清水久嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しみず ひさし
清水 久嗣
プロフィール
愛称 銀次
出身地 日本の旗 日本 千葉県市川市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-08-30) 1980年8月30日(39歳)
血液型 AB型
最終学歴 成蹊大学卒業
勤務局 ニッポン放送(契約)
部署 編成局スポーツ部
職歴 TOKYO FM(2005年4月 - 2007年3月)
ニッポン放送(2007年4月 - 現在)
活動期間 2007年 - 現在
ジャンル スポーツ実況
配偶者 有り
公式サイト 東京フィルム・メート 清水久嗣 PROFILE
出演番組・活動
出演中 ニッポン放送ショウアップナイター
日曜競馬ニッポン
出演経歴 #過去の出演番組を参照

清水 久嗣(しみず ひさし、1980年8月30日[1] - )は、日本フリーアナウンサー[2]

来歴[編集]

千葉県市川市出身。小学生時代から競馬に興味があり、友人達と競馬実況の真似事の遊びをする位で、放送研究会がある大学進学を目指し[3]成蹊大学進学[1]。 在学中、『ニッポン放送ショウアップナイター』の学生アルバイトとしてスコア付けを都合5年担当。また、アナウンススクールはラジオNIKKEIレースアナウンサー養成講座に通っていた[4]

就職活動では、スポーツアナウンサーを目指し活動しており、アルバイトをしていたニッポン放送の採用試験を受験しており、後述の2004年入社の飯田浩司との社長面接結果で不採用とされた[3]。1年間の就職留年を経て、2005年3月、同大卒業後の同年4月、TOKYO FMに一般職で入社。入社以後に、報道・情報センターの記者職として配属され、ストレートニュースや都庁国会担当記者やスポーツの現場を持ち回り担当[3]

しかし、スポーツ実況への思いを捨てがたくしていたが、当時:ニッポン放送に中途入社していた、現:フリーアナウンサーの石黒新平が一身上の都合で同社を退職した事で採用枠が空き、2007年3月31日付でTOKYO FMを退職。フリーアナウンサーへ転身し、2007年4月1日付でニッポン放送スポーツ部所属の契約アナウンサーとして採用された[1]

移籍以降、ショウアップナイターやNRN系列局のナイター中継でのベンチレポートやNRN系列局への裏送り中継、フレッシュオールスターゲームのベンチレポート、競馬中継などを担当。また、雨天予備カードの実況担当になることはあったもののいずれも放送されず、2007年9月12日の西武vsソフトバンクグッドウィルドームKBCホークスナイターへの裏送り)で正式に実況デビュー。

フリーアナウンサーであるため、ニッポン放送の公式サイトのアナウンサープロフィールに名前は載っていないが、2010年からはショウアップナイターの実況アナウンサーのページに紹介が載せられるようになった。

ショウアップナイターのレギュラー実況は少ないが、2008年2009年フレッシュオールスターゲームを実況。2012年4月6日RCCカープナイターへの裏送り中継において、広島前田健太投手のノーヒットノーラン達成のシーンを実況した。

また、フリーアナウンサーであるので、千葉ロッテマリーンズ主催試合のテレビ及びインターネット中継の実況及びリポーターも担当。

競馬実況では、2008年ジャパンカップダートで初めてG1レースを実況。その後、2009年桜花賞安田記念天皇賞(秋)などを担当し、同年4月5日放送分から『日曜競馬ニッポン』総合司会に抜擢された。

2014年ソチオリンピックでは現地リポーターを担当した。

プライベートでは、学生時代から都合10年以上交際していた個人事業主の彼女と両家の親から諭される様に、籍を入れ、結婚した[3]

人物[編集]

  • 市川市在住であったが、小学生時代から阪神タイガースのファンであった[5][3]
  • 小学生時代からのゲーマーで、コンシューマーハード物からゲームセンターにも入り浸る程である。「実況パワフルプロ野球シリーズ」もプレイをしているが、2018年版から実況担当音声として、名を連ねている
  • 現在の先輩である松本秀夫洗川雄司から、バイト時代の先輩に同じ清水姓が居たことで、せせこましい性格から描写して「銀次」と呼ばれている。なお、この「先輩の清水」とは現:テレビ朝日アナウンサーの清水俊輔である。
  • 前述の就職活動時にある、飯田とは学生時代から互いに面識があり[3]、ラジオNIKKEIの「レースアナウンサー養成講座」の先輩、後輩の間柄であった[注 1]。但し、飯田はニッポン放送に採用されたが、結果同局が放送している『日曜競馬ニッポン』に起用される事は無く、清水が起用された。此れに対し、後年に飯田は「「自分より断然上手い」と思ってこれには諦めがついた」と回想している[6]。しかし、清水も飯田のモノマネは学生時代から行っており、評価していた。クオリティについては、清水ミチコの番組を担当してから向上したと指摘してる

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

全てニッポン放送の番組

インターネット動画配信[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

他、番組内でのレポートなど

その他[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 清水(13期生)、飯田(14期生)

出典[編集]

  1. ^ a b c 松本秀夫『プロ野球 実況できなかったスゴイ話』ぜんにち出版、2009年、ISBN 978-4-86136-122-7 250-251ページ
  2. ^ 清水久嗣(しみずひさし) - 基本データ | Facebook
  3. ^ a b c d e f ゆるぱら ゲスト清水久嗣さん”. Extractor.live (2018年2月14日). 2018年10月1日閲覧。
  4. ^ レースアナウンサー養成講座~説明会・音声テストのご案内~ [レースアナウンサー養成講座]”. ラジオNIKKEI (2012年3月12日). 2018年4月1日閲覧。
  5. ^ ginji513のツイート(1022680914638168064)
  6. ^ ラジオライフ三才ブックス)2018年6月号 p.10 - 13「飯田浩司 DJ interview」より。
  7. ^ 「実況パワフルプロ野球2018」の発売日が4月26日に決定。実況音声は4人のアナウンサーが担当」」『4Gamer.net』、Aetas、2018年1月6日

外部リンク[編集]