福澤浩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくざわ ひろゆき
福澤 浩行
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長野県松本市
生年月日 (1954-12-06) 1954年12月6日(63歳)
最終学歴 中央大学経済学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 長崎福岡→東京アナウンス室→大阪京都名古屋→東京アナウンス室→情報ネットワーク出向→福岡→東京アナウンス室→福岡→東京アナウンス室
活動期間 1977年
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

福澤 浩行(ふくざわ ひろゆき、1954年12月6日 -)はNHKエグゼクティブアナウンサー

人物[編集]

長野県松本市出身。長野県松本深志高等学校中央大学経済学部卒業後、1977年入局。

スポーツ実況は主に野球が主体であり、数多くの重要な試合を担当している。競馬中継(レース及びパドック)担当としても知られ、藤井康生とともに数多くのGIレースを実況。特に第118回天皇賞(秋開催)[1]第50回有馬記念が有名である。[2]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オフサイドトラップが8歳でG1制覇した一方、断然の1番人気だったサイレンススズカが骨折で予後不良の大アクシデントに見舞われた。
  2. ^ ディープインパクトハーツクライに競り負け、日本のレースで唯一ディープが敗れたレース。
  3. ^ 当時はまだTBS独占となる前であった。
  4. ^ 大会は静岡県袋井市にある小笠山総合運動公園で行われラジオ第2の通常放送終了後、1:00〜2:46に録音中継で放送された。

外部リンク[編集]