松本和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつもと かずや
松本 和也
プロフィール
愛称 ロニー
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
生年月日 1967年4月15日(49歳)
最終学歴 京都大学経済学部卒業
勤務局 NHK放送文化研究所
職歴 奈良福井東京アナウンス室日本語センター出向→放送文化研究所
活動期間 1991年 - 2013年
出演番組・活動
過去 本文参照
備考
NHKを2016年6月に退職後は音声表現コンサルタント、ナレーターとして活動。

松本 和也(まつもと かずや、1967年4月15日 - )は、日本の音声表現コンサルタント、ナレーター実業家

兵庫県神戸市出身。マツモトメソッド代表取締役。青二プロダクション所属。

人物[編集]

灘高等学校を経て京都大学卒業後、1991年アナウンサーとしてNHKに入局[1]。入局後はバラエティ番組を中心に、体当たりの進行役として活動することも多かった。

1999年8月の東京転勤後はずっと東京に腰を落ち着けての仕事が多かったが、2010年度はほとんどの番組を降板し、『NHKのど自慢』の司会者として全国を旅する日々を送った。

ピタゴラスイッチ』の「アルゴリズムたいそう」で、「NHKのアナウンサーのみなさんといっしょ」の回には、出演NHKアナウンサーの4人のうちの1人となっている。

番組ゲストとして何度か対談したことのある忌野清志郎が亡くなった後、その葬儀式にあたる「青山ロックンロールショー」(2009年5月9日)で司会を務めた。

2011年3月の東北地方太平洋沖地震では、福島放送局に応援で派遣され、災害情報を中心にローカルニュースを担当した。

2011年7月8日、予定されていた新番組『セカイでニホンGO!』の会見を体調不良で取りやめ、翌9日に『のど自慢』の10日放送分についても前任者の徳田章が代打で出演することが明らかになり[2]、本番放送後の11日に体調回復が長引くことから上記2番組を降板することが発表になった[3]。なお、休養前の同年6月26日に収録した『のど自慢』(和歌山県田辺市)は2ヶ月後の8月21日に放送された。

2012年には『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』へ一時復帰したが、2013年7月時点でアナウンスルームから公式プロフィールが削除された。

NHK放送文化研究所に異動して専任研究員を務めた後[4]2016年6月、NHKを退職し2016年7月には音声表現コンサルタントとして『マツモトメソッド』という会社を設立し代表取締役を務めるとともに、コミュニケーション・コンサルティング事業を始める[5]。2016年9月20日、ナレーターとして青二プロダクションに所属[6][5]

アナウンサー[編集]

NHK時代[編集]

アナウンサーの山口勝と分担して担当した。
SAVE THE FUTURE(2008年・2009年・2010年)

出演インターネットラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「NHKアナウンサー一覧」『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日、25頁。ISBN 4-06-203232-5
  2. ^ NHKのど自慢松本アナ体調不良で代役 日刊スポーツ 2011年7月9日
  3. ^ NHK松本アナが番組降板 心身のバランス崩す サンケイスポーツ 2011年7月11日
  4. ^ テレビの未来 ~変容するメディア空間で何が求められるのか~ 2014年春の研究発表とシンポジウム『テレビとメディアの“現在値” ~伝えてきたもの、伝えていくもの~』(3月12日-C)NHK放送文化研究所参照
  5. ^ a b マツモトメソッド 自身の公式サイト
  6. ^ 男性タレント 青二プロダクション
  7. ^ 楠田祐の人事アウトサイド・イン”. ビズリーチ. 2016年10月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『アナウンサーたちの70年』 NHKアナウンサー史編集委員会、講談社、1992年12月21日ISBN 4-06-203232-5

外部リンク[編集]