林家染二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林家 染二(はやしや そめじ)は、上方落語名跡。当代は3代目。


3代目 林家はやしや 染二そめじ
本名 吉田よしだ 忠史ただし
生年月日 (1961-09-17) 1961年9月17日(60歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市東住吉区(現・平野区
師匠 4代目林家染丸
名跡 1. 林家染吉(1984年 - 1997年)
2. 3代目林家染二(1997年 - )
出囃子 藤娘
活動期間 1984年 -
活動内容 上方落語
所属 SOMEJI
公式サイト 林家染二 オフィシャル・ホームページ
受賞歴
1991年 上岡演劇祭(上岡龍太郎主宰)「源吉と玉三郎」主演 敢闘賞

1993年 NHK新人演芸大賞 優秀賞
1996年 大阪文化祭賞 奨励賞
1998年 第53回文化庁芸術祭演芸部門 優秀賞
1999年 龍谷奨励賞(龍谷大学校友会)
2004年 第33回上方お笑い大賞 最優秀技能賞(金賞)
2004年 第59回文化庁芸術祭演芸部門 優秀賞
2005年 大阪文化祭賞
2008年 第2回天満天神繁昌亭大賞大賞
2020年 第75回文化庁芸術祭大衆芸能部門 大賞

備考
上方落語協会会員

3代目林家 染二(はやしや そめじ、1961年9月17日 - )は、上方落語落語家。本名は吉田 忠史(よしだ ただし)。大阪府大阪市東住吉区(現:平野区)出身。所属事務所は当初吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していたが2011年に独立、現在は個人事務所(株式会社SOMEJI)に所属している。

経歴[編集]

大阪府立東住吉高等学校を経て、龍谷大学法学部卒業。

公益社団法人上方落語協会会員

1984年9月、2代目林家染二(後の4代目林家染丸)に入門、染吉を名乗る。1997年10月、3代目林家染二を襲名。出囃子は『藤娘』。

滑稽噺・音曲噺・芝居噺・人情噺と芸域が広い。特に人情噺では、人の心の温もりを丁寧に描き高い評価を得ている。また女性を演じる艶にファンが多い。歌舞伎好きで、「三代目市川猿之助歌舞伎ワークショップ」に参加し、道頓堀中座での発表会で仁木弾正を演じて猿之助賞を受賞している。

2012年に落語家で初めて京都大学にゲスト講師として招かれ、宇宙総合学(全学部1・2回生対象)で年に一度登壇している。

2013年、大阪電気通信大学客員教授に招聘された(任期1年)。

長女は医師。長男は俳優吉田知生(東京演劇道場・ビーコンラボ所属)。

フリーアナウンサー(元関西テレビ)の山本浩之朝日放送テレビゼネラルアナウンサーの中邨雄二は大学の同級生。

受賞歴[編集]

出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 令和2年度(第75回)文化庁芸術祭賞受賞一覧(参加公演) (PDF)”. 文化庁 (2020年12月25日). 2020年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]