清水大輔 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しみず だいすけ
清水 大輔
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都小金井市
生年月日 (1963-02-08) 1963年2月8日(59歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部
勤務局 TBSテレビ
部署 総合編成本部 アナウンスセンター
→総務局 総務部 兼 人事労政局[1]
職歴 札幌テレビ放送(STV)アナウンサー(1985年4月〜1993年9月)→東京放送(1993年10月 - 2009年3月。企業グループ再編に伴いTBSへ転籍、アナウンスセンター 担当部長→総務部長 兼 人事労政局[1]
活動期間 1985年 - 2022年
出演番組・活動
出演経歴ドライビングパートナー・STVホットライン
スーパーサッカー』など
その他 ゲームソフト『実況Jリーグパーフェクトストライカー』(1996年、コナミ)で実況として声の出演。

清水 大輔(しみず だいすけ、1963年2月8日[2][3] - )は、TBSの社員、元エグゼクティブアナウンサー[1]

来歴・人物[編集]

東京都生まれ[3](同小金井市出身[2])。父は中央大学法学部長を務めていた清水睦[4]

私立桐朋高等学校[2]早稲田大学政治経済学部[2]を経て、1985年札幌テレビ放送(STV)へ入社[3](同期に森中慎也山上淳子高野美佐、後にアナウンス部長も務めた菅原浩昭)。ニュースからバラエティまで様々なジャンルの番組を担当[5]ラジオ番組[注釈 1]ドライビングパートナー・STVホットライン』ではサテライトスタジオ担当パーソナリティとして、ゲスト出演していたススキノのバーのママ相手に下ネタを炸裂させるなどしていた。

1993年10月、当時の東京放送に中途採用として入社[6][7]・移籍[8]2004年10月には社内再編により他のアナウンサーとともにTBSテレビへの出向社員となり[9]2009年4月持株会社化[10]に伴い、正式にTBSテレビの社員となる。

TBS移籍以降は主にスポーツ中継の実況を担当(担当競技は、野球[6][2]サッカー[6][2]陸上競技[2]スピードスケート[6][2]競輪[2]バレーボール[2]バスケットボール[2]など[2])。当初はテレビのサッカー中継を主に担当していたが[3]、のちにラジオのプロ野球中継を主に担当している[3]

サッカーでは、2002年FIFAワールドカップのテレビ中継、2006年2010年に同民放ラジオ代表実況を担当。

2013年9月26日プロ野球(NPB)・東北楽天ゴールデンイーグルスパシフィック・リーグ初優勝決定試合となった、西武対楽天戦(西武ドーム)のラジオ中継で実況を担当した[11][12]

なおTBS移籍後は札幌テレビ放送時代のライバル局である北海道放送(HBC)のラジオ中継のうち、TBS制作分の裏送り中継に出演することがある[注釈 2]

2022年6月、総務局兼人事労政局へ異動することになった[1]

過去の担当番組[編集]

札幌テレビ放送時代[編集]

ラジオ

テレビ

TBS時代[編集]

ラジオ

テレビ

その他
  • TBS Voice(アナウンス スクール)校長

声の出演[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 札幌テレビ放送は、当時ラジオテレビ兼営局だった。
  2. ^ 2018年からはセ・パ交流戦の横浜DeNAベイスターズ主催試合に限られている(同年からTBSラジオが野球中継の全国配信から撤退した関係上、埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ主催分はニッポン放送および文化放送が、読売ジャイアンツ主催分デーゲーム及び平日はRFラジオ日本が、土・日曜ナイターはニッポン放送が系列の枠を超えて担当しているため)

出典[編集]

  1. ^ a b c d TBS清水大輔アナ、人事異動でラジオ番組卒業「朝寝坊でスタジオに来られなかった」思い出語る - 芸能 : 日刊スポーツ(2022年6月24日閲覧)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 外部リンク(TBSホームページ内プロフィール)を参照。
  3. ^ a b c d e 『ラジオコンフォート』P113に掲載された、清水のプロフィールを参照。
  4. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2007』(『ホームラン』2007年3月号増刊。日本スポーツ出版社発行)P241
  5. ^ 『ラジオコンフォート』P112の記述およびP113の清水のプロフィールを参照。
  6. ^ a b c d e f g 『TBS50年史』資料編P240より、清水の情報を参照。
  7. ^ a b c d 『TBSアナウンサーの動き』P32より、清水の情報を参照。入社前、札幌テレビ放送に在籍していた旨も明記。
  8. ^ 『ラジオコンフォート』P113に掲載のプロフィールより、1993年に移籍した旨を記述。
  9. ^ 参考:TBS社員7割子会社出向…安住、小倉アナも - 『ZAKZAK』2005年1月21日付
  10. ^ 2001年9月まではラジオテレビ兼営局だったが、その後ラジオ・テレビともに子会社として分社化された(ラジオは2001年10月に「TBSラジオ&コミュニケーションズ」へ、テレビは2009年4月に「TBSテレビ」へそれぞれ移行)。東京放送はテレビの分社とともに持株会社・「東京放送ホールディングス」となり、「TBS」の呼称もTBSテレビの略称として継承された。
  11. ^ 『エキサイトベースボール』公式サイト内中継スケジュール表 - オリジナル 2013年10月10日(日本時間)閲覧のアーカイブ(『Archive.is』2013年10月11日2時46分付けキャッシュ)
  12. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2014』P280より、楽天のリーグ初優勝を実況したことが明記(媒体については明記せず)。
  13. ^ 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』のテレビ番組データベースより、「出演者別リスト」→「し」→「清水大輔」の節を参照。

参考資料[編集]

  • 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館サーチの書誌情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめたPDF文書)
  • ラジオコンフォート(2009年、楽工社編・発行)ISBN 4903063356
    • P112-114に、清水への取材記事が掲載(取材・文:薬師神亮)。
  • 外部リンク

外部リンク[編集]

過去にTBSホームページ内で掲載されたプロフィールページのインターネットアーカイブ内保存キャッシュ。