宇部市野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恩田運動公園野球場
〈宇部市野球場〉
(ユーピーアールスタジアム)
Ube Municipal Baseball Stadium
(upr Stadium)
Ube Municipal Baseball Stadium.jpg
施設データ
所在地 山口県宇部市恩田町四丁目1番4号(恩田運動公園内)
開場 1941年1998年改築)
所有者 宇部市
管理・運用者 宇部市体育協会(指定管理者
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
(照度4段階可変)
収容能力
13,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,430m2
両翼:100 m
中堅:122 m

宇部市野球場(うべし やきゅうじょう)は、山口県宇部市恩田運動公園内にある野球場。宇部市の条例上の施設名称は恩田運動公園野球場(おんだうんどうこうえん やきゅうじょう)で、宇部市野球場は通称名として使用されている。

施設は宇部市が所有し、宇部市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。

施設命名権(ネーミングライツ)により、2011年4月1日から愛称をユーピーアールスタジアムとしている。

概要[編集]

1941年昭和16年)に宇部市営恩田野球場(うべしえい おんだやきゅうじょう)として開場。1998年平成10年)2月5日に改築工事が完成し、同時に条例上の施設名称を恩田運動公園野球場に改称。併せて宇部市野球場という通称名が付与された。

高校野球の他、不定期に読売ジャイアンツ広島東洋カーププロ野球オープン戦横浜DeNAベイスターズイースタン・リーグ公式戦、福岡ソフトバンクホークス広島ウエスタン・リーグ公式戦などが開催されている。公式戦誘致のための資金収入を得るため、場内フェンスに広告を掲示している。

2011年(平成23年)に開催されるおいでませ!山口国体高校野球(硬式)の会場となっている。

施設命名権[編集]

宇部市は新たな財源確保と、スポーツの振興や市民サービスの向上と地域経済の活性化を目的に、2011年開催の「おいでませ!山口国体」で競技会場となる当球場と中央公園テニスコートの2施設に施設命名権(ネーミングライツ)を導入する方針を明らかにし、2010年12月1日から2011年1月31日までの間、両施設について年額200万円以上を条件に売却先の募集を実施した。

その結果、当球場の命名権には宇部市に本社機能の一部を置きパレットなど物流機器のレンタルを主な業務とするユーピーアール1社のみが契約期間3年、年額300万円(総額900万円、消費税等込)の条件で応募した。2月9日に開かれた選定委員会における審査を経て売却先に内定し、2月28日付で売却が正式決定。愛称を「ユーピーアールスタジアム」とすることが決まった[1][2][3]。契約期間は2011年4月1日から2014年3月31日までの3年間で、3月4日に契約調印式が執り行われ、ユーピーアールの酒田義矢社長は野球場の命名権取得に関し「国民的スポーツで広告効果が大きい。(宇部市の)市制90年のお役に立てばと思い応募した」と説明した。その後、球場のメインスタンド正面やスコアボード、バックネットの下など場内の5か所に愛称のロゴを配した看板が、ユーピーアールの諸費用負担によって設置された。命名権導入後も、宇部市の条例上の施設名称「恩田運動公園野球場」は変更せず、通称名「宇部市野球場」も継続して使用している。

なおユーピーアール側は命名権取得の経緯について「我が社の取引先はメーカー、運送会社、宅配会社などに限定されており、ネーミングライツも一般消費者向けの広告効果を狙ったわけではない」としている[4]

施設概要[編集]

  • 利用時間 - 8時から21時
  • 休館日 - 年末年始(12月29日 - 1月3日)
  • 駐車場 - 410台
  • 階数 - 地上3階
  • 延床面積 - 10,587.94m2
  • 建築面積 - 4,940.12m2
  • グラウンド面積 - 13,430m2
  • 内野 - 混合土 外野 - 天然芝
  • 収容人数 - 13,000人(内野座席8,300人、内野立ち見2,200人、外野2,500人)
    2011年4月現在の公式サイト内の資料による。球場パンフレットでは芝生席である外野の収容人数を9,500人とし、総収容人数を20,000人としていた。ただし実態としては元々上記の人数であり、2011年の巨人対ヤクルト戦もチケットは完売し満員となったが、入場者数は11,561人だった[5]
  • 照明 - 6基 (4段切替)
  • スコアボード - 磁気反転式

歴史[編集]

プロ野球開催実績[編集]

公式戦[編集]

オープン戦[編集]

ファーム公式戦[編集]

  • 1999年7月11日 - 広島東洋カープ対ダイエーホークス
  • 2000年6月3日 - 広島東洋カープ対中日ドラゴンズ
  • 2002年8月24日 - 湘南シーレックス対読売ジャイアンツ
  • 2004年8月22日 - 湘南シーレックス対読売ジャイアンツ
  • 2009年4月19日 - 広島東洋カープ対中日ドラゴンズ
  • 2009年8月15日 - 福岡ソフトバンクホークス11-2阪神タイガース 観衆: 2,500人
  • 2010年8月15日 - 広島東洋カープ8-2福岡ソフトバンクホークス 観衆:1,544人
  • 2011年8月7日 - 福岡ソフトバンクホークス8-0オリックスバファローズ 観衆:1,581人
  • 2012年7月29日 - 福岡ソフトバンクホークス2-5中日ドラゴンズ 観衆:2,300人
  • 2015年8月9日 - 福岡ソフトバンクホークス4-1中日ドラゴンズ 観衆:2,038人

アクセス[編集]

  • JR宇部線 宇部新川駅から宇部市交通局バス「東部市内循環線めぐりーな」で「恩田運動公園」下車。
    • 上記便は少ないため、1番乗り場のバス乗車で、「恩田」下車が便利。徒歩5分ほど。
  • JR宇部線 東新川駅または草江駅下車、徒歩18分

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]