山沖之彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山沖 之彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県幡多郡大方町(現:黒潮町
生年月日 (1959-07-26) 1959年7月26日(58歳)
身長
体重
191 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1982年4月4日
最終出場 1994年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山沖 之彦(やまおき ゆきひこ、1959年7月26日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手投手)・野球指導者、野球解説者

経歴[編集]

中学校ではバスケットボール部に所属。すぐにレギュラーとなったが「練習がきつくて」2年生時に野球部に移るも、活躍はできなかった。野球を続ける気はなかったが、進学先の中村高校で熱心に勧誘され、入部するとたちまち頭角を現す。1977年春の選抜にエースとして出場(チームメンバー12名で「二十四の瞳」と称された)、決勝まで勝ち進むが上川誠二のいた箕島に0-3で敗れ、準優勝にとどまった。

卒業後は専修大学に進学。東都大学リーグでは、中尾孝義とバッテリーを組み1978年春季リーグに優勝するが、翌年には二部降格。同期の見形仁一投手との二本柱で、低迷するチームを立て直し、1980年春季リーグ二部優勝。入れ替え戦で国士舘大を降し、一部に復帰する。一部でも1981年秋季リーグに優勝、7勝3敗の好成績で、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインに選ばれた。同年の明治神宮野球大会でも準優勝。一部リーグ通算53試合登板、22勝22敗、防御率2.29、232奪三振。

1981年阪急ブレーブスへドラフト1位で入団した。

入団初年度の1982年の開幕戦[1]、7-6での8回1アウト一・二塁の場面で初登板、1点リードを守りきり、セーブを記録[2]。5月以降は先発投手の一角として定着、防御率3点台で規定投球回を達成するも7勝15敗と大きく負け越したが、山田久志今井雄太郎らの後継となる若手の主力投手を欲していた上田利治監督は辛抱強く山沖を起用し続けた。山沖は「新人がそれだけ勝てなくて使ってもらえるなんて珍しい」と語っている[3]。2年目には勝敗がほぼ逆転し15勝8敗を記録、14勝の山田を上回り「阪急のエースはヤマはヤマでも山田でなく山沖」とまでいわれるほどになり[4]、防御率も3点台前半と向上した。

1984年には抑えの切り札としてリーグ優勝に貢献した。もともと阪急の抑えは故障から復帰した佐藤義則が務めていたが、その佐藤が一時期調子を落としたときに上田監督に「ヨシ(佐藤)の調子が戻るまで抑えをやってくれんか」と頼まれリリーフに回ったが、調子を戻した佐藤はそのまま先発ローテーションに定着してしまい、結局山沖が最後までリリーフエースを務めることとなった。もともと山沖は先発完投にこだわりを持っており、山沖だけでなく山田、今井、佐藤らも同様のこだわりを持っていたため抑えはあまり目立つ立場ではなく、「あまりいい思い出はない」「抑えだし、つまんなかった(笑)」と心情を吐露している[3]

その後先発やリリーフなど起用法が安定せずに成績を残せずにいたが、山田が衰えを見せた1987年は先発の中心として活躍、リーグ最多勝を挙げた。特にシーズン終盤は中2日、中3日、中4日で登板しいずれも完投するなど驚異的な活躍を見せたが、西武ライオンズとの最後の首位攻防戦で東尾修との対戦に0-2で敗れ山沖もチームも力尽きた。翌1988年はその反動で7勝12敗と成績が伸びなかった。山沖は「1年頑張ると1回休憩が入る投手だったから、上田監督も物足りなかっただろう」と苦笑している[3]

球団が阪急からオリックスに代わった1989年からは2年連続で2桁勝利。右のエースとして左のエース星野伸之と並んで活躍した。ストレートは最速で145km/h前後、平均球速は130km/h台中盤と決して速くはなかったものの、190cmを超える長身から投げおろす角度のある球にはスピードガンに表れない威力があった。加えてフォークボールにも落差があり、これらを武器に打たせて取るスタイルであった。しかし1990年の上田利治が監督を退任後は、後任の土井正三との確執が伝えられるなど、あまり活躍の場に恵まれなかった。

仰木彬が監督に就任した1994年オフに活躍の場を求め、FA権を行使して阪神タイガースへ移籍したが、故障の影響で一軍登板はなく[5]、その年のオフに自由契約となりそのまま現役を引退した。日本プロ野球で国内FA移籍した選手の中で、一軍出場のないまま退団したのは山沖のみである。

1996年からサンテレビラジオ関西野球解説者として活動し、現在はJ SPORTSで野球解説を続けている。

また、その傍ら2003年から、NTT西日本硬式野球部の臨時投手コーチも務めている[6]

私生活では1984年に元宝塚歌劇団月組男役の白川亜樹と結婚。白川との間には息子1人(一般人)と、娘で現宝塚歌劇団花組男役の芹香斗亜がいる。

エピソード[編集]

  • 1981年のドラフトでは阪急は、阪急電鉄[7]沿線に住んでいた金村義明を1位指名したが、近鉄バファローズとの抽選に敗れ、チームの戦力状況に合わせて「外れ1位」を即戦力投手に切り替え、山沖が指名された。
  • 1982年8月12日の近鉄戦で、山沖は偵察要員として「5番・指名打者」にスタメンで入っていた。ところが、この年から「先発の指名打者は相手チームの先発投手が降板した場合を除き、最低でも1打席を完了しなければならない」というルールが設けられたことを上田監督が忘れており、結局山沖は打席に立つ羽目になった(結果は三振)。「結局三振だったけど、1球振ってみたらファウル。併殺にならなくてほっとした」と本人は語っている[8]。なお指名打者制の導入後、パシフィック・リーグ主催の公式戦で投手が投手以外のポジションでスタメン出場し、実際に打席に立ったのはこの山沖のケースが最初である。
  • 現夫人の白川とは、白川の友人でプロ野球ファンのタカラジェンヌを通し知り合い、グループ交際を経て結婚。
山沖・白川の交際・結婚はその後イチロー(チームの後輩)・一路真輝(宝塚時代白川と寮で同室だった)との姉弟のような交流や[9]小川博文(チームの後輩)・朝霧舞(一路の雪組時代の後輩)の交際・結婚へつながったことが知られる[10]
  • その巨体と風貌から、アンドレとあだ名された時期もあった。
  • 1994年オフにFA宣言を行使するが、これは山沖曰く、オリックス側から行使を勧められたものであり、実質的な戦力外であった。FA宣言した際、ヤクルトスワローズ野村克也 監督から熱心に誘われ、一時はヤクルト入団が確実視されたが、金銭面の条件が上回っていた阪神に入団した。
  • 母校の中村高校は、第89回選抜高校野球大会において山沖の時から40年ぶりにして2度目の出場を果たし、山沖も「決まってほっとしたけれども、ほんとかな、という気持ち[11]」と母校の出場を喜び、「うれしいじゃなくて『おめでとう』だね。これまで40年前が最初で最後だったが、ようやく彼らにバトンタッチできた」「自分たちは夏に来られなかった。自分たちのできなかったことをやってほしい」と後輩を励ました[12]。3月20日に行われた1回戦(前橋育英戦)には当時の監督の市川幸輝のほか、山沖ら選手10人が集合、中村高校は1-5で前橋育英に惜しくも負けたが「甲子園で中村を応援できると思わなかった。甲子園に帰らせてもらって感謝している[13]」「結果は残念だったが、40年前の仲間たちと再会できて幸せな一日だった。甲子園で『同窓会』を開かせてくれた後輩たちに感謝。次は自分たちにできなかった夏の甲子園出場を目指して[14]」とエールを送った。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1982 阪急
オリックス
30 21 7 0 4 7 15 1 -- .318 694 163.2 149 14 63 8 6 106 1 1 76 70 3.84 1.30
1983 34 30 16 1 3 15 8 2 -- .652 980 233.0 217 23 79 3 8 143 1 1 98 90 3.48 1.27
1984 48 4 1 0 0 11 8 15 -- .579 561 131.2 119 18 50 1 5 121 6 0 68 60 4.10 1.28
1985 38 17 5 0 0 7 14 6 -- .333 612 139.2 143 27 57 5 1 61 3 0 95 75 4.83 1.43
1986 14 12 0 0 0 1 5 0 -- .167 241 52.0 65 7 28 1 1 42 0 0 37 34 5.88 1.79
1987 32 31 15 3 4 19 10 0 -- .655 981 245.1 230 22 38 2 3 155 7 1 78 75 2.75 1.09
1988 25 25 6 3 0 7 12 0 -- .368 622 142.2 166 26 47 0 0 73 6 0 86 79 4.98 1.49
1989 23 22 4 0 0 11 6 0 -- .647 543 124.1 137 17 40 1 1 70 6 0 81 73 5.28 1.42
1990 25 24 9 3 1 13 8 0 -- .619 751 182.2 167 20 48 1 2 123 4 0 83 76 3.74 1.18
1991 24 24 6 1 1 9 7 0 -- .563 654 155.2 170 13 40 1 1 77 3 0 58 57 3.30 1.35
1992 8 8 3 0 1 4 3 0 -- .571 232 56.2 58 5 9 0 1 25 2 0 23 23 3.65 1.18
1993 5 5 0 0 0 1 1 0 -- .500 114 28.2 23 1 8 0 0 14 0 1 7 6 1.88 1.08
1994 21 21 0 0 0 7 4 0 -- .636 454 108.0 107 16 39 0 2 41 2 0 53 51 4.25 1.35
通算:13年 327 244 72 11 14 112 101 24 -- .526 7439 1764.0 1751 209 546 23 31 1051 41 4 843 769 3.92 1.30
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 12 (1982年 - 1994年)
  • 43 (1995年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 4月3日が雨天中止のため、4月4日。
  2. ^ “山沖いきなりセーブ 1点差守り切る”. 朝日新聞朝刊(大阪本社14版): p. 18. (1982年4月5日) 
  3. ^ a b c 「[対談] 最後の左右エース 山沖之彦×星野伸之」『阪急ブレーブス 黄金の歴史 よみがえる勇者の記憶』 構成:井口英規、ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK 750 スポーツシリーズ No.621〉、2011年5月7日、80-83頁。ISBN 978-4-583-61775-6
  4. ^ 別冊ホームラン 1984年度プロ野球選手名鑑
  5. ^ 同時期に起きた阪神・淡路大震災の影響で調整がうまくいかなかったとも本人が語っていた。
  6. ^ asahi_comさわやか旋風【4】-マイタウン高知 2008年5月24日掲載
  7. ^ 当時の阪急の親会社である鉄道会社法人としては、現在の阪急阪神ホールディングス
  8. ^ 山沖氏が始球式 思い出は上田監督のDH偵察ミス スポニチ 2012年5月27日
  9. ^ イチロー・一路共に名古屋市出身(中日ドラゴンズのお膝元)。
  10. ^ 朝霧は宝塚退団後の1998年に小川と結婚。
  11. ^ 元阪急山沖氏「ほんとかな」母校中村21世紀枠喜ぶ
  12. ^ 中村、40年ぶりの甲子園 「二十四の瞳」も声援/センバツ
  13. ^ 中村OB元阪急山沖さん「甲子園で応援できるとは」
  14. ^ 中村OB「幸せな一日」、40年ぶり選抜

関連項目[編集]

外部リンク[編集]