飯田浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いいだ こうじ
飯田 浩司
プロフィール
愛称 お父さん[1]
永遠のアンダースロー[注 1][2]
フケちゃん[注 2][3]
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横須賀市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-12-05) 1981年12月5日(38歳)
血液型 O型
最終学歴 横浜国立大学経営学部卒業
勤務局 ニッポン放送
部署 CP局アナウンス室
活動期間 2004年 - 現在
ジャンル 報道番組
バラエティ番組
配偶者 あり
公式サイト ニッポン放送・アナウンサープロフィール
出演番組・活動
出演中飯田浩司のOK! Cozy up!
辛坊治郎ズーム そこまで言うか!
出演経歴ザ・ボイス そこまで言うか!
小倉智昭のラジオサーキット
清水ミチコのミッチャン・インポッシブル

飯田 浩司(いいだ こうじ、1981年12月5日 - )は、ニッポン放送CP局アナウンス室所属のアナウンサー

来歴[編集]

神奈川県横須賀市出身。 小学校6年時に放送委員会に所属し[4]、ちょうどその頃テレビの競馬中継を見ていたことで実況のカッコ良さを知ったことから、運動会でのアナウンスにて徒競走で競馬中継調で実況をしたところ、父兄らにウケるなど周りの評価を得た事で「喋りでこんなに盛り上がってもらえて面白い」と思ってアナウンサーになる事を目指す[4][注 3]神奈川県立追浜高等学校横浜国立大学経営学部国際経営学科に入学。学生時代はアナウンススクールとして、ラジオNIKKEIレースアナウンサー養成講座に通っていた[5]。大学3年の秋からアナウンサー専門職での就職活動を行っていたため、民放キー局から始まり、準キー局[6]、基幹局(北海道、福岡)、岡山の放送局を受験し、その中で内定を得たニッポン放送に卒業後の2004年4月に入社。同期社員は、編成局ディレクターの長濱純[7][8]。また、大学の先輩に2001年に入社した元同局、フジテレビアナウンサーで、現:フジテレビ報道局企画取材部総務省担当記者の冨田憲子、後輩で部下にも当たる2020年の新人アナウンサーである内田雄基が居る。

当時:有楽町の現本社が建て替えプロジェクト中で、港区台場FCGビルに入居していた事もあり、同年5月13日から6月18日迄FNS新人アナウンサー研修を受講していた。研修同期はフジテレビアナウンサーの倉田大誠、アナウンサー兼報道局社会部記者の斉藤舞子、現・フリーアナウンサー・タレントの高橋真麻で、チューター向坂樹興軽部真一笠井信輔であった。研修以後、同局開局記念日に初鳴きをさせる慣習に倣い、同年7月15日に放送された、『ニッポン放送開局記念日スペシャル 笑顔が一番!あなたと一緒に50年』の楽曲リクエスト受付センターリポーターとして初鳴きした[9]

制作部配属だったため、バラエティ番組の担当となり、主に番組アシスタントや街角中継リポーターを入社後から長く務めていた。しかし、後述の報道番組を担当する事で、業界内外含め、在外日本人を含めた全国リスナーの支持を得る事となった。

2011年6月14日、担当番組だった『小倉智昭のラジオサーキット』の中継コーナーにて知り合った2歳年上の一般人女性と交際を経て結婚 [10]。その後、2015年2月19日放送の『ザ・ボイス』の番組放送中、共演者である青山繁晴(当時:独立総合研究所社長)にバラされる形で、同年2月16日に男児を授かった事を番組内で報告した[11]

人物[編集]

  • アナウンサー専門職での就職活動時、スポーツ実況がやりたかったので選考の際に、動画共有サービスに投稿されていた、バックスクリーン3連発のラジオ実況中継(ABCラジオナイターの元朝日放送アナウンサーの武周雄)を覚え、披露し好評を得ていた事を吐露した[1]
  • 趣味は競馬。前述のように小学生の頃から競馬中継にハマっていたこともあり、中学生の頃にはオグリキャップの本で読書感想文を書き、佳作を受賞したことがあった[4]。その後も堺正幸らの競馬実況の真似を続けていたこともあった[注 4][4][12]。『ショウアップナイターバッテリー』では毎週金曜日に「燃えるG-1」として、週末に行われる競馬の重賞レースの予想コーナーを持っていたことがあり、このコーナーではスポーツアナではないが、コーナーの終盤に飯田による架空レース実況が行われていた。また、香港競馬レースの事を昔のブログで執筆しており、香港国際競走は毎年現地観戦しに行っている。そのため、この趣味をキッカケに後述のニュースの現場取材で2019年-2020年香港民主化デモに行くキッカケにもなった。しかし『日曜競馬ニッポン』に係わったことは無く、これに不満に思っていたこともあったが、同番組司会で、『飯田浩司の「声だしていこー。」』でも共演していた、スポーツ部契約アナウンサーである清水久嗣[注 5] の実況を聴いて「自分より断然上手い」と思ってこれには諦めがついたと回想している[4]
  • 小学生時に飯田の父の影響を受け鉄道ファンとなり、ザ・ボイスの番組内や自身のブログのエントリーにて鉄道についての考えの発信をしている。東日本大震災取材の際には、JR東日本気仙沼線大船渡線で使用されている「BRT(バス高速輸送システム)」について独自の視点を述べ[13]、その後、特別番組として『三陸鉄道全線復旧の舞台裏に隠された光と影~なぜ鉄道でなければならないのか?~』(2014年5月5日)ナレーターを担当した。なお、鉄道の他に旅客機好きで[4]、幼少期から飯田の親戚が大田区の複数地区に居住していたため、東京国際空港へ至近で良く航空機を見に連れて行って貰った影響である[14]。取材と称して各国際空港エアラインの取材を行っている[15]
  • 前述の現在の妻との出会いが、2008年4月『ラジオサーキット』の中継コーナーで婚活パーティ潜入リポートで、リポート翌日の放送分で現在の妻が番組出演し、パーソナリティの小倉智昭が飯田と交際意志の有無を生放送で問い質した経験もある。また、妻と交際時、出会いが番組の取材を通してだった為、周囲に交際していた事実を告げて居なかった。その後、仲睦まじい姿を会社が所在する有楽町駅周辺では、アナウンサールームの上司である増山さやかに、自宅の最寄り駅ではラジオリビングの社員に目撃され、番組内のトークネタにされている[16]
    その後、プロポーズについては、飯田が自分から切り出す事は無く、妻から現在居住している当時新築分譲マンションの物件探しを切り出され、結果的に逆プロポーズの形となった。2011年6月19日に都内教会で挙式、ホテルで披露宴を執り行った際、交際の経緯が番組絡みだったため、披露宴には『あなたとハッピー!』の共演者であった、榊原郁恵山内惠介が列席し、山内は更に余興で歌唱し、小倉がボランティアで披露宴の司会を行った[17]
  • 2020年3月時点で、翌月に新入社員として入社した飯田の部下で大学の後輩でもある内田が入社する迄、2004年の入社から物理的にニッポン放送のCP局アナウンス室所属最年少の男性アナウンサーであった[注 6]。また、年齢と比較し見てくれが、老け顔で薄毛キャラであるとイジリ続けられており[18]おり、飯田が担当して来た様々な番組でのツカミとして飯田の頭皮の話に向けられる[注 7]
    また、『ズーム!そこまで言うか』では、土曜時代に番組のネタ内で飯田の頭皮を使いイジリ倒し、それが好評で番組Webサイトのアクセス数が伸びたため、その画像を暫くの間を番組WebサイトのTop画像として公開していた[19]。また、平日夕方時代には飯田が番組放送前に朝の『OK! Cozy up!』に出演し、時間を開けて『ズーム!』に出演してるため、自身のヒゲの剃り跡が濃くなってる状態で番組に出演してる様を、辛坊から「大宮デン助みたい」と自身が劇場公開テレビ中継放送で視聴していた喜劇役者であった大宮敏光の様に似てると番組内で話題にしてイジリ出した結果、Googleの検索サジェスト機能で「大宮デン助」の次に来る検索ワード上位が飯田の名前になる迄となった[20]。『吉田尚記のブロードバンド!ニッポン』2005年3月16、23日放送分にて先輩である吉田尚記の代理を務めた際、メールアドレスのヘッダーを、fukegao(以下略)だった[注 8]。また、旧制作部(現:CP局アナウンス室)所属のアナウンサーの多くは、若年層向けの夜ワイド番組の担当を経験しているが、飯田の場合「見た目も喋りも老けている」ためか、1度もレギュラーで担当する事は無かった[4]。そのためか、同局で『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』を担当している、テレビ東京制作局CP制作チーム部主事(プロデューサー)である佐久間宣行は自身より6つ歳上だと思い込んで同局内でニアミスした際に敬語で話していたが、佐久間が制作してるバラエティ番組『ゴッドタン』の初代チーフADであった篠原裕明[注 9]と同い歳と聞いて愕然としたと懐柔している[21][22]
  • 『そこまで言うか!』シリーズのアンカーマンを担当する迄、入社以後から報道番組を担当した事が無かった[23]。しかし、元来読書家であり自身の番組に出演した識者に始まり、様々なジャンルの著者の著作や官公庁や政府機関の一次資料を元に知識を蓄え番組を進行して来た様を「週刊プレイボーイ」から取材を受けた際「ラジオの池上彰[24] と准えられた。結果、白紙の状態から番組に携わった事で独自のポジションが築けたと評している。また、アナウンサーであるが、現場取材に沢山赴いている。報道番組をやるに辺り、「主張」と「根拠」のギャップを埋めるため[25] であると説明し、特に令和元年房総半島台風(台風15号)ではニッポン放送のAM波送信所も所在する千葉県の房総半島地域の甚大な被害状況が首都圏に所在する放送局に勤めて居ながら、現場に入る迄正確な被害状況を知る事が出来なかったと懐柔しており、今後も現場に赴く事は続けるとしている[26][注 10]
    2016年参院選のニッポン放送の選挙特番時、前回の2013年参院選時の開票特番にて自由民主党総裁である安倍が各局個別インタビューで他局の対応に憤慨し、総裁の共同、個別インタビューに応じない意向と事前に記者クラブに告げていた事を聞き[27][28]、共同インタビューの仕切りがニッポン放送であったため、飯田が仲介として自民党サイドと交渉し、ラジオ各局の共同代表インタビューのみ実現させ、安倍総裁へのインタビューにこぎ着けた事がある[29]。そのプロセスを知らずに批判した同局の競合他局の番組に出演している編集者の荻上チキ、コラムニストの小田嶋隆から「安倍の提灯持ち」と揶揄された事がある。これに対して自著の中で、飯田は質問の切口が甘かった事に問題があれば批判は受け付けるが、「建前の反権力は不安定な物であり、特に印象論で政権を批判する事が反権力である思い込んでいると、本論そっちのけで批判内容がエスカレートすることに繋がり、事態を見誤ることになる」と批判している。
  • 『垣花正 あなたとハッピー!』の中継コーナー「それゆけハッピー 飯田コージの外はおまかせ!」では、上下オレンジの衣装に身を包み、ミカンは俺の色と自称しており[30]、場合によって衣装が後述する飯田が好きな球団と敵対する球団のグッツを身に纏っていた事もある。なお、この頃に中継の仕事を極めようとして、当時、このコーナーが終わったすぐ後からで同局の裏番組で放送している『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』(TBSラジオ)をこっそり聴いてその話術を勉強していたという[4]
  • 2015年入社のアナウンサーである、新行市佳の新人アナウンサー研修のチューター担当であり、主に取材研修を受け持っていた。また、新行の研修時、国際鉄道連合主催の「第9回 UIC世界高速鉄道会議」にて取材研修を行った際、新行が研修取材後、待ち合わせ場所にて落合う予定を自身は高速鉄道シミュレーターを楽しんで、新行を放置した経験がある[31]。その後、アナウンサールームでの席次が2018年3月末迄隣席、4月以降は向かい合わせであり[32]、結果としてその2人で『OK! Cozy up!』を受け持つこととなった[33]
  • 入社以来、制作部所属で報道とバラエティ番組を長年経験しており、番組の場を和ませるために共演者のモノマネを披露する事がある[34][注 11]。2016年2月時点では、共演者の辛坊治郎ならびにゲストで出演した安倍晋三内閣総理大臣を披露している[35]
    2016年2月20日、安倍と3度目の共演をした際[注 12]、本人の前でモノマネを披露し安倍本人から「公認」して貰った[35]。また、モノマネのクオリティの高さから安倍に同行した番記者からどちらが話をしているのか聞き取れず混乱したと非難を受けた。
  • 生まれつき運動が苦手で、自ら「体幹年齢50代」[30][36] と自称しており、中学2年時の体育の成績が5段階評価の「2」であったので、高校進学推薦試験の内申書に影響し、飯田が進学希望していた県立高校に進学出来なかったとしている[37]。だが、社命で番組企画として東京マラソン2011に出走する事となったが[38]、無事に完走した[39]
  • 阪神タイガースのファンであり、『ザ・ボイス』放送時には過去、月曜のコメンテーターであった勝谷誠彦と週末の結果等を振り返っていた。また、同様に読売ジャイアンツファンである、火曜のコメンテーターの宮崎哲弥、木曜隔週コメンテーターであった有本香セ・リーグペナントレースの話題のトークしていたが、『OK! Cozy up!』開始以後は同じタイガースファンである月曜コメンテーターの須田慎一郎[40] 火曜隔週に出演している有本とペナントレースの話題を展開している[41]

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

インターネット動画配信[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

コマーシャル[編集]

ほか多数。

ナレーション[編集]

CD[編集]

  • テツノポップ(塩塚博のアルバム、エアトレイン担当) - 2011年1月26日発売

DVD[編集]

動画[編集]

  • 国民の叔母・清水ミチコの「ババとロック」in 日本武道館※「いつでも安心 おまかせ ドッコイショッピング」 - 2013年12月30日

コラム[編集]

  • ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか(夕刊フジ) - 2019年6月4日 -

著作[編集]

  • 『「反権力」は正義ですか ―ラジオニュースの現場から―』新潮新書、2020年1月16日。ISBN 978-4-106108464

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 野球ピッチャー投法でアンダースローに変更する事がオーバースローサイドスローが適しておらず、最後を意味しており、編成局制作部の男性アナウンサーで2020年に内田雄基が入社するまで下の後輩が居なかったため。ニッポン放送の男性アナウンサー全体ではスポーツ部の小永井一歩が最年少である
  2. ^ 上柳昌彦と一緒に飲みに行ったキャバクラのホステスから名付けられた
  3. ^ ただ、この運動会のアナウンスについては後に先生からお叱りを受けたという
  4. ^ 堺とは後刻、飯田の別の趣味である鉄道催事の仕事で共演している
  5. ^ 清水とはレースアナウンサー養成講座の先輩後輩に当たる※清水(13期生)、飯田(14期生)
  6. ^ 但し、スポーツ部には2014年に古谷崇洋(入社年で退職し、年跨ぎで南海放送に移籍)、第二新卒で2017年6月に大泉健斗、2018年に小永井一歩が入社しているため、全体で見ればずっと最年少と言う訳では無い
  7. ^ 頭皮、頭髪ネタは清水ミチコが『ミッチャン・インポッシブル』や『ラジオビバリー昼ズ』の木曜代理パートナーで飯田が指名された際に散々ネタにしている。清水に「カッパ!」といわれて「カッパジャナイヨ!」と返すのは半ばお約束であった
  8. ^ 後に水曜レギュラーとなり、メールアドレスはiidakun(以下略)に変更された。
  9. ^ 同局報道局ニュースセンター政治部記者。飯田が永田町取材を通して知り合った同い年の業界人
  10. ^ 過去、赴いた現場は国会審議に於ける本会議委員会傍聴、広島土砂災害シンガポールで行われた2018年米朝首脳会談 etc
  11. ^
  12. ^ 過去、『ザ・ボイス』にて、2014年9月11日、2015年7月23日放送分で2度共演歴有
  13. ^ 土曜時代はニュースリーダーも担当
  14. ^ 『OK! Cozy up!』に平日帯で出演してるため、7月6日の帯再レギュラー以後は労務管理上木曜の1日のみ
  15. ^ 2018年3月31日放送分でも、電話出演を試みたが飯田が受電を取らなかったため実現せず※放送日は『ザ・ボイス』のイベント開催日
  16. ^ ラジオ・チャリティー・ミュージックソン内
  17. ^ 『CozyUp!』の番宣込みで『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』のディレクターであるくりと『あなたとハッピー!』の那須恵理子の3人で出演
  18. ^ 2012年4月以降、不定期で高田文夫休養期間中の木曜アシスタント代理
  19. ^ 増山さやかへ提供ナレーションが変更された

出典[編集]

  1. ^ a b katsuyamasahikoの投稿(882935251761269) - Facebook
  2. ^ #7球目【放送後記】”. 【里崎智也のスポーツ直球勝負!】2017年最後のプレイボール!!(ニッポン放送) (2017年12月11日). 2018年4月2日閲覧。
  3. ^ アナウンサー写真満載「アナウンサートークショー」 禁断の年齢トークあり?【ラジオパーク情報】”. ニッポン放送 (2018年4月29日). 2018年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h ラジオライフ三才ブックス)2018年6月号 p.10 - 13「飯田浩司 DJ interview」より。
  5. ^ レースアナウンサー養成講座~説明会・音声テストのご案内~ [レースアナウンサー養成講座]”. ラジオNIKKEI (2012年3月12日). 2018年4月1日閲覧。
  6. ^ 当時アナウンス職の選考があった、朝日放送讀賣テレビ放送を受験
  7. ^ nagahamajunのツイート(1306772467185147904)
  8. ^ nagahamajunのツイート(164186983416074240)
  9. ^ 「飯田浩司のOK!Cozy up!」7月15日(水) - YouTube
  10. ^ “ニッポン放送・飯田アナ、年上女性と結婚”. サンケイスポーツ. (2011年6月4日). オリジナルの2011年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110606145601/http://www.sanspo.com/geino/news/110604/gnb1106040503000-n1.htm 2018年6月1日閲覧。 
  11. ^ 2015/02/19 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説「オバマ大統領が『ISILはイスラム教をねじ曲げるテロリスト』と批判」「政府が自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法の原案を提示」など - YouTube
  12. ^ バタバタしています。 2014年1月14日”. 小笠原聖 ブログ (2014年1月14日). 2018年3月28日閲覧。
  13. ^ イイダコウジ そこまで言うか 被災地の鉄道復旧の現状 2013年3月11日
  14. ^ 2018年6月5日(火)コメンテーター長谷川幸洋 - YouTube
  15. ^ cozy1242のツイート(991833327291187200)
  16. ^ 飯田浩司 つくばエクスプレス開業当時の苦労を語る”. ニッポン放送 (2018年6月11日). 2018年8月14日閲覧。
  17. ^ “ニッポン放送・飯田アナ、デレデレ挙式”. サンケイスポーツ. (2011年6月20日). オリジナルの2011年6月23日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110623034903/http://www.sanspo.com/geino/news/110620/gnb1106200502000-n1.htm 2019年6月1日閲覧。 
  18. ^ 番組インフォメーション 2010年12月28日”. 『飯田浩司の声出していこー。』番組サイト(ニッポン放送) (2010年12月28日). 2015年7月27日閲覧。
  19. ^ 7月18日第155回放送終了 今週も「熱サマン」が登場!!! - ウェイバックマシン(2015年7月22日アーカイブ分)
  20. ^ zoom1242のツイート(1298882278236381188)
  21. ^ nobrockのツイート(1301244395816017920)
  22. ^ SakumaANN0のツイート(1302538607274516480)
  23. ^ 「反権力」は正義ですか ラジオニュースの現場から 203頁
  24. ^ 参院選特番で存在感! ニッポン放送・飯田アナは“ラジオの池上彰”か?”. 週プレNEWS. 週刊プレイボーイ (2013年7月31日). 2014年9月14日閲覧。
  25. ^ 「反権力」は正義ですか ラジオニュースの現場から 190、191頁
  26. ^ 「反権力」は正義ですか ラジオニュースの現場から 202頁
  27. ^ “Listening <参院選>ラジオ番組出演、首相が一時拒否 投開票日”. 毎日新聞. (2016年7月13日). https://mainichi.jp/articles/20160713/org/00m/010/002000c 2016年7月13日閲覧。 
  28. ^ “安倍総裁、ラジオ個別取材受けず 民放の参院選開票特番で”. 西日本新聞. (2016年7月12日). https://www.nishinippon.co.jp/item/o/258520/ 2016年7月13日閲覧。 
  29. ^ 「反権力」は正義ですか ラジオニュースの現場から 65頁
  30. ^ a b 番組インフォメーション 2011年2月2日”. ニッポン放送「飯田浩司の声出していこー。」番組サイト (2011年2月2日). 2015年7月27日閲覧。
  31. ^ 2018年7月5日(木)コメンテーター高橋和夫 - YouTube
  32. ^ cozy1242のツイート(1027714171897503744)
  33. ^ ラジオライフ三才ブックス)2018年8月号 196、197頁「ラジオステーション 注目の番組・話題 中継リポーターから朝ワイドのアシスタントへ 報道番組への抜擢はまさに運命的」
  34. ^ 高田文夫のラジオビバリー昼ズ (2015年6月29日). “テンション高かった番組スタッフ”. ニッポン放送. 2016年2月23日閲覧。
  35. ^ a b 2月20日第181回 放送終了 <スペシャルウィークのズーム> 『安倍晋三×辛坊治郎 そんなことまで聞くか!』 - ウェイバックマシン(2016年2月23日アーカイブ分)
  36. ^ 番組インフォメーション 2010年10月11日”. ニッポン放送「飯田浩司の声出していこー。」番組サイト (2010年10月11日). 2015年7月27日閲覧。
  37. ^ #17球目【放送後記】”. 里崎智也のスポーツ直球勝負! 番組ブログ (2018年3月19日). 2018年4月10日閲覧。
  38. ^ ジョギング・マラソン/東京マラソン徹底解説&レポート 東京マラソン翌日にハイレ選手と走れる企画が”. All About (2011年2月15日). 2018年4月10日閲覧。
  39. ^ 我が街☆こんな専門店情報 大募集~!!”. ニッポン放送「飯田浩司の声出していこー。」番組サイト (2011年3月1日). 2015年7月27日閲覧。
  40. ^ 2018年4月16日(月)コメンテーター須田慎一郎 - YouTube
  41. ^ 2018/4/03(火)飯田浩司のOK!Cozy up! コメンテーター:有本香 ニュース解説「 ◆63万人が入社式。財務省は22人入省 ◆安倍総理17日か訪米。トランプ氏と会談。など - YouTube
  42. ^ 鉄道ファン飯田アナの夢  『構内アナウンス』をJR東日本・両国駅で担当”. ニッポン放送 (2019年2月28日). 2019年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]