村上里和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
むらかみ さとわ
村上 里和
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 静岡県生まれ、
北海道札幌市育ち[1]
生年月日 (1966-01-14) 1966年1月14日(53歳)
最終学歴 津田塾大学学芸学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 ラジオセンター
職歴 函館札幌東京アナウンス室→札幌→旭川→ラジオセンター
活動期間 1989年
配偶者 あり
家族 夫と1男1女
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

村上 里和(むらかみ さとわ、旧姓:竹内、1966年1月14日 - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

北海道札幌南高等学校を経て津田塾大学国際関係学科卒業後、1989年入局。同期には同じ津田塾大学出身の草野満代元アナがいた。

1992年札幌局に異動。その後、幼い子供がいる状況の中、女性でありながら東京への単身赴任を経験、全国放送で活躍したが、2000年4月にふるさと北海道へUターン。以後は地域密着の姿勢を貫き、母親としての視点を番組作りにも活かしてきた。2014年6月の定期異動で北海道を離れ、約14年ぶりにラジオセンターで東京勤務を再開した。

長男出産後10年以上経って40歳を過ぎてから妊娠し、2009年初め頃に長女を出産したことでも知られる[2]

現在の担当番組[編集]

レギュラー担当前に札幌・旭川発深夜便のアンカーも担当したことがある。
アンカーとしては毎月第2・4火曜日レギュラー担当。コーナーアシスタントとして毎月第3日曜0時台の「五木寛之の聴き語り・昭和の名曲」がある。

過去の担当番組[編集]

※このほか厳密には番組ではないものの旭川局のラジオ第1放送FM放送コールサインアナウンスも担当[3]

脚注[編集]

  1. ^ 旭川局のプロフィールにて公表。
  2. ^ 同様に旭川転勤後に公表したことではあるが、実際には札幌局勤務(契約職)の経験があるフリーアナウンサーの長岐こずえが、たまたま出産直後の村上と面会する機会があったらしく、自身のブログ(現在は閉鎖)にそのことをうかがわせる投稿をしていた。
  3. ^ 総合テレビは2007年10月の地上デジタル放送開始当初から使用している赤松俊理アナによるアナウンスを継続使用。

外部リンク[編集]