中村裕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 裕司(なかむら ゆうじ、1982年1月19日[1][2] - )は、ホッカイドウ競馬の元騎手[2]。血液型はO型[1]

来歴[編集]

北海道[1]沙流郡門別町(現日高町)出身[2]地方競馬教養センター第69期長期騎手課程修了[1]、北川數男厩舎所属[1][2]

デビューは1999年4月13日[2]、地元の門別競馬場[3]エンジェルパスに騎乗して7着、4月29日[2]に門別競馬場でのレースでシンカイトに騎乗して初勝利を挙げた。2005年5月5日には地方競馬通算100勝を達成した[4]

2007年12月17日付で騎手を引退した[2][3]。肩の故障が理由であるという[2][3]。最終成績は地方競馬通算2676戦173勝、中央競馬38戦0勝であった[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「新人ジョッキープロフィール」『ハロン』、地方競馬全国協会、1999年4月、 54頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 北海道の中村裕司騎手が引退” (日本語). netkeiba.com (2007年12月18日). 2012年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c 小枝佳代 (2007年12月19日). “頑張れディラクエ!” (日本語). 地方競馬日替わりライターブログ. 楽天競馬. 2012年5月29日閲覧。
  4. ^ トピックス「中村裕司騎手100勝達成」” (日本語). 北海道軽種馬振興公社 (2005年5月6日). 2012年5月29日閲覧。

関連項目[編集]