鈴木元 (立命館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木元(すずき はじめ、1944年8月8日- )は、日本のジャーナリスト、元学校法人立命館職員。

経歴[編集]

大阪府立東住吉高等学校を卒業後、立命館大学一部経済学部に入学する。大学卒業後は日本共産党京都府委員会の専従職員を経て、52歳で学校法人立命館に転職し総長理事長室室長に就任する(2009年3月末まで)。その他に大阪初芝学園副理事長等と経て2010年3月末で立命館を定年退職する[1]。その後はかもがわ出版取締役上海同済大学アジア太平洋研究センター顧問教授、国際環境整備協会理事長、日本モンゴル政治経済懇話会理事等を務めている。

著書[編集]

  • 『実践中年からの山とスキーかもがわ出版 1992
  • 『自然に抱かれて ある夫婦のアウトドア・ライフ』文理閣 1994
  • 『瞬時 ヘルペス脳炎に倒れた妻よ』かもがわ出版 1999
  • 『あるベトナム・中国訪問記』文理閣 2002
  • 『突然の事 妻の介護の日々の中で』ウインかもがわ 2002
  • 『国際協力の時代 大学は何ができるか』文理閣 2004
  • 『妻の介護と仕事』ウインかもがわ 2006
  • 京都市の同和行政批判』部落問題研究所 2007
  • 『覚悟』ウインかもがわ 2008
  • 『大学の国際協力』文理閣 2008
  • 『激変』ウインかもがわ 2010
  • 『ゆかりの地を訪ねて 私家本』清風堂書店出版部 2010
  • 『立命館の再生を願って』 風濤社、2012年ISBN 978-4892193521
  • 『続・立命館の再生を願って』 風濤社、2014年ISBN 978-4892193811
  • 『もう一つの大学紛争』 かもがわ出版、2016年ISBN 978-4780308518

共編著[編集]

  • 『像とともに未来を守れ 天皇・立命館・学生運動』編著 かもがわ出版 1988
  • 『ベスト・ハイク 京滋の山』綱本逸雄共編 かもがわ出版 1990 かもがわ選書
  • 『芦生の森から 関西の秘境』芦生の自然を守り生かす会編 かもがわ出版 1994 鈴木編 2004
  • 『京都山歩き一周トレール 東山・北山・西山ガイドブック』編 かもがわ出版 1997
  • 『新編ベスト・ハイク 京滋の山』編 かもがわ出版 2004

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]