宮田統樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みやた のぶき
宮田 統樹
プロフィール
出身地 日本の旗東京府東京市渋谷区
生年月日 (1941-11-21) 1941年11月21日(81歳)
最終学歴 國學院大學卒業
職歴 ニッポン放送アナウンサー
活動期間 1964年 - 2001年(ニッポン放送)
2001年 - (フリー)
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
出演中 ニッポン放送ショウアップナイター

宮田 統樹(みやた のぶき、1941年11月21日[1][2] - )は、日本アナウンサー。現在の東京都出身[1][2]

人物・略歴[編集]

東京府東京市渋谷区の出身で、生家が明治神宮外苑に近かったことから、「外苑の樹々のように真っ直ぐに伸びよ」との願いを込めて「統樹」と名付けられた[3]太平洋戦争中に群馬県高崎市への疎開を経験。終戦後に東京都中野区へ転居した[3]

國學院高等学校の12期生[4]で、卒業後に國學院大學へ進学[1]。明治神宮外苑内の明治神宮野球場本拠地に使用していた国鉄スワローズ(現在の東京ヤクルトスワローズ)のファンで、NHKラジオ第1放送のプロ野球中継も熱心に聴いていたことから、ラジオ局の実況アナウンサーを志すようになったという[5]。実際には、國學院大學卒業[2]後の1964年に、アナウンサーとしてニッポン放送に入社[2]。同期入社の社員に、「カメ&アンコー」の愛称で知られた亀渕昭信(後の社長)や斉藤安弘がいる。

ニッポン放送入社2年目の1965年から、スポーツ(主にプロ野球競馬)中継の実況を主に担当[6]。その一方で、初期の『オールナイトニッポン』土曜日で、高崎一郎が降板した後のパーソナリティを1度だけ務めたことがある。

2001年にニッポン放送を退社した[7]ことを機に、フリーアナウンサーへ転身。転身の直後から2011年頃までは、オフィスカノンに所属していた[7][8]

フリーアナウンサーへ転身してからも、スポーツアナウンサーとしてニッポン放送と契約している[7]ほか、他局でもスポーツ実況を担当。70歳を超えた2011年頃からは「放送界の怪物」と呼ばれていて[9]、80代に入った2022年にも実況を続けている。日本国内でのプロ野球中継において、80歳を過ぎても実況を定期的に担当するアナウンサーは「(テレビ中継を含めても)宮田が初めて」とされている(詳細後述[5]

プロ野球中継では、1990年の日本シリーズ読売ジャイアンツ西武ライオンズが対戦)[7]1996年7月21日のオールスターゲーム第2戦[7][10]2009年9月4日の読売ジャイアンツ(巨人)対ヤクルト戦(いずれも東京ドーム[11]2021年5月28日の西武対阪神タイガース戦(メットライフドーム[12]などを実況。1985年10月16日のヤクルト対阪神戦(神宮球場)では、阪神が延長10回引き分けながら球団史上21年振りのセントラル・リーグ優勝を決めたことを受けて、試合後に阪神監督・吉田義男への代表インタビューを担当した。

また、実況を担当した試合には、日本のプロ野球史に残る記録が達成された試合も含まれている。ニッポン放送アナウンサー時代の1969年10月10日には、宿直勤務中に巨人対中日ドラゴンズ戦(後楽園球場)の報道素材向け実況を急遽任されたところ、「国鉄のエース時代にとりわけ応援していた」という金田正一(巨人の先発投手)が一軍公式戦通算400勝(現役最後の白星で2021年シーズン終了時点での日本プロ野球通算最多勝利記録)を達成した瞬間に遭遇[5][13]2022年8月2日のヤクルト対中日戦(神宮)中継(東海ラジオがニッポン放送からの裏送り方式で放送)では、村上宗隆(ヤクルト)が3回表の第2打席に(7月31日の対阪神戦第3打席から2試合を跨いでの)5打席連続本塁打(日本プロ野球公式戦新記録)を達成した瞬間を、80歳9ヶ月で実況している[6]

ニッポン放送への入社当初は巨人戦の中継を担当していたが、西武ライオンズが創設された1979年以降は、西武戦を含むパシフィック・リーグ(パ・リーグ)の公式戦を主に実況。西武の本拠地球場(2022年時点の名称はベルーナドーム)の近くに住んでいることから、西武戦の中継で実況することが多い。2009年7月2日の西武対千葉ロッテマリーンズ戦(当時の球場名は西武ドーム)では、試合の途中に実況を洗川雄司から急遽引き継ぐと、試合終了まで担当した。試合が長引くにつれて、西武ドームから遠く離れた地域に住んでいる洗川が、ドーム界隈を走る西武鉄道最終電車で帰宅できない恐れが生じたことによる。現に、試合時間は5時間42分で、当時のパ・リーグ公式戦における試合時間の最長記録であった。その一方で、ニッポン放送アナウンサー時代の1983年に公開された『プロ野球を10倍楽しく見る方法』(アニメーション映画)では、珍プレー好プレーなどのシーンで実況に声を当てている。

本人が80歳を過ぎた2022年に語ったところによれば、「本番(プロ野球中継での実況)が終わった後には、本番前より体重が1 - 2kg減っている」とのことで、「毎日の発声練習」と「週3回ペースの水泳やトレーニングジムでのウォーキング」を通じてコンディションの維持に努めているという。また、「実況は(自分にとって)健康の源(のようなもの)で、実況を続けることによって気持ちが前向きでいられる」「ニッポン放送のおかげで良い人生を送らせてもらっているので、(本社のある)有楽町に足を向けて寝られない(ほど感謝している)」と述べる一方で、80歳を「(スポーツアナウンサー生活の)区切り」と考えていることを明かしている[5]

活動リスト[編集]

出演番組[編集]

出演映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『プロ野球12球団全選手百科名鑑』『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ各年版に掲載された、ニッポン放送プロ野球担当アナ名簿を参照(2009年版以降は、生年月日は明記せず)。
  2. ^ a b c d 松本秀夫『プロ野球 実況できなかったスゴイ話』ぜんにち出版、2009年、ISBN 978-4-86136-122-7 240-242ページ
  3. ^ a b ニッポン放送・宮田統樹75歳「名アナウンス」の源”. 東京スポーツ (2017年4月22日). 2017年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月23日閲覧。
  4. ^ 第4回同窓会大会の報告 - 國學院高等学校同窓会ウェブサイトより、平成16年(2004年)9月23日開催の同会告知記事。
  5. ^ a b c d 日本初〝80歳実況アナ〟誕生! ニッポン放送・宮田統樹アナウンサー カネやん4000勝達成時も担当 「こういう年までやらせてもらえるのは恵まれている」(2ページ)”. ZAKZAK (2022年4月12日). 2022年8月9日閲覧。
  6. ^ a b 金田、村上の大記録伝えた80歳のプロ野球実況アナ ニッポン放送・宮田統樹さん”. 産経新聞 (2022年8月9日). 2022年8月9日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 外部リンク(オフィスカノンウェブサイト内で配信されていたプロフィール)を参照。
  8. ^ 2011年頃には、すでに離れていた(参考リンク:当時のオフィスカノンウェブサイト内所属タレント一覧…インターネットアーカイブ2011年11月26日付保存キャッシュ)が、2013年当時も宮田のプロフィールページは残存していた(#外部リンク参照)。
  9. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』P282
  10. ^ パ・リーグ選抜チームの「1番・右翼手」としてスタメンに起用されていたイチロー(当時はオリックスブルーウェーブの外野手で愛工大名電高校時代までは投手)が、仰木彬監督の計らいによって、9回表にプロ入り後初めて投手として登板。
  11. ^ 延長11回裏までにベンチ入りの捕手を使い切った巨人が、捕手経験のある木村拓也二塁手を、一軍の公式戦としては10年振りに12回表から捕手に急遽起用。
  12. ^ 阪神の「6番・右翼手」としてスタメンに起用された佐藤輝明が、セントラル・リーグの新人選手としては1958年長嶋茂雄(巨人)以来63年振りに一軍の公式戦で1試合3本塁打を記録した試合で、ニッポン放送が朝日放送ラジオへの裏送り向けに中継を制作(解説:前田幸長、ベンチリポート:洗川)。担当時点の年齢は79歳で、佐藤が9回表の第5打席で3本目の本塁打をリード・ギャレットから放った直後には、3本目の本塁打に佐藤の名前(輝明=テルアキ)を重ねる格好で「テル!テル!テル!」と絶叫した。
  13. ^ 「複雑怪奇」ラジオのプロ野球中継に潜入 委託か局間かNRNか”. 日刊スポーツ (2021年6月16日). 2021年6月16日閲覧。
  14. ^ TBSラジオの野球中継全国配信業務からの撤退と制作業務の縮小(横浜DeNAベイスターズ主催試合のみJRN系列局向けに裏送り)により、HBCラジオCBCラジオRKBラジオ向けの土曜・日曜の埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ主催試合の制作をニッポン放送が受託している(平日は文化放送が担当)。
  15. ^ 参考リンク:『YOKOHAMAベイスターズナイター』公式サイト内放送予定表(インターネットアーカイブの保存キャッシュより)
  16. ^ 『プロ野球を10倍楽しく見る方法』エンドロールより参照。

参考資料[編集]

  • 『プロ野球12球団全選手百科名鑑』『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ各年版
    • 12球団全選手カラー百科名鑑2013(『廣済堂ベストムック』219号。2013年2月25日発売・発行、廣済堂出版)ISBN 9784331802212
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]