平川健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひらかわ けんたろう
平川 健太郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県八千代市
生年月日 (1969-12-21) 1969年12月21日(47歳)
血液型 O型
最終学歴 上智大学文学部英文学
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー
活動期間 1992年 -
ジャンル 報道・情報・スポーツ
配偶者 あり
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 プロレスリング・ノア中継』など
過去 NNNニュースプラス1』(スポーツ)
NNNニュースダッシュ』(木・金)
など

平川 健太郎(ひらかわ けんたろう、1969年12月21日 - )は、日本テレビ編成局アナウンスセンターアナウンス部専門副部長兼チーフアナウンサー。

略歴[編集]

現在の担当番組[編集]

ほかスポーツ中継(箱根駅伝ゴルフなど)を担当。

過去の担当番組[編集]

エピソード[編集]

平川とプロレス[編集]

上記の通り、大変なプロレスファンで、プロレスの実況をやりたいがために日テレに入社している。学生時代にレスリングを経験しているが、それもプロレス熱が高じてのことで、同僚にジャーマン・スープレックスを仕掛けたりしていた。その経験もあって、レスリング実況においても、日本テレビでは平川が主力となっている。

入社後は希望通りにプロレス班に配属され、全日本プロレス中継では先輩の金子茂、同期の野口敦史らが異動となってからメインアナウンサーとなり、金子の異動後にチーフに就任した。

プロレスリング・ノア中継開始後も引き続きチーフとなり、後輩アナウンサーで、絶叫を売り物にしていた矢島学[10]とは正反対の、堅実で落ち着いた実況を売り物としている。また、非常に間をとった絶妙な実況は視聴者の受けもよく、解説者である百田光雄高山善廣の話も生きている。

名言も多く、特に2005年7月18日に行われた、ノア東京ドーム大会・三沢光晴vs川田利明の「最終決戦」の中で発した下記参照の一節は、ファンの心に残っている。また、終盤のエルボー乱打の際には一切言葉を発さず、一区切りした瞬間に口を開くという緩急も見せつけた。

もちろん厚いマットを敷いた上での話だが、三沢のエメラルド・フロウジョンを受けたことがある。

名言[編集]

  • タッグパートナーのデストロイヤーが今、馬場とガッチリと握手を交わしました。(1999年5月2日、東京ドーム大会・ジャイアント馬場引退記念・追悼試合。テンカウントが終わり、リング上に置かれた馬場のリングシューズにデストロイヤーが手をかけた瞬間)
  • 存在そのものがプロレス、闘いそのものが王道でした。プロ野球・巨人軍のエースを夢見たかつての少年が、レスラーとして選んだ最後のリングは東京ドームでした。(同上)
  • 雨の東京北の丸、日本武道館は涙に濡れました。武道館が泣いている!395日ぶり、小橋建太が帰ってきました!!(2002年2月17日、日本武道館大会・小橋建太復帰戦入場シーン)
  • 職業欄に「プロレスラー」と書きたいから、高山は今日このリング、そして小橋建太を選びました!!(2004年4月25日、日本武道館大会・小橋建太vs高山善廣。高山がPRIDEのオファーを蹴ってまでノアを選んだことに触れて)
  • やめろ、やめろー!(2004年7月10日、東京ドーム大会・小橋建太vs秋山準。秋山がコーナーポスト上の小橋に対しエクスプロイダーの体勢に入った瞬間)
  • 見ているのが辛い。ここまでやらなくてはならないのか。ここまでしなければ、小橋と秋山は語れないのか!(同上)
  • 意識があればそれは奇跡的なことです。そして、このまま試合が続けられれば、それは人類として考えられないことです!!(同上)
  • 巨人戦でも、ここまで東京ドームは揺れません!!(同上)
  • 馬場さんのプロレスを守るためにノアを立ち上げた三沢、そして馬場さんの築いた城を守るために全日本に残った川田。どちらが偉いとか、尊いとか、かっこいいとか、そんなことは問題ではありません。これは、二人の男の生き様です!(2005年7月18日、東京ドーム大会・三沢vs川田)
  • 吉田沙保里の顔になっています。大丈夫です!(2008年8月16日北京オリンピック女子レスリングフリースタイル55kg級決勝)
  • 負ける怖さを知った上での、世界の頂点です!(同上)
  • 三沢光晴はプロレスの宝、そして俺たちの誇りです!(2009年6月22日、後楽園ホール大会終了時)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 坂本勇人のシリーズ初本塁打などで巨人が2-0とリードするも、先発・内海哲也をリリーフした越智大祐が西武打線につかまり2-3の逆転負けで日本一を逃す。
  2. ^ 1-2と巨人がリードされて迎えた9回裏に日本ハムの守護神、武田久から亀井義行阿部慎之助の本塁打で逆転サヨナラ勝ち。この勝利で巨人が日本一に王手をかけた。
  3. ^ 巨人先発の内海が7回2安打無失点の好投と、打線もジョン・ボウカーのシリーズ初本塁打などで8-1で勝利した。
  4. ^ 巨人・杉内俊哉、楽天・美馬学の先発で始まった試合は3回表に楽天が藤田一也銀次の連続タイムリー二塁打で4点を先制。美馬は巨人を6回途中まで阿部慎之助の内野安打1本で無失点に抑える好投を見せ、チームも7回の矢野謙次のソロ本塁打(矢野自身はシリーズ初本塁打)のみに抑え、5-1で快勝し、対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。
  5. ^ 日テレG+およびBS日テレでの前半部分の実況は河村亮が担当(14:00-14:53(日テレG+は13:30-))。
  6. ^ 地方開催であるが、巨人の主管試合。
  7. ^ 中継の解説は江川卓中畑清。また、中継のイメージ・キャラクターでもある亀梨和也がゲスト出演。試合は開幕投手東野峻が6回までノーヒット(最終的には7回途中4安打2失点で降板)の好投、打線も坂本の2本のタイムリー長野久義のシーズン初本塁打で9-2と快勝した。
  8. ^ 試合は開幕投手の内海がヤクルト打線に打ち込まれ6回3失点で降板。打線もヤクルトの開幕投手、石川雅規に9回1死までノーヒットに抑えられたが、坂本とボウカーの連続ヒットで阻止したものの、0-4で敗戦した。このときの解説は山本浩二吉村禎章
  9. ^ 試合は開幕投手のマイルズ・マイコラスが7回2失点の好投、打線も阿部と坂本の本塁打などで6-2で勝利した。解説は江川卓と原辰徳
  10. ^ 2013年8月をもって、プロレス班を卒業した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]