三宅民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやけ たみお
三宅 民夫
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 (1952-07-13) 1952年7月13日(65歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 盛岡京都→東京アナウンス室
活動期間 1975年
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

三宅 民夫(みやけ たみお)は、NHKの元エグゼクティブアナウンサー(理事待遇)。現在は嘱託職として番組にも出演している。

人物[編集]

私立東海高等学校を経て早稲田大学政治経済学部卒業後、1975年入局。盛岡での新人時代にアメリカボストンに語学留学した経験を持つ。京都放送局を経て、1985年東京アナウンス室に異動。東京に移ってからは報道からバラエティまで多彩なジャンルの番組を担当している。

実父は名古屋大学名誉教授で労働法学者の三宅正男。「民夫」という名前は民法から採られた。

先輩である鈴木健二のことを尊敬しており、アナウンサーを目指したきっかけも鈴木の存在が大きいと語っている[1]

学生時代、TBSも受験したが、落選したことを明かしている[2]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

※『探検ロマン世界遺産』は一時降板したが、こちらは原則録音だったため休まなかった。解説役として自ら出演した回もあった。
※過去の体調不良などを考慮し、式典のみを担当した。パートナーは青山祐子アナと谷村新司

関連書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『言葉のチカラ』、36頁。
  2. ^ 『言葉のチカラ』、45頁。
  3. ^ 「危機的な場面で、たった一言の声かけが命を救う。/素晴らしきもの、それは言葉の力ーーです」「言葉は人類最上の発明品、他人への最高の贈り物」など。

外部リンク[編集]