大阪府立東住吉高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大阪府立東住吉高等学校
Osaka Prefectural Higashi Sumiyoshi High School.jpg
大阪府立東住吉高等学校(2007年8月撮影)
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
設立年月日 1955年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科・芸能文化科
学期 2学期制
高校コード 27161G
所在地 547-0033
大阪市平野区平野西二丁目3番77号

北緯34度37分04.0秒 東経135度32分27.4秒 / 北緯34.617778度 東経135.540944度 / 34.617778; 135.540944座標: 北緯34度37分04.0秒 東経135度32分27.4秒 / 北緯34.617778度 東経135.540944度 / 34.617778; 135.540944
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立東住吉高等学校(おおさかふりつ ひがしすみよし こうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural HigashiSumiyoshi High School)は、大阪市平野区にある公立高等学校。愛称は「ヒガスミ」。

概要[編集]

全日制普通科高等学校として1955年に開校した[1]。1993年には芸能文化科が併設され、普通科との2学科体制となっている。

芸能文化科では、関西を中心とした日本の芸能について歴史や理論・実践などを深く学ぶことを目的としており、歌舞伎文楽落語箏曲放送演劇・舞台技術・芸能史など、芸能に関する各分野の専門科目が開講されている。また、歌舞伎役者や落語家、放送・演劇の技術スタッフなど、芸能の第一線で活躍する人たちが、特別非常勤講師として専門科目の授業を担当することもある。日本の高等学校全体をみても同種の学科は珍しいことから、芸能文化科に関しては、大阪府外からの受験・入学も可能となっている。一方で芸能文化科は、タレント等芸能関係者の養成を目的としているわけではない。

2020年4月より共生推進教室の設置校[2]となり、大阪府立なにわ高等支援学校との連携のもとで、知的障害を持つ生徒を受け入れている。矯正推進教室の生徒の学籍は大阪府立なにわ高等支援学校となるが、週4回東住吉高等学校に通学し、同校の生徒とともに授業などを受ける。

沿革[編集]

1955年に全日制普通科高校として開校した[1]。創立当初は大阪市立摂陽中学校の仮校舎で授業をおこない、1年後の1956年に現在地(当時は東住吉区中野町)に校舎が完成した[1]

1993年には、日本の高等学校で初となる芸能文化科が設置された。

年表[編集]

出身者[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 『半世紀の歩み 創立50周年記念誌』大阪府立東住吉高等学校、2004年。 
  2. ^ 共生推進教室”. 大阪府立なにわ高等支援学校. 2022年7月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]