月4日閲覧。 
  6. ^ NHKの堀尾正明アナが3月で退職へ”. 時事通信 (2008年3月4日). 2008年3月4日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ NHK退職の堀尾アナ、日テレ五輪番組担当 - 日刊スポーツ、2008年5月8日閲覧。
  8. ^ 堀尾アナ ヨン様出演拒否,Sponichi Aneex,2004年11月11日
  9. ^ 「アナウンサーたちの70年」(NHK著)より。

外部リンク[編集]