中邨雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかむら ゆうじ
中邨 雄二
プロフィール
愛称 なかとん・雄ちゃん
出身地 日本の旗 滋賀県甲賀郡土山町(現:甲賀市
生年月日 (1961-08-12) 1961年8月12日(56歳)
最終学歴 龍谷大学文学部哲学科
勤務局 朝日放送テレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1985年 -
ジャンル スポーツ中継
公式サイト 中邨雄二のプロフィールホームページ
出演番組・活動
現在サクサク土曜日 中邨雄二です
プロ野球中継(阪神戦)・高校野球中継・ゴルフ中継
おはようコールABC』  
過去ダンディ・エクスプレス
大平シロー、中邨雄二の笑たま』 

中邨 雄二(なかむら ゆうじ、1961年8月12日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABC)ゼネラルアナウンサー。愛称は「なかとん」「雄ちゃん」「雄二さん」。

来歴・人物[編集]

滋賀県甲賀郡土山町大野(現在の甲賀市)出身、毎日放送のスポーツアナウンサー・森本栄浩とは同郷・同年齢で、少年時代から面識がある。

滋賀県立石山高等学校龍谷大学文学部哲学科卒業。1985年に朝日放送へ入社。同期入社のアナウンサーには、現在も同僚である伊藤史隆と、2016年10月に異動となった岡元昇がいる。自称・花形満似の個性的なヘアスタイル[2]が特徴で、少年時代からの阪神タイガース(阪神)の熱烈なファンであることを公言している。ちなみに、愛称の一つである「なかとん」は、入社当時同局に在籍していたスポーツアナウンサーの先輩・中村哲夫(なかむら てつお)と区別するために付けられた。

朝日放送への入社直後から、阪神戦を中心としたプロ野球高校野球ゴルフABCチャンピオンシップゴルフトーナメント)など、数々のスポーツ実況中継を担当。2000年シドニー五輪では、在京キー局以外の放送局に在籍するアナウンサーからただ1人、ジャパンコンソーシアムの実況メンバーに加わっていた[3]

ABCラジオのプロ野球中継では、2005年9月29日の『ABCフレッシュアップベースボール』において、阪神のセントラル・リーグ優勝決定の瞬間を実況。かつては、阪神のリーグ開幕戦中継でも実況を担当した。

全国高等学校野球選手権大会では、2003年から全国大会の組み合わせ抽選会の司会を担当。また、高校野球DVD&VHSとして発売している「第85回記念大会記念企画 夏の甲子園・不滅の名勝負 1915~2002」では、(1)・(4)・(7)・(10)の合計4巻のナレーションを務めている。

スポーツ中継以外には、過去にABCテレビで、冠番組の『評判!なかむら屋』などを担当。2010年頃からは、スポーツアナウンサーのデスク業務を兼ねていた関係で、以前よりもスポーツ実況の担当日数を減らしていた。その一方で、『おはようパーソナリティ道上洋三です』『ようこそ!伊藤史隆です』『桑原征平粋も甘いも』など、ABCラジオの生ワイド番組でパーソナリティ代理を務める機会が増えている。

2012年1月からは、スポーツアナウンサーとして活動するかたわら、ABCラジオの冠番組『サクサク土曜日 中邨雄二です』にも出演。『大平シロー、中邨雄二の笑たま』の放送終了(2007年3月)以来4年9ヶ月振りに、土曜日午前中の生ワイド番組でメインパーソナリティを務めている。また、アナウンスセンターの管理職として、アナウンサーの勤務管理などに携わる。

2013年4月から半年間は、バラエティ番組では初めて、『知ってるor知ったか?クイズ!バレベルの塔』(ABCテレビ)のナレーターを担当。解答者の芸能人が5問あるうちのどこかで間違えた際に、大御所を相手にしても厳しい罵声[4]を浴びせる役割を担っていた。

プライベートでは、学生時代から日本史アニメ漫画への造詣が深い。『サクサク土曜日』では、感銘を受けたアニメの名シーンを声だけで完全に再現したり、ゴジラの泣き声を真似たりすることがある[5]。また、前述のヘアスタイルについては、自身が出演しない番組でも中邨を知る出演者がたびたび言及。『サクサク土曜日』では自身のヘアスタイルをあしらったイラストを題字に組み込んでいる。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

以前はANN系列全国ネットの阪神×巨人戦や、高校野球決勝戦の実況を担当。1996年全国高等学校野球選手権大会決勝戦・松山商熊本工では、テレビ中継の実況担当として、「奇跡のバックホーム」を伝えた。
阪神戦については、管理職への昇進などを機に、関西ローカルの中継を中心に担当。2015年からは、同期の伊藤と交互に、聴覚障害者向け解説放送副音声で年に数回実施)の実況も担当している。
  • ゴルフ中継
現在はスカイAスカイA ゴルフシリーズ」での実況が中心。以前はABCテレビ制作・ANN系列全国ネットのABCチャンピオンシップ中継のメイン実況なども務めた。
Jリーグ黎明期は地上波テレビのほか、ラジオ中継(現在休止中)の実況をしたことがあった。2010年開幕戦(3月6日)の名古屋グランパスエイト戦でスカパー用ながら久しぶりにサッカー中継に出演した。ただ、2012年以降は小縣裕介高野純一が原則として担当している(両名のスケジュールがつかない場合はフリーアナウンサーを起用している)。
スポーツアナウンサーとしての活動と並行しながら、同期入社の伊藤(水曜日担当)と共にコメンテーターへ起用。

ラジオ[編集]

阪神戦を中心に担当。週末を跨ぐ阪神戦がビジターゲームの場合(阪神と同じ関西圏を本拠とするオリックスとの交流戦を除く)には、『サクサク土曜日』との兼ね合いで中継に帯同できないため、オリックスのホームゲーム(阪神戦の予備カード、もしくは系列局向けの裏送り)に廻ることが多くなっている[6]
『サクサク土曜日』の後枠番組に当たることや、自身が現役のスポーツアナウンサーであることから、「どちそそ・冬/夏の陣」(「ABCラジオ やったるDAYS → スペシャルウィーク」期間中に事前収録で実施される桑原征平桂吉弥の対決企画)で、2015年12月から年に1回のペースで実況と結果発表のアナウンスを担当。

以前の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

スポーツ関連のニュース・企画を放送する第1部(18時台)に不定期で出演[11]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ ABCアナウンサーページ アナアナ「中邨 雄二 2013.2/7(木)楽しんでくれたかな?」
  3. ^ 2000年9月24日当日の各紙テレビ欄より
  4. ^ 「お前は○○だ!」「ただの○○だ!」「お前に賢者を名乗る資格はない!」○○の中身は「知ったか」「釣り好きおじさん」「ニセザイル」など
  5. ^ サクサク土曜日 中邨雄二です『番組のサクサクウラ話 2015年6月13日』など
  6. ^ オリックス戦の裏送りでは対広島東洋カープ戦の中国放送(RCC)向けを担当する機会が多い。
  7. ^ 『桑原征平粋も甘いも』2017年8月3日放送分エンディングにて、永田が6日放送の日曜スペシャル『モトグラ同窓会〜鈴鹿8耐40周年記念SP 大人のサーキット遊び〜』(同番組には永田、2代目アシスタントの加瀬征弘らが出演)を告知した際に発言。
  8. ^ 前夜(2016年5月17日)には、スポーツアナウンサーとして、阪神対中日ドラゴンズ戦(阪神甲子園球場)のABC・CBCラジオ向け中継で実況。当日は、朝日放送でテレビ・ラジオとも同カードを中継した関係で、当番組の本番を終えた後に同球場で横山雄哉石崎剛へのヒーローインタビューを担当した。
  9. ^ サクサク土曜日 中邨雄二です『番組のサクサクウラ話 2016年5月18日「代打中邨雄二出陣」』小川恵理子オフィシャルブログ『ニャンファイブと私と。』2016年5月20日更新分「粋甘直前2週分。なんと!あの桑原征平さんが・・・!! 」
  10. ^ 続けて「裸の」に相当する投稿を小川恵理子、「大将」に相当する投稿を桑原が読み上げ、出来上がったフレーズの面白さを競うというもの。
  11. ^ 翌年度のナイターオフ番組『伊藤史隆のラジオノオト』は担当しなかった。
  12. ^ 翌日からの広島東洋カープ対阪神3連戦(マツダスタジアム)で関西ローカル向けラジオ中継のベンチリポーターを担当することや、パーソナリティの道盛浩奈良市出身の中国放送アナウンサー)がスポーツアナウンサー時代から中邨と親交があることを背景に、スタジオへのゲスト出演が実現(参考)。『サクサク土曜日』でも、同局から提供された放送済み音源のダイジェストを、2017年8月5日放送分の「雄ちゃんのおしゃべり宝箱」で関西ローカル向けに流した。逆に、道盛も2015年3月に、同番組へゲストとして出演したことがある。