師岡正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もろおか まさお
師岡 正雄
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
生年月日 (1960-02-15) 1960年2月15日(59歳)
血液型 A型
最終学歴 明治学院大学卒業
所属事務所 ボイスワークス
職歴 九州朝日放送
(1983年 - 1993年3月)
ニッポン放送
(1993年4月 - 2018年1月)
ジャンル スポーツ実況
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中ニッポン放送ショウアップナイター』など
出演経歴 #過去の出演番組を参照

師岡 正雄(もろおか まさお、1960年2月15日[1] - )は、 東京都出身のフリーアナウンサーで、元・九州朝日放送およびニッポン放送アナウンサー明治学院大学[1]で、血液型はA型。愛称は「モロさん」。

経歴・人物[編集]

1982年九州朝日放送へ入社[1]し、1983年にアナウンサーとしてデビュー。平日夜のワイド番組「PAO〜N ぼくらラジオ異星人」のパーソナリティなどを経て、福岡ダイエーホークスが誕生した1989年からプロ野球中継の実況担当になり、以後スポーツアナウンサーとして活動。

1993年、ニッポン放送に移籍[1]プロ野球に加えてこの年開幕したJリーグ中継の担当アナウンサーともなる[1]

1993年のサッカーワールドカップアメリカ大会予選を一次予選、最終予選のラジオ実況中継を主に担当。1993年10月28日の『ドーハの悲劇』と言われた日本イラク戦の実況を担当した[1]1997年には同フランス大会最終予選全試合の実況も担当、特に『ジョホールバルの歓喜』といわれる日本対イラン戦のラジオ中継を担当した[1]

また、1996年2003年には、メジャーリーグベースボール中継のためアメリカで長期取材したこともあった。2006年に開催された『ワールド・ベースボール・クラシック』の実況も担当(2月の練習試合や決勝戦を含む、ニッポン放送中継9試合のうち5試合を担当)[1]

2000年シドニーオリンピックの閉会式の実況を担当したが、「原住民のアボリジニの皆さんが、上半身丸裸で入場してきました」と言おうとして「下半身丸裸…」と言ってしまった失敗談がある[1]

2008年6月からメジャーパーソナリティとして、メジャーリーグ(主に松井秀喜)の取材のため渡米(前任は山内宏明)。しかし、師岡が現地入りする直前に松井は故障者リスト入りした。

スポーツ実況の他に榊原郁恵のおしゃべりパーク 歌うリクエストのアシスタントも担当していた。2007年までニッポン放送で野球解説を務めていた大久保博元は師岡を評して「モロさんは元『PAO〜N』の人」と、KBC勤務時代の話を引き合いに出すことがある[要出典]。またショウアップナイター関連のスポーツニュース番組で、九州朝日放送から電話で現地レポート受ける際に、たまに元KBCアナウンサーだったという話を振られることもある。

ニッポン放送では編成局スポーツ部アナウンス室の副部長も務めていたが、57歳だった2018年1月31日付で退職。ニッポン放送の早期退職優遇制度を活用したことによるもので、同日放送の『今夜もオトパラ』へ出演した際に、退職することを自ら公表した。退職を機にフリーアナウンサーへ転身したが、2017年3月に上記の制度で退職した松本秀夫と同様に、ニッポン放送との契約によって退職の翌日(2018年2月1日)以降も同局制作の番組へ出演している。また、『ニッポン放送ショウアップナイター』などのスポーツ中継でも、実況やリポーターを引き続き務める[2]。その一方で、2018年4月からは、『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)にも随時出演する[3]

きくざわかんくろう[編集]

きくざわかんくろうとは「師岡正雄のショウアップナイター編集部!」の番組内で師岡が演じていたキャラクター。同番組の最後に主に登場し、自称ラッパーである。詳細は当該番組の項を参照。

出演番組[編集]

現在[編集]

ニッポン放送のアナウンサー時代から出演[編集]

フリーアナウンサーへの転身後から出演[編集]

過去[編集]

ニッポン放送アナウンサー時代
九州朝日放送時代

など

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 松本秀夫『プロ野球 実況できなかったスゴイ話』ぜんにち出版、2009年、ISBN 978-4-86136-122-7 245-246ページ
  2. ^ ニッポン放送・師岡アナが退職を発表 今後も同局で活動予定(ニッポン放送ショウアップナイター公式サイト2018年1月31日付記事)
  3. ^ ニッポン放送名物アナ・師岡さん、早期退社で「プロ野球ニュース」テレビデビュー!(『スポーツ報知』2018年3月27日付記事)。ただし、最初に勤務した九州朝日放送はテレビ・ラジオ兼営局であるため、実際には在籍期間中に同局制作のテレビ番組(主にプロ野球中継)へ出演している。

外部リンク[編集]